無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

SKE48イズム伝承 中西優香×牧野アンナ×宮澤佐江

SKE48の立ち上げ
牧野 当時はどういうチームにしようというビジョンはありませんでした。ただ、AKB48の姉妹グループですから、同じ方向に行ってしまったら存在価値がありません。AKB48にないものをいかに作りだすかっていうことが大事だと思いました。そういうマインドを立ち上げのメンバーにいかにインプットするか。それが重要なんです。1期生のマインドが後輩メンバーに大きな影響を与えますから。

牧野 SKE48はAKB48みたいに苦労することはそんなになかったですから。最初から満員でしたし。なんの苦労もしないで人気だけ出ちゃったら、戻るべき初心や原点がなくなってしまうんです。だから、レッスンで苦労させるしかないんですよ。なるべくハードルを高く設定して、ステージには簡単に出られないんだっていう経験をさせたかったんです。


『制服の芽』公演
牧野 まさに佐江ちゃんが言った通りです。5年前には5年前の戦い方があったと思うんです。個々の力が弱かったからチームが一丸となってお客さんに向かっていかないといけなかった。でも、SKE48はもう第二段階に進まなきゃいけないと思います。

エースとは?
牧野 センターは、普段から一番努力をしていて、一番信頼を得ていれば、みんなハッピーだと思うんです。もしそうじゃなかったとしたら、周りの子達が頑張る意味を見失ってしまいます。だから、センターの子はそういう責任を感じつつ、みんなを引っ張っていってほしいですね。

SKE48が目指す道
中西 今まで相談していたメンバーって同じ環境にいるから、だいたい似たような考えになっちゃって(笑)、だから佐江さんと話すと、「そういう考えもあったんだ!」って刺激になるんです。実絵子とは近い考えだから、深い話をしていると、「やっぱりそうだよね!」「だよね!」で終わるんです(笑)。
――アンナ先生、今後のSKE48はどうなってほしいですか?
牧野 初期から応援してくださる方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、初期メンバーも年齢を重ねたし、大組閣でこれだけメンバーも入れ替われば、違うカラーを出すところに来ていると思います。ただ、ベースにあるのは「みんながひとつになる」ということです。その中で、各メンバーがそれぞれの色を出す。いい戦いをする。お互いに切磋琢磨して、風通しがよくて、パフォーマンスで勝負するSKE48であってほしいなと思っています。



スポンサーサイト

PageTop