無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

文さんの大福

スーシェフの陶子さんがホテルでパティシエとして働くことになって、まれがスーシェフに指名されて。新人を募集してまれが選んだのは、まれと同じような経歴の弥生さん。弥生さんはすごく不器用で、まれは一気に大変になっちゃった。(笑)

まれは何とか能登に帰省して、圭太と2年半ぶりに再会。

弥太郎 おお、まれちゃん。久し振りやなあ。
藍子 なして来たんけ。2人で会えばいいがに。
まれ うちもほのつもりやってんけど。
圭太 親方。
弥太郎 おう。
圭太 藍子さん。
藍子 はい。
圭太 年季や明けたらまれと結婚さしてくれんけ。
弥太郎 はあ?
まれ はあ!?

藍子 結婚!?
圭太 はい。
弥太郎 初耳っちゅう顔しとるがいえ。
圭太 違うわいね。なあ。
まれ 初耳や! 何やいね、急に。
圭太 急にって、言うたやろ。
まれ いつ?
圭太 2年半前に。
まれ 2年半前!?
圭太 ほうや。あん時、2年半待ってくれるかっちゅうたら、「うん」って言うたやろ。
まれ 言うたけど。
藍子 もしかして、ほれやプロポーズやったんけ。
まれ まさかね。
圭太 ほうやけど。
まれ あん?
圭太 ほうでなけりゃ2年半も待たせんやろ。分かるやろいえ。
まれ 分からんわ。

圭太 ほんなら今言うわい。俺と結婚してくれんけ。
まれ 無理。
圭太 あん!?
まれ うちは今、スーシェフになったばあかしで結婚どころじゃないげ。
弥太郎 ほうや。スーシェフおめでとさん。大したもんや。
まれ ありがとうございます。
圭太 仕事と結婚は別やろ。
まれ 別じゃないわいね。
藍子 結婚したらどこに住むつもりなん? 2人とも引っ越されんやろ。
圭太 ほうや。遠距離結婚や。
藍子 遠距離結婚?
圭太 ほうでもせな結婚できんわいね。お互いの状況変わるがやいつか分からんげさけ。
まれ ほれはほうやけど。
圭太 ほれやったら年季明けっちゅう節目にけじめつけときたいげ。ほやさけ、まれとの結婚を認めて下さい。

弥太郎 自分の立場分かってもの言うとるがか。われは四代目紺谷弥太郎の孫やぞ。
圭太 ほれやなしたん。
弥太郎 ゆくゆくはこの塗師屋をっちゃ継ぐっちゅうことやがい。われの嫁は塗師屋の女将ねんぞ。塗師屋の女将は専業でなけりゃ務まらんげ。まれちゃん、パティシエ辞められるけ?
圭太 女将になってもろうために結婚する訳じゃねえわいね。
弥太郎 われの理屈はどうでも、そういうことになっとるんげ。残念やな。
圭太 勝手にきめんといてくれま!
弥太郎 話は終わりや。俺やまれちゃんに嫌われるがいえ。まれちゃんに不満はねえさけな。この男の考えなしや悪いげ。

圭太 2年半ずうと不安やってんわい。お前の気や変わらんかって。かっこつけんかったらよかったって。今度会われたら絶対誰にも渡さんって決めとってんわいえ。何笑とるげ。
まれ うちもおんなしや。ずうと不安で、ずうと会いたかってん。
キスしようとしたら、まれに電話がかかってきて。(笑)弥生さんが不器用で大変だから、まれは職場に戻ることに。(笑)

藍子さんからまれに電話で、

まれ うん。大丈夫やったよ。うん。もう朝着いて店に来とる。
藍子 圭太くんと話したけ?
まれ 弥太郎さんをちゃ説得するっちゅうとった。
藍子 まれは結婚したいんけ?
まれ 結婚は…。
藍子 お母さんはね、正直言うて反対ねん。遠距離結婚ちゅうがやね、どうかと思うげよ。まれはこれからどうするつもりなん?
まれ まだ決めとらんげ。陶子さんみたいによそでキャリアを積むか、独立するか。いつかは考えようと思とるけど。
藍子 ほんなら、いつまで遠距離結婚になるがかも分からんげよね。ほんな結婚ちゃお母さんやっぱし心配やわいね。

弥太郎さんは、圭太に見合い写真を見せて。(笑)

まれは、シェフから弥生さんをクビにしろ、と言われてしまう。

まれ 特訓しましょう!
弥生 えっ?
まれ シェフはよく1,000回やれって言います。人の100倍練習するとしたら…。
弥生 10万回です。
まれ 10万回…。10万回練習しましょう。
弥生 練習は得意です!
まれ 私も一緒にやります!

まれは、圭太から何回も電話が来てたのに仕事が忙しくて。

まれ 特訓はこれです。メッセージプレート。
弥生 こんな高度な…。
まれ 入学祝いのケーキの予約がたくさん入ってます。これをマスターしておけばみんなびっくりしますよ。

まれ 圭太? ごめんえ、夜遅うに。
圭太 お前、何べん電話したと思うとるげ。
まれ ごめん、仕事で。
圭太 電話の一本ぐれえできんかいえ。
まれ ごめんって。つい忘れてしもて。
圭太 忘れた!?
まれ いや…ほっちはどうなん? 話したんけ? 弥太郎さんと。
圭太 話にならんわい、あのじじい。仮病まで使うて。
まれ 仮病?
圭太 ほして考えてくれたか、結婚。
まれ えっと…まだ。
圭太 まだ!?
まれ ごめんごめんごめん! 本当に今、ほれどころじゃないげ。
圭太 ほれどころっちゃ何やいえ!
まれ いや、ほういう意味じゃなくて…。
圭太 お前、真剣に考えとるがかいえ! 気持ちやあれば電話する時間ぐれえ作られるはずやろ!
まれ だから違うって!
圭太 ほんなら俺や行くさけ。ほっちで話さんか。
まれ あん? 今来られても…。
圭太 時間取らせんわいえ。ちょっこり1時間ぐれえなら大丈夫やろ。
まれ 気持ちやせわしねえげわいね。
圭太 お前! 俺はお前との結婚のために…。
まれ 分かっとるけど仕事や。
徹 誰と電話してんの?
まれ ちょっとお父さん、黙っとって。
圭太 どっちや大事ねん。
まれ あん?
圭太 仕事と結婚、どっちや大事ねん。
まれ はあー!?
徹 どうした? けんかか?
まれ まさか、ほれを言うが? 世の中の人生相談の中でぜってえ言うたらダメなセリフナンバーワンをちゃ、あんた言うがけ?
圭太 ほんだけ言いてえ男やおるっちゅうことや!
徹 圭太? 圭太か? お前な、まれ怒ってるから謝った方がいいぞ。
圭太 誰や謝るか! 仕事と俺、どっちや大事ねん!
まれ 仕事や!
圭太 あん!?
まれ 仕事仕事仕事仕事仕事仕事ー!
圭太 何やこのだらくそ! だらくそだらくそだらくそだらくそ…。
まれ ふん!

って、男がそれを聞くかー! (笑)

徹 「圭太でいいのかな」なんて思っちゃってる?
まれ ほういうがじゃないげけど…。ついていかれんげ、あの突っ走りには。
徹 そんなの、お前だってそうじゃん。パティシエになるって決めたら横浜にピュー。この店で働きたいっつったらピュー。大事なことはお前全部直感で突っ走ってるよ。

徹 まあでもさ、何でもピューって突っ走るお前が2年半待ったってことは、それだけの相手ってことじゃないのか、圭太は。
まれ うん…ほうやと思う。ほやけど、うちは女将さんになられんし…。
徹 じゃあさ、女将さんの話は置いといたとしたら、今すぐ結婚してもいいのか?
まれ まだ決心つかんげ。
徹 まあそうだわな。だけどさ…2年半は長いよ。つらいよ。よく頑張ったと思うよ、お前も圭太も。まあ、よく考えなさい。状況に惑わされないで。
まれ うん。

弥太郎さんは、圭太に「今度の土曜日は見合いだ」と言って。

圭太 親方、真面目に聞いてくれんけ。俺は前から世襲制度っちゃだらみてえやと思とってん。ほんなもんにこだわらんでもよそから後継ぎ入れるとか。塗師屋にふさわしい人間に任した方やいいがいね。
弥太郎 われや孫やさけ言うとるがじゃねえげ! 五代目紺谷弥太郎にふさわしいさけ頼んどるげ! 輪島塗はますます厳しなる。残念やけど俺の代では次につなげるがや精一杯や。われは未熟や。口も下手やし商売っ気もねえ。ほんでもこれから必要なんはわれのだらみてえにまっすぐな輪島塗への思いや。五代目紺谷弥太郎を継いで輪島塗を守るがはわれしかおらんげ!

圭太のお父さんがやって来て、

博之 どういうつもりやいえ。村でまんでうわさになっとって親や知らんっちゅうがおかしいやろがい。母さんショックで寝込んどるぞ。このうち出りゃあどうや。
圭太 あん?
博之 ここにおる限りお前は塗師屋をっちゃ継がされるげぞ。
圭太 絶対に継がんって思っとったけど…。
博之 丸め込まれたな、おやじに。
圭太 違うわいね。
博之 ほんなら津村に女将やらせる気か。
圭太 やらせんて。ほれとこれとは別やわいね。
博之 津村の性格考えてみれま。お前と結婚したとして女将やらせんちゅうたかて、お前や困っとるが見たら手伝わんとおられんわいえ。津村をっちゃ思とるがなら、あいつの夢邪魔すんなま。

まれは、圭太が今度の土曜日にお見合いすると知って。

まれ 今週の土曜、お休みを頂けませんか?
大悟 土曜?
まれ 前の日の夜から深夜バスで能登に帰りたいんです。
浅井 土曜は入学祝いケーキの予約たくさん入ってますよ。
まれ それは終わらせてから帰ります。段取りを計画しました。当日の仕上げだけお願いできれば間に合います。
美南 大丈夫だよ、浅井さんとお父さんがいるんだし。
弥生 あっ…私も精一杯お手伝いします。
まれ ありがとうございます。
大悟 休むのは構わんがお前はクビだ。
まれ えっ?
美南 「お前」って…まれちゃん?
大悟 違う。そこの下手くそだ。
弥生 私?
まれ ちょっと何で急に…。
大悟 急じゃない! クビにしろと言ったはずだ!
まれ 指導しきれないならって言うたじゃないですか。だから一生懸命練習して…。
大悟 練習した結果がこれか!
まれ まだ練習中なんです。10万回練習すれば…。
弥生 いえ、あと99,865回です。
大悟 そんなに待てるか! どけ!
まれ 土曜の予約の入学祝いケーキ、弥生さんにメッセージプレートを書いてもらいます。うまく書けたらクビを撤回して下さい。
浅井 何言ってんですか!
まれ シェフかって私にメレンゲやらしてくれたじゃないですか。テレビ対決の大事な時にできるまで1,000回やれって言うてくれたじゃないですか。
大悟 恩をあだで返しやがって。
弥生 まれさん、私無理です。
まれ お願いします。
大悟 勝手にしろ。
まれ ありがとうございます!
大悟 うまく書けたらだ。ダメならお前が書け。俺様のケーキを台無しにしたら許さんからな!

見合いの前日になって。

美南 まれちゃん、10時に出ないとバス間に合わないよ。
弥生 もういいです。やっぱりパティシエ辞めます。
まれ 大丈夫。あと99,465回練習すれば。
弥生 早く能登に帰ってお見合い止めて下さい! 相手が美人で彼氏さんが一目ぼれしてしまったらどうするんですか。
美南 追い打ち掛けるね。
まれ 諦めたくなくてここに来たんですよね。私もです。だから私は絶対に諦めないって決めました。弥生さんももうやめましょうよ、諦めるのは。
弥生 はい。と言いたいですが冷静に考えてあと1時間で99,465回練習するのは無理だと思うんです。帰って下さい、能登に。
まれ やだ。
弥生 やだって…。
まれ 嫌ですよ! 絶対に嫌です! 練習しましょう、あと99,465回。

大悟 津村。おやじがレンタカー借りて待ってるぞ。
徹 まれ! 終わったか? もう行かねえと時間切れだぞ!
大悟 早く行け。あとはやっとく。
まれ ありがとうございます!

まれは能登に帰ったけど、もう大悟のお見合いは終わってた。

まれ 弥太郎さん、ちょっこしいいですか。圭太と結婚さして下さい。見合いするっちゅうて聞いて気や付いたんです。うちには圭太や絶対に必要やって! パティシエは辞められません。ほんでも、家族として絶対に圭太さんをっちゃ支えます! 圭太さんと結婚させて下さい!
弥太郎 ほんでもな…。
圭太 俺からも頼むわ…結婚さしてくだま!
徹 お前、見合い相手と意気投合したんじゃねえのかよ!
圭太 親方の顔立てて見合いはしたわいね。ほんでもあっちから断ってくるげ。嫌われてきたさけ。
まれ 嫌われてきたって…どうやって?
圭太 変態のふりして…。どんなことしてでもここに戻らなダメやって腹や決まったさけ。親方。五代目紺谷弥太郎をちゃ継がして下さい。ほしてまれと結婚さして下さい。女将やおらんでも輪島塗は俺や守るさけ。
弥太郎 無理や。塗師屋や女将の支えなしには成り立たん。
文 ほうけねえ。
弥太郎 何しに来てん?
まれ 文さん。
弥太郎 元治まで。
文 弥太郎さんに差し入れや。昔、やす子さんに教えてもろた大福や。あんたは悩み事やあると大福食いたがるっちゅうてやす子さん言うとったわいね。何でもお見通しやねえ。
元治 弥太郎。やす子や死んでもう何十年になるげ。
弥太郎 あん?
元治 塗師屋は女将の支えなしにはやっていかれんがやろ? ほんなら、なしてわれは再婚せんがいえ。
弥太郎 われ関係ないやろがいえ、くそ元治。
元治 女将の代わりはおっても、女房の代わりはおらんちゅうことじゃねえがか。支え支えちゅうてうるせえけど、支えられとるがはここじゃねえがけ。ここやろがい。ああ? ここやろがい! 弥太郎。
弥太郎 俺は反対や。
圭太 親方…。
弥太郎 ほんでもやれるっちゅうがならやってみまし。

文さんの大福は、やす子さんから教わったものだったんだ。弥太郎さんは圭太のことで悩んでる時に大福を食べても美味しくなかったけど、文さんの作った大福は美味しい。

文 ほんでもあんたらち遠距離は大丈夫なんけ?
まれ あん?
圭太 文さん…。
文 大丈夫かいね?
まれ 大丈夫…。
徹 大丈夫だよ。全然問題ないよ。
文 なして言い切れるがけ?
徹 だってさ、俺と藍子がそうだもん。もう3年横浜と能登で顔も見れないし声も聞けないけどさ。俺は全然気持ち変わらないから。心さえつながってりゃ遠くたって。まあそりゃいろいろあると思うけどさ。絶対乗り越えられる。
文 ほれはあんただけじゃねえがけ。
徹 え?
文 藍子もほう思うとりゃいいげけどなあ。
徹 そういうこと言うなよ!

藍子さんは外で聞いてて、大丈夫なんじゃない? (笑)

まれ 弥太郎さん。うちの家族はちょっこし変わってますけど、ほんでもうちはまんで愛されてきました。ほんなふうに圭太ともほんな家族になりてえ。2人で絶対に幸せになります。



一子はキャバクラ嬢になったの?
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。