無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラブストーリー The Classic

2003年 韓国映画
監 督 クァク・ジェヨン
出 演 ソン・イェジン、チョ・スンウ、チョ・インソン、イ・ギウ
あらすじ ジヘ(ソン・イェジン)は、古い木箱に入った手紙と日記を見つける。そこには、母・ジュヒ(ソン・イェジン二役)と父の親友ジュナ(チョ・スンウ)との初恋が綴られていた。母には親の決めた婚約者テス(イ・ギウ)がいた。
ジヘは、親友のスギョンに頼まれてサンミン先輩(チョ・インソン)へのメールを代筆している。ジヘもサンミン先輩に密かな恋心を抱いていた。
感 想 猟奇的な彼女のクァク・ジェヨン監督の作品。やっぱり笑うシーンがいっぱい。

ジヘと、その母・ジュヒの二役を演じたソン・イェジンが素晴らしい。

ジヘの母・ジュヒは、国会議員の娘。偶然知り合った(そのきっかけがフンころがし(笑))ジュナとお化け屋敷に行く。お化けならぬ浮浪者の姿を見て一緒に大声で叫ぶシーンが印象的。二人はせっかく親しくなったのに、身分が違うので引き裂かれてしまう。ジュヒには婚約者のテスがいた。テスはジュヒのことをそんなに好きではなかったので、ラブレターの代筆を親友のジュナに頼む。

ジヘは親友のスギョンに頼まれてサンミン先輩へのメールを代筆している。ジヘも実はサンミン先輩のことが好き。

ジュヒもジヘも、なかなか叶わない恋にじっと我慢している。その演技が見事で、アン・リー監督の映画いつか晴れた日にを思い出した。

韓国映画らしく小道具の使い方がやっぱりうまいと思った。

何度もある雨のシーン。そこで登場する傘。
これ 本当に特別な傘なのね。

ジュナがジュヒのために蛍を捕まえるシーンがすごくきれい。
あの蛍 今も生きているわ。

そして、一番重要なのがペンダント。
これを返したくて命をかけて守ったんだ。


何といってもラストが素晴らしい! なかなか手に入れられないからこそ、手に入った時の喜びも大きい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チョ・インソン

チョ・インソンは、スラリとした長身にやんちゃな笑顔が魅力の俳優です。

韓流スター情報館 2006年12月04日(Mon) 15:05


ソン・イェジン

ソン・イェジンは清楚な印象の正統派美人女優で、日本のCMにも出演し、注目されるようになった。

韓流スター情報なび 2006年12月06日(Wed) 10:00


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。