無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

藍色夏恋

2002年 台湾映画
監 督 イー・ツーイェン
出 演 チェン・ポーリン、グイ・ルンメイ、リャン・シューホイ、ジョアンナ・チョウ、ミン・ジンチョン
あらすじ 17歳の高校生モン・クーロウ(グイ・ルンメイ)は、親友、リン・ユエチェン(リャン・シューホイ)に頼まれて、水泳部のチャン・シーハオ(チェン・ポーリン)にラブレターを渡す。ところが、差出人の名前はモン・クーロウになっていた。
感 想 モンの親友、リンは、チャンが好き。夜中に、嫌がるモンを誘って二人でプールまでチャンが泳いでいるのを見に行く。リンは、なかなか彼に声をかけられない。彼の運動靴、ペン、ノートなどを拾っているだけ。

ずっと好きなのに
こっそり写真を撮り
こんなものを拾うだけ
度胸ないのね

リンはモンに、「チャンにラブレターを渡して」と頼む。ラブレターの差出人は、モンになっていた。それで、チャンはモンのことが好きになり、リンとモンの関係はぎくしゃくしてしまう。

あまりにも良くあるストーリーだと思ったけれど、三人の演技がさわやかで自然なのでいい。

モンには秘密があった。モンはチャンに「秘密を一つ教えて」と言う。チャンがそれに答えたので、モンもチャンに自分の秘密を話す。

観ている時には、ここから世界が大きく変っていたことに気が付かなかった。

モンは、リンがラブレターの差出人に自分の名前を使った時に怒った。

なぜ私の名を使ったの?

このせりふを言ったのは授業中で、先生やクラスメートにもはっきり聞えた。モンの秘密を知る前には、何でここまで怒るのかちょっと疑問だったけれど、知ってから振り返ってみると、このせりふの意味が全然変ってくる。

モンは、チャンや体育の教師に「私にキスしたい?」と言う。これも、なぜそんなことを言うのか疑問だったけれど、今なら良く分かる。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。