無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

松井珠理奈さん その6

大体予想が付いたから聞かないで寝ちゃったんだけど。

AKB48のANN 2015.10.21 松井珠理奈から重大発表SP!

珠理奈 ほんとうに、もう色々考えて。ま、多分一年前くらいから秋元先生に相談してたんですけど。うーん。私はやっぱりSKEがすごく大好きで。今本当にかわいい後輩もたくさん入ってきて。ちゃんと自分の背中を見せたいというか見てほしいなっていう思いがあって。で、最近玲奈ちゃんも卒業して。そういうのもあって、ちょっと一つ決心しました。私はSKEとAKBを兼任させていただいてたんですけども。ふふふん。SKEの専任。SKE一本で行くことを決めました。
秋元 という発表でした。
横山 なるほど。

秋元 これはあの、ま、かなりいろんなね悩んだ挙句。ま、確かにほら。両方やってることも、あの、いいことだと思うし。ええ、でも。ま、珠理奈がとにかくその。今、SKEをもっと、え、まとめて。後輩も、もういっぱいいるし。それを、ね、一生懸命やりたいということなので。ま、ね、両方やるのも、あのー、いいことだとは思うんだけども。一本に絞って。えー、SKE48の松井珠理奈になるということだから。だから、今日ね。横山に、ま、横山が今日ちょっと普段着で来ましたけども。
横山 いやいやいや。言ってくれたらスーツみたいの着ましたよ、全然。はい。
秋元 横山ね、やっぱり次期総監督にも。ま、その聞いていただこうということで、横山由依がね。どうかね? あの、SKE専任。ま、AKBのね兼任であれば、ま、その。もちろんAKBの公演とかも、ま、戦力になるんだけども。珠理奈がね、そういう風に判断したんであれば。どうですか、ジキソーとしては?
横山 そうですね。でも、多分。ま、一年前から悩まれてたっておっしゃってたように、多分すごいね。私もね、NMB48と兼任してたことがあるので、その兼任の大変さとか。ま、スケジュール的にも厳しいことがあったりとか。そういうことももちろん分かってるし。で、その中でAKBでもSKEでもこうメインに立ってやってるから大変なんやろうな、とはやっぱもちろんこっちも思ってたので。うーん。でも、そうですね。なんかこの。グループを離れるわけでは別に全然ないし。だから、何だろう? ちょっとAKBの活動では、そのコンサートとかもね。AKB単独やと出なくなるってことですよね?
珠理奈 そうですね。
横山 だから、そういうのはちょっと寂しいくなるなと思いますけど。でも、やっぱこれからね。NGT48が出来たりとか、姉妹グループも、何だろう? もっとこう勢いがね、さらに加速していく、していってほしい時期だな、と思うので。何かそれをこのタイミングで決断したっていうのは、何かすごいなあと。
秋元 まあ、多分あの、多くのファンの皆さんの予想は。ま、珠理奈はやがて、あのAKB専任になるんだろう、と。つまりSKEから離れてAKBに行くんだろうっていうのがすごく多かったと思うんですけども。ま、珠理奈は逆で。やっぱり自分はSKEからスタートしたから。
横山 はい。
秋元 やっぱりSKEでちゃんとやりたいっていうのが強いんだよな。
横山 うーん。
珠理奈 そうですね。
横山 素敵ですね。それは。うーん。
珠理奈 何だろう? でも、そのAKBのやっぱり先輩メンバーの方たちが卒業とかされていって、やっぱりそのAKBでもやっぱり支えられる存在になりたいなっていう気持ちもすごくあったんですけど。でも、今こうやってSKEとか姉妹グループがいるのは、今までそうやってAKBの先輩方がやって来てくださったことがあるから、今の私達がいると思うので。やっぱりそれをまずは崩したくないなっていう気持ちが大きいので。しっかりSKE48としてやって行きたいなと。
横山 そうですね。でもSKE48で珠理奈ちゃんがこれからも、何だろう? 専任でもう頑張ることが、またAKBだったりとか48グループの全体につながるともちろん思うので。何か、ね。この多分すごい悩んだんやろうな、とは思うから。その悩みから今日がこう発表できたことで解放されるんやったらすごく良かったなと思うんですけど。すっきりしました?
珠理奈 うーん。まだ分かんない。ファンの方の反応が分かんないから。
横山 そうですよね。気になるとこではあるけど。でも多分優しい方が多いと思うから。
秋元 ま、珠理奈はやっぱりその何か、あの、SKEのファンの皆さんが、ま、そんなこと言う訳もないんだけど。別に来なくてもいいの、とかっていう風に言われるんじゃないか、とか。そういう風に心配。
横山 絶対ないですよ。大丈夫。
珠理奈 でも、いっぱいかわいい子いますから。もう。
横山 はいはい。SKEにね? でも、ね。そんなこと言う人は多分いないと思いますよ。だって今まで頑張ってきたことを、見てるはずやから。絶対ファンの方って見て下さってると思うし。だから、ね。ちょっとそのAKBの、で、一緒に頑張るっていうことはね、その。ま、それこそコンサートとかでなくなってしまうかもしれへんけど。ちょっとお互いにね。
珠理奈 はい。
横山 これからも頑張りましょうね。
珠理奈 そうですね。やっぱりAKBを焦らせたいですね。
横山 あ、もうちょっと焦ってますけどね、私は。結構焦ってますよ。いや、すでに焦ってるんですけど。そう、なんですよ。何か姉妹グループがすごいね、こう頑張ってるのを見てるから。何かAKB。ん、例えば兼任してくれてるメンバーとかを除くと、やっぱりAKBちょっと何か。うーん弱いっていう言い方は違ってるのかもしれへんけど。何か、何かなあとは自分自身も思っててのこの発表やから。うーん、とは思いますけど。でも、ね。ちょっとそれによってまた頑張ろうって多分周りのメンバーとかも思うと思うので。すごい刺激にはなると思いますね。でも、何かね。劇場のステージとか一緒に立ってたじゃないですか?
珠理奈 うーん。
横山 で、珠理奈ちゃんがさ、初めて兼任した時も一緒のチームやったから。何か懐かしいな、とか思う。それ出来ないのかと思うとちょっと結構悲しいですけど。うーん。いや、いつまで、いつから専任だとかいうのはまだあれですか?
秋元 まだ何にも決めてないから。
横山 決めてないですね。とりあえずは発表。
秋元 大体ほら、AKBグループってそういうのは何かちゃんと決めないで、ただ発表していく。思いついたことをやるっていうことだからね。
珠理奈 まだチームKで生誕祭やってないんですよ。
横山 あ、一回もやってないですか? え、いや今年ですね?
珠理奈 3月だったんですけど、誕生日。
横山 え? 一年経ちますよ、それ。
珠理奈 どうしましょう?
秋元 どうなんだろうね? そういうのね。
珠理奈 今だってね、チーム自体コンやってないから。
横山 そうですね。今は特別公演で。著名人の方の、公演をやってるんです。
珠理奈 何かだから新しいチームの公演はね、出れたらいいな、と思うけど。
横山 うーん。

秋元 SKEは今後その、どうしたいの? 珠理奈としては。
珠理奈 どうしたい?
秋元 いやだから、その。勝ちたいわけでしょ?
珠理奈 そうですね。やっぱ48グループの中で引っ張って行くグループになりたいですよね。
横山 うーん。
珠理奈 やっぱりその、SKEが出来て。その一番初めの目標が、「AKBを超える」っていうことだったんですよ。で、それに向かってやって来て。ま、その気持が強かった時に兼任が発表されて。自分がAKBでもあるのに、SKEにいて「AKBを超える」って言うと何かおかしいなって自分の中でもやもやしてる部分があったので。ま、それが無くなるわけじゃないですか。だから、それをこう。何て言うんだろうな? 強く思ってもいいんだ、って思えたのが今すごく自分の原動力っていうか、何か力になってるなっていう感じがするので。SKEの他のメンバーがみんなそう思ってくれたら、いいなって。やっぱり尊敬してるとか、そういう風に見ちゃうんですよ、AKBの先輩のメンバーのことを。
横山 うーん。
珠理奈 でも、それは私達もそうだから。しょうがないけど、やっぱり憧れとかそういう気持ちが強くなっちゃうから。それよりは何かちょっとライバルっていう気持ちになったらいいかなって。「AKBを超える」っていう風に、みんなが向いたらいいかなって。
横山 今まではね、AKBの一員としてもSKEの一員としてもいたからっていうのはあるけど。今回はね、もうSKEのメンバーとしてっていうね、発言だったりとか、その気持の持ち方も出来ますもんね。これ、発表したことによって。
珠理奈 はい。
横山 うーん。
珠理奈 かなって。
横山 そうですね。
珠理奈 そう。何かやっぱり総選挙では、何だろう? そのSKEがたくさんランクインしたりして。
横山 あ、躍進が目立ちましたね。
珠理奈 ファンの方の応援で、こうAKBを超えるっていうこととかはあっても、やっぱり自分たちの力でっていうことが、まあなかなかないので。そこをもっと強くしていきたいなって。思います。
秋元 というね、あのー松井珠理奈からのね発表でした。
横山 はい。
秋元 ま、何かね。ずっと、あの。へらへらしてましたけど、実はね、あの相当緊張してたよな。
珠理奈 めちゃくちゃ緊張してました。
秋元 だからま、ちゃんと発表できてよかったんじゃないかと思いますけど。

えっと、珠理奈がAKB48に専任になると思ってた人はもうそんなにいなかったんじゃないかな? 玲奈さんが卒業発表してから珠理奈は体調不良で。研究生公演を見て7D2の指導をするようになってから復活してきて。もう兼任解除をしてSKE48のために頑張るのが当然な流れでした。
スポンサーサイト

PageTop