無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

宮澤佐江さん その4

再出発の決意

宮澤 「最後」ってのは本当、深い意味はないんですよ。でも、私も卒業が遠くない人だろうな、というのは誰もが見て思うじゃないですか、古株ですから(笑)。正直言って一年後、また出るかなんて想像もつかない。たかみな(高橋みなみ)みたいに卒業発表した上で出るのなら「今年は最後」って言えますけど。総選挙で「今回が終わり」って言葉を言わないままに辞めてしまうことが、自分でいやだったんです。ファンのみなさんと一緒に頑張ろう、ってやれるお祭りみたいなイベントなので。

――ではチームリーダーのひとりとして、「過去最多ランクイン」というSKE48全体の結果をどう受け止めてますか?
宮澤 「やっぱり強いんだな」って思いました、あらためて。SKE48に入るまでは、決して有名でないSKE48の子が上にランクインしたりすると「なんでなんだろう?」と思ったりしてたんですね。でもこの1年SKE48で活動して、魅力があるのに評価されてない子に対して「選挙でやってやろーじゃねえか!」みたいな、熱い気持ちの方がたくさんいるのがわかってきました。だから全員の順位や、ランクインした子には納得しました。

――SKE48は他グループに比べて女性ファンが少ないので、女性比率の高い宮澤さんのファンがついてもらえれば(笑)。
宮澤 そういうので力になれれば(笑)。メンバーも「佐江さん来てから客層ぜんぜん違う」「男女比率変わった」って言ってきたりしますね。全握(全国握手会)とかでペアになったメンバーから「佐江さん、女子ばっかすぎてビビる!」とか。(東)李苑とかは「女子のファン、李苑も増やす!」とか言ってすごい頑張ってました。わたしもそういう時にファンを掴んでほしいから「どんどんアピールしな!」って。
――今回の総選挙はその東李苑に北川綾巴、宮前杏実といった次世代を担うメンバーがチームSから初ランクインしましたね。
宮澤 それは本当嬉しかった! それに、えー、これ言っていいのかな……いっか、綾巴の株が上がるから! 綾巴は去年速報で名前が出て実際はランクインしなかったのがあるからずっと心配してて、毎日毎日「もおー、やぁだー」って言ってたんですよ(笑)。
――目に浮かびますね(笑)。
宮澤 それで一度「綾巴は何位くらいに入りたいの?」って聞いたんです。そしたら、「総選挙って最初は選抜とアンダーガールズしかなかったじゃないですか。だから綾巴はそこまでにいかないと納得はいかないです」って言ってて。すごいなー、って思いましたね。ランクインした子が目標をより上に置くのはわかるけど、入ったことない子が目標をそこにするのは偉いなと思って。

宮澤 やっぱりSKE48って一般の人が見るようなメディアに出る機会が少ないんですよ。だからSKE48のファンの方たちにしか通用しない発信の仕方しか出来てないんじゃないか? というのは感じてます。それはファンやメンバーが悪いってわけじゃなくて、環境の問題なんだろうなあ、とは思いますけど。

宮澤 何かをやりきったら、とかはないなあ……。たしかに今年の選挙は大きかったですけどね。ここ数年で、AKB48の総選挙シングルに選ばれてもその後選ばれるかはわからないということや、いい位置でパフォーマンス出来るかわからないという現実をファンの方もわかってきてると思うんです。自分としては卒業後にどれだけ自分が活躍できるかが、ファンの方への恩返しだと思ってるから、いい意味で卒業については考えなければならないなと。
――宮澤佐江個人の生き方について考えねばと。
宮澤 もちろん、SKE48と向き合いながら、急に自分だけの話にはならないですよ(笑)。そんな立場でもないし、自分がやらなきゃいけないこともあるから。この1年でメンバーとの信頼感はすごく出来たと思います。1年かけていまさらながらだけどメンバーと深い話ができるようになったし。
――名古屋の子は人見知りが多いともいいますからね。
宮澤 そうですね(笑)。特にこの1年は、ドラフト生を育てなければいけないというのが責任としてあるので。


スポンサーサイト

PageTop