無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黒水仙 The Last Witness

2001年 韓国映画
監 督 ペ・チャンホ
出 演 イ・ジョンジェ、イ・ミヨン、アン・ソンギ、チョン・ジノ
あらすじ オ刑事(イ・ジョンジェ)は、殺人事件を捜査している。その背景には、半世紀前の朝鮮戦争で引き裂かれたソク(アン・ソンギ)とジヘ(イ・ミヨン)の愛があった。
感 想 オ刑事を演じたイ・ジョンジェが、クールで格好いい。

だから言ったろ、後悔するって。

オ刑事は、ダルス殺人事件を捜査していて、一冊の古い日記を見つける。

私が恋い慕うあなたは
日陰に隠れた黒水仙

ソクは小作人の息子で、地主の娘ジヘに憧れていた。ジヘが熱病にかかった時、ソクは必死に夜道を走って医者を呼びに行った。ソクはその時初めて生きる希望を見出した。

ジヘは、女スパイになった。戦争捕虜収容所から捕虜を逃走させるのが使命だった。ジヘを演じたイ・ミヨンは、古風な女闘士がはまっていた。

ジヘとソクは一緒に逃げ、逃走した捕虜たちと校舎の床下に隠れる。

いつも一緒にいると約束して。

でも、ジヘとソクは離れ離れになってしまう。その時、ジヘはソクに指輪を渡して、言う。

もう一度会えたらあなたが
私の指にはめて

ジヘを助けるために銃撃の雨の中を走るソク。ソクを演じたアン・ソンギが格好良すぎる。

ソクはジヘを助けるために50年も独房の中に入っていた。

愛する人の顔を彫ると 悲しみの顔になり
悲しみの顔を彫ると それは愛する人の顔になる。

ジヘはソクを助けるために、その運命を受け入れた。ソクともう一度会うことだけが唯一の希望だった。

ここからネタバレです。

ラストはあまりにもショックだった。せっかく50年振りに再会したのに。生きているジヘの指に指輪をはめさせてあげたかった。ソクの最後の台詞は重たくて、他の人たちを圧倒していた。これはほとんどアン・ソンギのための映画だった。
ちらしや公式サイトのSTORYに載っていた、 『黒水仙』の背景にあるもの―戦争の爪痕 を読んで、さらに衝撃を受けた。50年も独房に入ってただなんて、と最初少し思っていたけれど、それは大げさな表現ではなかった。朝鮮戦争の影響で離れ離れになって、それから会えずにいる家族たち。二重スパイよりも良く出来ていたと思う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。