無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

SKE48 ZERO POSITION ネクストセンターは誰だ!?





柴田 奈和ちゃんとかは今は一番センターに近いと思うし、同期としては花音になってほしいなって思うんですけど。ま、それ以外であげるならばこの6期生にちょっと期待をしたくて。で、あのま、綾巴とか熊ちゃんとかは結構ま分かると思うんですけど、ゆめちにちょっと個人的には注目してまして。何か、今のままじゃダメなんですけど、でも、ゆめち自身がこうもっと何か変われば。今がダメってわけじゃなくて、ちょっとこう真面目すぎるところとかがあるので。何かそういうところ一皮むけたらセンターの素質がある。玲奈さんっぽい。
宇野 玲奈さんっぽい? どういうところが?
柴田 雰囲気とか、昔の玲奈さんっぽいんじゃないかなって。私が勝手に思うんですけど。なので、ゆめちがなにかこうキャラクターを付けたりとか、もっとこう華とか自信が出てくるとセンターにもなれる逸材かなと思いますね。



木本 ま、これはやっぱりこう世間的にはSKEと言えばJRというのがあるじゃないですか。やっぱ珠理奈さんと玲奈さん。で、その玲奈さんがいなくなった。次のRは誰だ? ってなった時に名前が一緒。
宇野 ダジャレっていう理解でよろしいですか?
木本 そういう要素はあるんですけども、でも本当に一色嶺奈ちゃんはあの、見た目というか雰囲気とかも玲奈さんっぽいちょっと落ち着いた、ちょっとおしとやかなところもあるので、いいかなっていう。



古畑 いやあ、私あんまこういうの言うのほんとに嫌なんですけど。みんな素敵なんですけど、しいて言うなら。はい、花音さんです。
木本 ありがとうございます。
古畑 そうですね。やっぱり、今のSKEがあるのは先輩のおかげだし。グッズも握手会も歌番組も誰が引っ張っていってるかって言ったらやっぱり先輩だから。まだ若手を推すと言うよりは、その先輩だって全国区かって言われたら別にまだ分かんないじゃないですか。何か、すごい知名度があってもういろんな番組出てって言われたらってなったら、ちょっと分かんないところがあるので。まずはその先輩を、何だろうな、もっとSKEを大事にしてきた先輩をもっと立てるべきっていうか、うーん、何かした方がいいのかなって。やっぱ、今いる大切なメンバーも。
宇野 まずは4期が引っ張っていく、そんな時代があってもいいんじゃないかなっていう。



松村 お前、真面目にやれや、それ。
谷 真面目だよ。
松村 バラエティじゃないんだから。真面目に書いてよ。
谷 谷は真面目だよ。
須田 書かれて怒るのも珍しいな。
谷 真面目ですよ、ほんとに。ま、ちょっとねあれだけど。やっぱり一部のファンの方は見たいと思うんですよ。
柴田 一部でしょ?
宇野 見たいし、ま、確実に日刊スポーツの一面は飾りますね。
谷 やっぱり松村香織さんって何だろうな? SKEの中でも発信力がある方だし、ま、やっぱセンターに立ったら面白そうだなって、すごい思うんですよ。ね、松村さん?
松村 無理。
谷 小声で「無理」じゃないですか。
宇野 ま、でもしかし選挙の順位で言ったらね、珠理奈さん、佐江ちゃんで、もう次ですからね。
松村 そうだわ。忘れてた。



宇野 早くも炎上の予感しますね。
松村 これは、まあしいて名前をあげるメンバーもいるんですけども、まあ。ファンの人はどう思うか分かんないけど、まあ、最終的には大人のスタッフさんたちが選ぶメンバーですので。まあ、どの子が選ばれても結局、私達私側からするともう、支えて立ててあげれるような体制にはいつでもとっているので。だから、うーんそうだな? ほんとにみんな頑張ってるし、そういうセンターに、ま、ふさわしいのがこの子って名前を出すのが私もあんまり好きじゃないので。はい、まあ。ニコ生の時にもお話したと思うんですけど。
宇野 そうですね。ま、ちょっとね。メンバーの口から出るとね、何かファンの人が過剰に意識するなんて側面もあるかもしれないですけどね。
松村 まあ、でも奈和ちゃんとかは私はほんとに頑張ってほしいなって思ってますし。まあ、そうですね。すごい若手を使いたい風潮がすごい強いのが私的にはすごい嫌で。で、まあそれに対してチャンスをつかんでくれればいいんですけど。結局風当たりが強かったりして、心が折れてすぐ辞めちゃう子が多すぎる。だから、綾巴とかがほんとに大変だったと思うし。すぐセンターのアンダーをやったりとかして。もう相当精神的に来てたのに、辞めずにここまで来れてる部分はとても私も評価してるから、私は綾巴も頑張ってほしいなっていうのはすごいあります。
宇野 本気で育てたいと思うんだったら、簡単にセンターにすべきじゃないと。
松村 まあ、してもいいんですけれど。もうそれで何だろうな? その子ももっと頑張ってほしい。すぐなんか弱ってしまったりとか、すぐなんかもうしゅんってなっちゃうのが多いから。まあ、それよりは今は安定してる子をすべきかなと思います。



須田 ま、かおたんと言いたいことはきっと同じだとは思うんですけど。やっぱりみんなそれぞれ頑張ってるし、努力の仕方って見え方もそれぞれ違うかもしれないけど。けど、やっぱり誰がなってもその、そのセンターに、なんかみんなにも立ってほしいって思いますね。みんなにも可能性があるものだし、それに何て言うんでしょうね。誰がなっても、その先輩たちが見てきた景色とかも私たちは知ったうえで、その先輩たちの立場にたって考えれるようになるべきでもあると思うし。その立ってるメンバーを誰が立っても支えなきゃっていう気持ちも受け入れて持って行くべきだと思うので。誰でも大丈夫っていう言い方をあえてしたいですね。でも、個人的にこの子に立ってるのが見てみたいなって思うメンバーもいて。それは、4期生の犬塚あさなちゃん。
松村 え、わんちゃん? 意外。
須田 理由は、あの、あの子すごい国際人気が高いんですよ。顔立ちもすごく、何て言うんでしょう? エキゾチック。
松村 JKTにいそうな感じだよね。
須田 国際的に人気が出るタイプで。コメント欄とかも、あの、私達が読めない言語が書いてあったりとか。するので。そういう、みんな頑張ってるからこそ見てみたいなと思いますね。

宇野 ちょっとね、僕から気になるのをいじってこうかな。
須田 はい。お願いします。
宇野 まずはやはりね、やっぱり古畑さんが、あの花音さんにねセンター張ってほしいっていうね願望を書いたんですけど。どうですか、その古畑さんの意見を受けてのアンサーが聞きたい。
木本 え、でも素直にうれしいですね。そうやってこう後輩メンバーから思ってもらえるってことは、こう何だろう? 今まで4期生は、こう後輩としてやって来て。で、気付いたら先輩になってて。今は後輩がたくさんいてっていう。何だろう? どこに行っていいのか分からない立場でずっとやって来てたんで。そうやってこう後輩メンバーから、こう言ってもらえるっていうのは4期生として、先輩としても一つこう成長できたのかなっていう風にも思いますし。やっぱり、こう何だろう? 4期の時代っていうのはなかったので、作っていきたいなっていうのももちろんやっぱあるので。それはうれしいです、素直に。
宇野 これどうですか? 同じ4期として。
柴田 え、めっちゃうれしい。私は花音のセンター適性はほんとあると思うし、華もすごいあるからいいと思うんですけど。やっぱり同期が言うと、何かこう同期のよしみで言ってる感が出ちゃうんですよ。
木本 そうなんですよ。
柴田 なんですけど、後輩の奈和ちゃんが言ってくれるのがほんとにうれしいです。花音はほんと4期のエースなので、ずっと。うれしい。ほんとにうれしい。

宇野 まあでも、逆にどうですかね? あの古畑さんね、やはり今までの経緯とか考えても、こうあの自分がセンターってことは考えないんですか?
古畑 自分がセンターですか? そうですね。何か自分はセンターは確かに私はセンターを目指してきたからなりたいですし。今も、何か。え、何て言えばいいんでしょう? 全然なりたいんですよ。もう心の底からなりたいし。センター狙ってるし。行きたいですけど。でも、お前が違うって、その。他の人を推したいって運営が言うんだったら、あたしはそれに従わなきゃいけないし、支えて行くこともしなくちゃいけないし。何ですかね? 自分だけがなりたいなりたいっていう甘えはダメなんだな、とは思うし。
宇野 うーん、まあでもそれは甘えっていう風にみんなはあまり思わないと思うけどね。
古畑 どうなんですかね?
松村 ストーリー作りはもうすごい出来てると思う。
古畑 今更多分使いづらいと思うんですよ、私って。
松村 何で?
谷 何でそう思うの?
柴田 むしろ今でしょ。
松村 今だよ。
古畑 何かでも、運営の人はそんなにやっぱ、若い子を推して行きたいから。何て言うんですかね、もう大丈夫かなって。
松村 大丈夫。あと4年ぐらいいれるから。

柴田 奈和ちゃんはほんとに今だと思うよ。遅いっていうのは私とか香織さんを言うんだよ。花音とか奈和ちゃんはまだまだこれからだよ。
松村 基本遅いからね。運営のタイミングが全部遅いからね。
宇野 でもさ、柴田さんが今遅いって言ったけど。俺、遅くないと思うんだよね。
柴田 え、私?
宇野 だって4期が今さっき古畑さんがね、4期が引っ張るSKEがあっていいんじゃないかって言った時に。じゃあその4期の中で例えば握手券だったりとか選挙の順位を考えた時にセンターは誰かって、柴田阿弥じゃないの?
柴田 いやいやいやいやいや。いやでもほんとにあの、私は別にセンターは狙ってないです。ほんとに。なぜならば、あの別に奈和ちゃんや花音に比べてほんとに先があるわけではないから。その私なんかをセンターに立たせてもらうよりは、同期の花音がなってもらって何かサポートしていけたらなとは思う。ほんとにこれは心から思う。
宇野 あのー、これ単純にね。ま、僕みたいなね、何か僕ぐらいの距離感でSKEを見てる人の意見として聞いていただきたいんだけれど。ま、つまりこう一推しは一応本店にいて。
松村 横山由依さんですね。
宇野 SKEどうなってるのかな? 気になってるなって見てる人の意見からすると。僕は、もうすっごい単純にあのじゅりれなの後に行くのって僕は、普通に考えてですよ。もう須田さんと柴田さんだと思うの。だって実際に、あのー、じゅりれな除いたらこの数年SKEの現場を動員的にも売り上げ的にも支えてきたのはこの二人で。で、ほんとにあんまり俺そんなに事情詳しくないよ、ぶっちゃけそこまで。超詳しい訳じゃないけれど、そっから見ると、え、何で何かじゅりれなの次の何か三番手、四番手がこんなに冷遇されてるのって俺思うわけ。ぶっちゃけ。
須田 そうですか。
宇野 あんまり詳しくない人間だから超無責任なこと言ってるけどね。
須田 いや、でも私は充分温かい扱いをここ何年かずっと受けてた身なので。何かその、私もそのSKEのフロントメンバーの3人の中に立たせていただく期間が割りと一年ぐらいあった身なので。だからこそ言えるけど、その前にいるってすごく想像以上の風当たりだし、すごい思ってなかったプレッシャーとか自信をなくすことってたくさんあって。で、そこで得たものとかもやっぱり多いからこそ、他のメンバーにも立ってもらったらSKEへの思いってまた深いものになるのかなって思うからこそ、他のメンバーも立ってほしいって私は最近素直に感じますね。
宇野 なるほど。ま、ただまあさっき年齢のこととかおっしゃいましたけどね。優子さんとかだってね、あの年までセンターやってたわけで、曲によっては。そんなそこまで気にしなくていいと思いますけどね。
柴田 でも何かそう思ってくれる人がいるだけで全然気持ちが違うしうれしいですよ、ほんとに。ありがとうございます。
宇野 大人の発言ですね。
柴田 でも、ほんとに思うんです。昔はほんとにギラギラしてたから。何か絶対天下とってやるとか思ってたけど。うーん、だからその自分の夢とか目標にするこう、まあベクトルが変わったんですかね。もしかしたら私の中で。センターを取ることよりも違う夢を見つけたし。みたいなことですかね。
宇野 あの、ファンの人達からはやはり一回は阿弥ちゃんのセンターが見てみたいとかいう声はないんですか?
柴田 ああ、言われるけど。でも、それはどのメンバーでも一緒だと思いますよ。そのファンの方は、その推しメンがセンターになってほしいと思うし。
宇野 なるほど。須田さんも?
須田 はい。でも、私は何かもちろん立ちたいし、その、ずっと自分の中でブレずに持っていたいなって思うのは瞳の中のセンターにしてくださる方がちゃんといれば、いつか。その人の中ではもう私はセンターでもういるので。ステージのどこにいても。見て下さってる方の中では。だから、いつでもセンターのつもりでやってるからこそここまで来させていただけたな、とは思ってるので。ま、いつかは見せたいなっていう気もしますけど。でも、その。うん、そう思ってくださる方がどれだけ増えるかで私の運命も変わるのかな、とは思いますね。

宇野 今のさっきの須田さんのような多分発言を、何か言葉を聞けただけで、やっぱ須田さんのファンすごく勇気づけられたと思いますね。
須田 いつも支えられてます。
宇野 だから、全然僕は26歳でもいいと思うんですよ。
松村 いや、ちょっと待って下さい。
宇野 そう、全く別の問題が発生するかもしれない。
松村 25です。まだ。
柴田 え、そこなの?
宇野 四半世紀生きたセンターがいてもいいじゃない?
松村 いやいやいやいや。
柴田 おもしろそうだけどね。
谷 見たい。
須田 だってSKE最年長っていうブランドが付いてるわけだから、今。
松村 いいよ。じゃあカップリングぐらいにしといてほしい。
須田 でも何でもありですからね、きっと。

宇野 ちなみにあれですか? こう、ここにいないメンバーで何かこう、あの、この子結構狙ってるぜ、みたいな人とかいます? 例えば、僕、宮前さんの名前上がらなかったの結構意外だったりするんですけどね。
柴田 もうちょっと宮前ちゃんの、何かこう、うーん。アイドル性とか、何かこう、うーん。何て言ったらいいんだろうな? 難しいけど。その、知名度とかが上がったらいいんじゃないですかね。ダンスもめっちゃうまいし。かわいいから映えてるし。何かもうちょっとかなって感じ、ですかね?



竹中 えっと。一個質問で。こういうこと書いてあっても、ファンの思いは自分自身がいつセンターに指名されてもやってやるぞって言ってくれることをすごい待ってると思うのね。実際、ここにいる6人って、絶対センターになったらみんな納得はすると思うんだけど。指名されて私がやってやるって熱意を見してほしいと思ってるファンもいると思うのね。例えば、特に木本さんとか。昔からSKEのファンの皆さんに聞くと、やっぱり私がセンターやるっていう熱意をどうしても見せてほしいって思ってる人はいっぱいいると思うんだけど。そういうのにこう、自分から前向きに。何だろう、野心を出すことに対して、何かやっぱ抵抗とかあるんですか?
木本 うーんでも。今までは結構そういうのって言ったらダメなのかなっていう気持ちがあって。言ってしまうのが怖いっていう気持ちもあったんですよ。それに対して、いやあ花音は違うだろうっていう風に言われるんじゃないかなっていう怖さは。ま、今でももちろんあるんですけど。でも、こないだの生誕祭の時のスピーチで、結構あのー攻めたことを私的には言ったので。でも、もちろんやっぱセンターに立ちたいっていう気持ちはありますし。狙って行きたいっていう気持ちはあるんですけど。それを、何だろう? うーん。ファンの方が、あのー望んでくれてるのかどうかっていう怖さから、あまり言い出せないっていうのはもちろんあるんですけど。うーん。でもこういう機会があるとやっぱ言いやすいじゃないですか。なので、言っときます。狙ってますっていうのは言っておきます。
柴田 私たちはね知ってたんですけど。花音がそう狙ってるっていうの。ただ、あの見た目がね大分おっとりして見えるからそう見えないだけで。ほんとはね、ちゃんとメラメラ燃えてるんですよ。
木本 結構、あの心の中はすごいです。はい。
竹中 多分センター立つと逆風も強いじゃないですか。だから多分、今言うことも逆風強いと思うんですけど。多分言い続けることってすごい大事なんじゃないかなと思ったので。ちょっと聞いちゃいました。
木本 ありがとうございます。

宇野 20代前半って何言っても許されるじゃん。あの、みんなが思ってるようなこと全然許されるから。何かこう欲しいものが欲しいって言っていいんじゃないのかなって。
柴田 じゃあ言いますけど。あたしは別にほんとにセンター狙ってなくて。自分が卒業するCDでセンターやらせてもらえればそれでいい。これが本音です。それでいいです。
須田 なるほど。
宇野 なるほどねー。



加藤 自分が客観的にもし見るとして。任せたいなって思うのは、奈和ちゃん。
斎藤 一緒だった。
加藤 SKEをすごく愛してくれているし、表現力とかもパフォーマンスとかも学ぶものがあるパフォーマンスをしてるっていうか。はい。
斉藤 すごい難しいことだとは思うんですけど、みんながセンターを張れるグループってすごい強みじゃないですか、きっと。誰がテレビ画面に映っても輝いて、センターばりの輝きがあるようなグループってすごい素敵だなと思うので。



大矢 一人に絞れないけど、同じチームSで活動してる北川綾巴ちゃん。ダンスでも、みんなに揃えるダンスをちゃんと出来るっていうか、なじめる。浮かない。珠理奈とかが直接綾巴とかに指導とか、気付いたこととか言ってるのをちゃんと自分の中で、こうしたい、自分はああしたい。だから頑張る、みたいな。そう過程がすごいよく見えるっっていうか。



惣田 斉藤真木子さん、です。パフォーマンスで一番もう何か一番目がいってしまうのが斉藤真木子さんで。すごいなって、ずっと思っている先輩なので。だから、何かセンターをやってほしいなって思います。自分ももちろんなれるように、頑張らないとなって思うんですけど。はい。一人一人がSKE48のメンバーで、アイドルだから。その、誰かに気を遣ったりとかそういうことよりも、みんなが自分が一番だって思って自信を持って輝けるようになったらもっと、もっともっとみんなで上に上がっていけるんじゃないかなって思います。はい。



宮前 奈和ちゃんだったり花音さんだったり、は、私はこうカンガルーの時も予想してたので。あ、そうかなって予想してたのがまさかの自分だったので。か、あえての慈子だったり。7期生からとか、あえて若い子をそこで出すっていうのもありなんじゃないかなって思いますね。後輩をもっとプッシュしていってもいいんじゃないかなって私は思っていて。カンガルーでセンターをやらせていただいた時に。あの、隣で玲奈さんがすごいプッシュをしてくださったんですよ。アドバイスとかフォローをたくさんしてくださったのを見て。あ、そう言われてみればそういう後輩ってあんまりいないなと思って。でも、自分はもう一度センターになりたいっていうすごいこう熱い気持ちはあるので。迷いますよね。

北川 私は、今選抜にいる人でもいない人でも関わらず、ほんとにメンバーそれぞれいいところとか知っているので。誰がなってもいいんじゃないかな、とは思います。でも、やっぱり今回前のめりの初選抜の後藤楽々ちゃんにはすごく期待しています。まず、武器がたくさんあることと。心臓が強いので、すごく。見ててそう思うので。はい。私はAKBとの、チーム4との兼任が決まったので、すごいそれがチャンスだなって思うので。AKBのファンの人をSKEに連れて、絶対連れて来たいなって思う。心の準備は万端です。



まだ続くけど、もう書き起こす時間がないかな。
スポンサーサイト

PageTop