無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恋人たちの食卓

1994年 台湾映画
監 督 アン・リー
出 演 ヤン・クイメイ、ウー・チェンリン、ワン・ユーウェン、ウインストン・チャオ、ラン・シャン、シルビア・チャン
あらすじ 台湾の台北。妻を亡くし、男手ひとつで三姉妹を育てるホテルのシェフ、チュ(ラン・シャン)。彼は、毎週日曜日の夕食を一緒に取ることを娘たちに強要するが、娘たちにはBFとの夕食の方が魅力的。 高校の化学の教師の長女(ヤン・クイメイ)、航空会社に勤める次女(ウー・チェンリン)、ファーストフードでバイトする三女(ワン・ユーウェン)が、一人ずつ家を出て自立していく。
感 想 次々に登場する父親のチュの作る料理が美しくておいしそう。

そして、台湾を代表する4人の女優、ヤン・クイメイ、ウー・チェンリン(ン・シンリン)、ワン・ユーウェン、シルビア・チャンの競演。

私の注目は、次女。子どもの頃から料理が好きで、ホテルの厨房に出入りして、父親の同僚から料理を教えてもらっていた。

「子どもの時の記憶って料理ばかり」

ところが、父親に「女にシェフは無理」と言われて厨房から追い出されてしまう。その判断は正しかったのかもしれない。今では航空会社に勤めるキャリアウーマン。でも、多分父親を恨んでいたと思う。今でも料理をするのは好きで、恋人にもたくさん作って食べさせてあげるが、家では台所を使わせてもらえない。

「父さんとはけんかしてばかり」

でも、一番父親の血を引いているのは次女。その父親と次女との2人でのラストシーンが素晴らしい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋人たちの食卓

1994年 台湾 1995年6月公開 評価:★★★★☆ 監督:アン・リー 製作:

銀の森のゴブリン 2007年02月05日(Mon) 22:48


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。