無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラヴソング

1996年 香港映画
監 督 ピーター・チャン
出 演 レオン・ライ、マギー・チャン、クリスティー・ユン、エリック・ツァン、クリストファー・ドイル
あらすじ 1986年、天津から香港へやってきたシウクワン(レオン・ライ)は、生まれて初めて入ったマクドナルドで、店員のレイキウ(マギー・チャン)と知り合う。シウクワンは広東語がわからずに困っていて、レイキウにその後いろいろ助けてもらう。
感 想 マギー・チャン大好き。私が香港映画を好きになったきっかけがマギー・チャン。「ポリスストーリー」では、ジャッキー・チェンの顔にケーキをぶつけたりするおバカで元気な娘の役。「宋家の三姉妹」では、革命に命を賭ける主役の宋慶齢。本当にどんな役でも出来るなんてすごい。「ラヴソング」でも、いろいろなマギー・チャンが見られる。

マクドナルドに英会話スクールに花屋、ビデオ屋といくつものバイトをかけもちしてお金を稼ぐレイキウ(マギー・チャン)。大陸から来て、広東語が分からなくて困っていたシウクワン(レオン・ライ)に、いろいろ手助けをしている姿は姉御肌。でも、お金を稼ぐのに忙しくて、友達はいなかった。
2人でテレサテンのテープを売ろうとするが、全然売れない。
「テレサ好きだと言うと大陸の出身だとばれる。だから買わないんだよ」

シウクワンは大陸に婚約者のシャオティン(クリスティー・ユン)を残していたので、2人はただの友達のはずが…。
「ゆうべは雨と風が強かったわ。さびしい2人がなぐさめあっただけ」

株に失敗してマッサージの仕事に変わるレイキウ。そこでヤクザのパウ(エリック・ツァン)に出会う。
「大した女だ。オレが恐くないのか」
「恐いのはねずみだけ」

マッサージの仕事をしているときは無表情。
「なぜ笑わない。機嫌が悪いのか?」
「チップをくれたら笑う」

シウクワンとシャオティンの結婚式でのレイキウの笑顔が素晴らしかったです。
「おめでとう」
「ありがとう。来ないかと」
「どうして。素敵よ。夢がかなったのね」

他にもたくさん印象的なシーンがあった。そして、マギー・チャンの演技は自然で、表情も次々に変わっていく。例えば、シウクワンと気持ちがすれ違ってしまうシーンでは、まずシウクワンのしたことに対して唖然とした表情。それが怒りに変わって、次は、「明日どうなるかわからないと思うと不安」という表情になる。

レオン・ライもうまかった。真面目で素朴で広東語が分からなくて戸惑っているという演技がすごく自然。それもそのはず、レオン・ライ自身も同じように、香港に出てきた時に広東語がわからなくて大変だったそうです。

映画の中で次々に流れるテレサテンの曲がまたいい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

香港映画屈指の名作ですね。

最後にお話はグルリと最初に戻って・・
(香港に)着いたわ・・マギーだったのね。

この演出で完敗しました。涙

あいり | URL | 2006年11月13日(Mon)07:13 [EDIT]


あいりさん。
そうですね。これは名作です。
最後は、いいですね。
また最初から見たくなります。

にこ | URL | 2006年11月13日(Mon)20:12 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブソング 甜蜜蜜(劇場)

監督 ピーター・チャン出演 レオン・ライ マギー・チャン エリック・ツァンクリストファー・ドイル

あいりのCinema cafe 2006年11月12日(Sun) 20:20


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。