無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

損切りは難しい。

FXで勝つ手法はいろいろあるけど、負ける理由はほぼ一つしかなくて。それは損切りしないから。

スワップ狙いでポジションを小さくしてやる場合でも、ちゃんと逆指値を入れておかないと一回の負けで破産してしまう。

私ももちろん損切りは苦手で。

ほとんどの場合は損切りしないで我慢してると戻って来てくれるから、それに味をしめて調子に乗ってるとハマってしまう。

損切りがなかなかうまく出来ないのは、トータルでプラスになる自信がないからじゃないかな? 一回で50pipsとか100pips簡単に取れる人なら30pipsくらい損しても痛くもかゆくもない。負けてる人ほど損したくないからますますハマってしまうのかな?

トレンドフォローで難しいのは逆指値の入れ方。移動平均線やトレンドラインで勝てるのが一番いいんだけど、逆指値をぎりぎりに入れるとヒゲが引っ掛かったりストップを狩られたりして、損切り貧乏になって。逆指値なんか入れないでやった方がうまく行くかもしれないけど、本当にトレンドが変わった時にハマってしまう。

長い足でポジションを小さくして逆指値を大きくするのが一番いいんだけど、それだとポジションをあまり大きくできない。資金がたくさんあるなら、日足や週足でやるのが一番いいんだと思うけど。
いろいろな本を読むと、「逆指値は定数で入れるんじゃなくてちゃんとテクニカル分析に従って」と書いてあって。仰る通りだと思うけど、それだと私はまだトータルでプラスに出来る自信がないなあ。逆指値が小さすぎると、勝ってても逆指値に引っ掛かってしまうこともあるけど、損は少ないほうが取り返しやすい。

最近はレンジブレイクルールはほとんど負けちゃう。テクニカル分析に従って逆指値を入れると負けた時にたくさん損をするから、逆指値を小さくして押し目買い、戻り売りを狙う方がいいのかな? でも、それも難しい。

レンジを抜けた後は、もっとトレンドが続くと考えてる人と利食いする人の勢力争いでフラッグになってしまうことが多くて。レンジを抜けた後は何もしないで見てた方がいいんだよね。そして、RSIやストキャスティクスを見てどっちかに抜けたら付いて行けばいいんだけど、難しいなあ。

普通はレンジを抜けた後フラッグなどになったら、次は元のトレンドが再開されるものなんだけど、最近は行って来いで戻ってくることも多くて。
スポンサーサイト

PageTop