無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

センターへの道 北川綾巴、宮前杏実

TALK1 北川綾巴

――杏実ちゃんとは、どんなWセンターにしようと思ってますか。
「宮前さんはホントにダンスが上手なので、負けないようにしなきゃとは思うんですけど、スキルではかなわないですから…。とにかく一生懸命やることでぶつかっていくしかないです。今回は倒れるくらいまで踊ろうって思ってます。人間って意外と強くて、そう簡単には倒れないですから(笑)」

――『12月のカンガルー』という楽曲自体の印象はいかがですか。
「パワフルでSKE48らしい曲だなって思います。最近は『未来とは?』や『不器用太陽』とか、新しいタイプの曲が続いていたので、フレッシュに元気よくお届けできたらいいなと思います。メンバーからは"綾巴はカンガルーっぽいから似あってるよ"なんて言われました(笑)"いつもピョンピョンしてるから"なんて。そんなこと初めて言われましたけどね」


TALK2 宮前杏実

――リクエストアワーで選抜メンバーやWセンターの発表、そして楽曲の初披露がありましたが…。
「当日が近づくにつれて、ファンの方の反応が気になってきて。発表された途端、客席から誰もいなくなっちゃったらどうしようなんて思ってました。そんなことがあるはずがないと自分に言い聞かせてましたが、そのときは本気でそう思ってました。それくらい、私はまだファンの方に認められてないんじゃないかって思って。何か特別な成果を残しているわけでもなかったので。だから、発表のとき、客席から"おおっ!"って歓声が上がって安心しました。歌ってる間はSKE48に入ってからこれまでのことを思い出して、最後には泣いちゃいました」


スポンサーサイト

PageTop