無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

パティシエになりたい。

幸枝さんが夫のジュリアンを連れて戻って来た。

幸枝さんは藍子に35年分の言い訳を手紙に書いて渡した。

幼いあなたとの別れは本当は身を切られるように辛いことでした。後悔で眠れない夜、いつもあなたを想っていました。藍子、これだけは信じて欲しい。あなたを産んであなたに会えて、私はとってもとっても幸せでした。

幸枝さんは、まれが書いた魔女姫の人形の絵を見ながら、

まさか、こんな所にいたなんてね。
あ?
この子なのよ、私のキッチンウィッチ。徹がこの子を見つけたのは海外のアンティークを扱う店だったそうよ。あたしを応援してくれた人形がはるばる海を越えて、あなたの元にやって来た。この絵を見た時分かったの。どうしてあたしが能登へ呼ばれたか。
呼ばれた?
そうよ。道を見失ってるあたしの孫のために、この子があたしを呼んでくれたのよね。ホントはあたしねフランスから逃げてきたの。年をとって腕に自信がなくなって、その迷いから店もうまく行かなくなって。もう消えたいと思った時に、なぜだかどうしてもここへ来たいと思ったの。そして、ここで力をもらった。パティシエに戻るわ。いつか来なさい。世界一のケーキを食べてもらうわ。

まれは、封印してた魔女姫の人形を出してきて幸枝さんに渡して。

幸枝さん、また会えましたね。ありがとう。

あなたが持っていなさい、まれ。

まれ、さああなたはどうするの?

まれはお母さんに、

うち、ずっとケーキっちゃすげえって思うとった。ケーキっちゅうのは心ねんね。作ってくれた人やら一緒に食べてくれた人らちの記憶ねんね。ほれやケーキの力ねんね。
お母さん、ホントは気付いとったんかもしらん。ほらほうやわいね。あんだけいーつも楽しそうにケーキ作っとったんやさけえ。ほんでもケーキ作る人だけは嫌やって思うとったんかも。正直、裏切り者って思うとったわいね。ごめん。
お母さんをちゃ置いて行かれんって思うとってん。お母さんのためじゃなくて、うちがお母さんのそばにおりたかってんよ。お母さんや喜んでくれる顔ちゃたくさん見たかったさけえ。ほやけどうち、応援より自分でやりとなってしもうた。人の心をちゃ動かせるような、誰かの記憶に残るような、ほんなケーキをちゃ作りとなってしもうた。
うれしい。まれがそんな風に考えるなんて、お母さんうれしいわいね。お母さんは大丈夫。今までありがとう。もうお母さんを捨てなさい。自分のことだけ考えて思いっきりやりなさい。
能登を出なダメね。
うん。
お給料安いさけえ最初のうちは仕送りも出来んと思う。
うん。
ものにならんかもしれん。一生ダメかもしれん。ほんでもパティシエになりたい。行かせて下さい。
行っといで。

来週の予告を見たら大変そう。あの人がまた登場するのか。
スポンサーサイト

PageTop