無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

人生は引き算

はなが書いた童話の『たんぽぽの目』が出版されて。はなは出版社の編集長から、上京して小説家を目指さないかと誘われる。はなは、この家を離れるわけにはいかないので、と断る。

アサイチがはなに告白しようとしてる時に、おじいやんが倒れたという知らせが来て。(笑)

おじいやんは、はなに。

はなの作る話はおもしれえなあ。
えええ。
今日、何遍も何遍も婿殿に読んでもらっただ。
て? お父に?
ああ。はな、めっけた夢は夢中んなって追っかけろし。この手でわしらの作れんものを作ってくれっちゃ。たんぽぽの目、じいやんでえ好きじゃ。
おじいやん。

おじいやんは亡くなってしまって。

アサイチは、はなに告白はしないで背中を押す。

はなは東京へ行きたいだけ?
うん。
ふんじゃ行けっし。
アサイチ。
一生懸命やって勝つことの次にいいことは、一生懸命やって負けることだ。

お父、お母。聞いてくりょ。
何で、改まって?
おらを東京に行かしてくりょ。
て?
おら、本気で夢を追っかけてえ。本作る仕事につきてえさ。おら、これまで人生は足し算だと思ってた。明日は必ず今日よりもいいことがあるって信じてた。ふんだけんど、大好きなおじいやんが死んでしまって。人生は引き算なのかもしれない、ほう思ったら何だかじっとしていられんくなったさ。勇気を振り絞って自分の足で一歩を踏み出さんきゃって。
ほれで東京の出版社に?
お願えします。おらのわがままを聞いてくりょ。
はながほうしてえなら、ほうしろっし。

花子とアンで一番言いたいことは、「人生は引き算」なのかな? 何かを選ぶというのは引き算をしていくことなのかな? かよも、ももも。兄やんも、蓮子さんも。
スポンサーサイト

PageTop