無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

宮前杏実さん その4

月刊ENTAME 2015.1 宮前杏実新センター水着解禁

インタビューのページだけ。



BUBKA 2015.1 宮前杏実待望のビキニ解禁&決意を激白!
「W松井を超えなければ」


――ついにグラビア解禁ですが、僕らとしても「そろそろやります?」とこれまで何度も交渉してきた経緯があったので感慨深いです。
宮前 毎回断ってました(笑)
――ですよね(笑)。それなのにどうして、やってみる気になったのですか?
宮前 やっぱり、こうしてSKE48のシングルのセンターが変わるというタイミングと自分がそこに立つことになったのがきっかけです。本当に気持ちが変わりました。誰にでも与えられるチャンスではないし、期待されていることには全部応えていきたいと思って。
――グラビアもその一つだったと。今回は久し振りにメンバー全員が集められての選抜発表があったそうですが、センターの発表はどのタイミングだったんですか?
宮前 最初に今村(支配人)さんから「センターは二人です」って。それで、言い方は良くないんですけど人ごとのように思ってて、誰がなるか予想してたんですよ。(北川)綾巴はくるんじゃないかとか。そしたら綾巴がまず呼ばれて、次に「宮……」ってきたから「(宮澤)佐江さんだ!」って思ったら……。
――「宮前」だった。
宮前 はい。私、相当顔がヤバかったみたいで、横にいた(松井)珠理奈さんに笑われました。


9月13日の宮前杏実生誕祭をDMMで見て、「宮前がセンターになったら面白いんじゃないかな。でも、選抜に入ったことないから無理かな」、と思ってたらほんとうにセンターになってびっくりしたな。

宮前 結局は超えなきゃいけないと思うんですよね。珠理奈さんも、玲奈さんも。そういう期待もちょっと込めてセンターにして下さったのかもしれないですし。だから「誰でもなれるんだね。選抜もセンターも」なんて絶対に思ってほしくないです。絶対に。ずっと憧れだったし、珠理奈さんを見ていて「簡単になれるものじゃない」っていうのを、ずっと感じてきたわけだから。

――「センターってなんだろう?」って考えました?
宮前 めっちゃ考えました。とにかく後悔したくないって。日々のちょっとのことでも常に全力でいかなきゃいけないし、周りのことも見なきゃいけないし。でも、色々あるけど私は親しみのあるセンターになりたいです。後輩もどんどん増えるので、優しいけどやる時はバシッ!とカッコ良く見せられるような。ただ今は、認めていただけるように頑張るだけです。


 
スポンサーサイト

PageTop