無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

センターから見た風景 北川綾巴×宮前杏実

センターの重み
宮前 でも私、センターはもちろんですけど、選抜という世界を初めて知ったんですよ。そこで本当に色々なことが分かったのが良かったです。選抜って、本当すごい人たちが選ばれている、すごい集団なんだなって思いました。
――これまで宮前さんは「チーム」は見えていましたよね。他のチームに負けたくないとか、チームSをこうしたいとか。
宮前 グループ全体を客観視できるようになったというか。それはSKE48だけじゃなくて、AKB48さんも、NMB48さんも、HKT48さんも、SKE48ってどういうグループで、どうしたいかが見えてきて。
――広い世界を知った、と。綾巴さんの場合は選抜には入ってましたけど、そのセンターに立ってみてこれまでとの違いは感じますか?
北川 違います。前に人がいないから、全部の責任を背負っている感があって。でも、なんかまだ全然実感が湧かなくて、自分の中で理解できてないのかもしれない。

――二人はW松井(松井珠理奈・松井玲奈)とは全く違うセンターだと思いますが、あらためてW松井のすごさを感じるところはありますか?
北川 (大声で)オーラが違う!!
宮前 話を膨らませんかい!
北川 (大声で)輝いてる!!
宮前 もっと!
北川 (変な顔をしながら)センターじゃないのに二人にスポットライトが当たってる感じがします。だから悔しいっていうか、がんばらなきゃって思います。
宮前 オーラもそうだし、やっぱりセンター独特の見せ方があるんだって、あらためて思いました。珠理奈さんと玲奈さんは他の人とは絶対に違うんです。特に珠理奈さんはセンターの踊り方をしてたんだなって。みんなも目立てるし自分も目立てる踊り方というか。そういう、色んなことを考えてる二人のすごさというのを、日々感じています。
北川 ……(無言でうなずく)。


モチベーション
――そういう意味では、いよいよ始まった全国ツアーはファンの人達に直接、新しいセンターの二人をお披露目する場になりますよね。それに珠理奈さんは「センターを譲ったつもりはありません」と言ってますし、そこの直接対決も見どころというか。ファンは「綾巴と宮前、珠理奈に負けてなかった!」って言いたくて仕方ないと思いますよ。初日の豊橋は二人的にどうでしたか?
宮前 私、本当にメンバーに対してはライバルだと思ったことがないんですよ。だからステージでは仲間たちと、そのファンの方たちという関係性しかないし、セットリストの盛り上げ方も表現も、全部ファンの方のためにあると思うから。だから、ファンの方の前に出る時は、その時の自分が納得できるものを出しているつもりなので、毎回そこは100点です。ファンの方がどう思うかは別ですけど。

――綾巴さんのモチベーションはどこかr湧いてきてるんですか?
北川 やっぱりファンの人が握手会とかで「応援してるよ」って言ってくれたり。あとは家族が喜んでくれたり、陰で応援してくれたり。おばあちゃんは「綾巴が生きがいだよ」って言ってくれるし。
宮前 あ、それはヤバい。
北川 それと一番の目標の人が今はすごく近くにいるから。がんばろうって思えます。
――「〇〇のためにがんばる」というのが二人はハッキリしているんですね。それを聞けて安心しました。本当に、二人は今ががんばり時ですよ。今がんばってることが次の結果につながるので。
宮前 私、いつも次はないと思って毎日イキてるんです。3年間SKE48で生活しててそれは思いました。だから楽しまなきゃダメだし、楽しむことを大切にね。
北川 綾巴も楽しいですよ!! だから佐江さんと一緒に出してください!
宮前 君ね、次の保証なんてないんだから! 文字になるようなことをちゃんと言えないと出してもらえないよ!
北川 (変な顔をしながら)できない!!
――先月「文句はいわない」って約束したじゃないですか(笑)。
北川 努力はしてるけど難しい!
宮前 できないじゃなくて、やるの! 本当、妹に言ってるみたいだ……。



スポンサーサイト

PageTop