無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

古畑奈和さん その2

次世代の葛藤 古畑奈和

――古畑さんは以前別のインタビューでも言ってましたけど、吹奏楽部に所属していたことで、チームみんなで助けあって同じ目標に向かうのが好きになったんですよね。

古畑 そう、みんなで一緒が好きなんです。ひとりでやってもつまらないし、みんながいてこその私だから。SKE48って『紅白歌合戦』はもちろんそうだったし、各チームとしてだったり各ユニットでも目標を掲げたり、みんなで一緒に達成感を味わえる場所なんですよ。そうするとみんなが笑顔になれるから。私はメンバーの笑顔が見れた時が一番、SKE48にいて良かったなって思えるんです。


古畑奈和さんは、AKBINGO!の歌うまい選手権で優勝して、宮本亜門さんが演出のミュージカルの『ウィズ』のオーディションでは演技・歌唱審査で落選。

――亜門さんとはお話できたんですか?

古畑 最終審査のひとつ前の、レッスン場での審査の時に「どうでしたか?」って聞けたんです。「歌も演技も良かったよ。でもダメなところでいえば、緊張しちゃうところかな。でもそういうことに強くなって、練習もたくさんすれば大丈夫だから」って言っていただきました。歌と演技の両方を評価していただけたのが嬉しかった! どっちもSKE48で、どうしたらいいんだろうって考えながら努力してきたところでしたから。


古畑 うーん……自分がSKE48のセンターというのは、全然考えていなくて。もちろん前に出たいって気持ちはあるんですけど、ちゃんとそれを考えるようになったのも最近で。

――最近、何があったんですか?

古畑 最近というか、東京ドームコンサートの前ぐらいからなんですけど……結構焦りはあって。SKE48の次世代っていえばこの子だよねって言われて恥ずかしくないようになりたいし、いつまでも次世代って言われてもダメだと思うし。


AKB48の次のシングルの選抜には古畑奈和さんも選ばれなかった。

古畑 呼ばれないなって思ってました。この期間に私は何も目立ったことをできてなかったし、呼ばれたら奇跡だなって。でも、入りたい気持ちは……そりゃありますよね。ただ、「お前なんかが」って思われることが怖くて。

――でも、喜んでくれる人はそれ以上にいると思いますよ。

古畑 そうなんですよね。だから、頑張ります。それに私しんどくないとダメなんです。スリルがないと楽しくないから。


奈和ちゃんも花音も、りょうはとあんみがSKE48のシングルのセンターになって悔しい気持ちがあると思うけど。奈和ちゃんのポジションは2列目の真ん中みたいだったから、結構いいんじゃないかな。








スポンサーサイト

PageTop