無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

AKB48 第6回選抜総選挙

選抜総選挙は「CDの選抜メンバーをファンに選ばせてよ」っていうことから始まったのに。いつの間にかこんなに大きな行事になってしまって。

今年から80位まで発表されるようになって。

圏外だからといって頑張ってる人は頑張ってるし、頑張ったからって順位が上がるとは限らないのも難しいと思う。投票するのは手間もお金もかかって大変だけど、選ばれるメンバーの方がもっと大変。

40.木下有希子



ずっと速報選抜って言われ続けて、やっと入ることが出来ました。皆さん、本当に心から本当に心から感謝しています。本当にありがとうございました。あの、本当にびっくりしすぎて椅子からコケてしまったんですけど。あの、ここからの景色を見ることが出来て、みなさんカッパ着てますが、うれしいです。これからも木下有希子らしく前に進んでいきたいと思いますので、みなさんこれからも私への応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

投票締め切り近くなってからネットのBUBKAにインタビューが載って。松村香織の今夜も1コメダも追い風になったのかな? SKE48ファンなら木下有希子さんがすごいのはみんな知ってると思うけど、やっとランクインで来た!







カメラマンさん、須田亜香里さんと木﨑ゆりあさんを撮ってるのがさすがだなあ。ちゃんと調べてるんだね。

12.宮澤佐江

ねえ、何でスピーチの途中でCMを入れるの!! ネットで探してCMが入ってないのを見つけた。





カメラマンさん、まだ呼ばれてない宮脇咲良さんを撮ってる。11位に入ってびっくりした。

今、このステージで、このステージに立てていること。そして、このスピーチの時間をいただけていること。ほんとうにうれしいです。これも全て、この12位という皆さんがくれた結果があるから、ここに立てています。ええ、投票してくださった皆さん、そして応援してくださった皆さん。たくさんの愛を本当にありがとうございます。ええ、この去年の総選挙からの1年間は、私のアイドル人生でまた忘れられない1年となりました。いろいろな感情を持たせていただいて、たくさんの出会いもあり、いろんな方とかかわらせていただいて。うん。もう、本当に。ええ、本当に感謝しています。最近、ああ、最近かな。ここ2、3年は正直不完全燃焼な年を繰り返してました。でも、また48グループの1メンバーとして力になれるよう、これからの48グループをもっともっと盛り上げられるような人に、なります。

改めて、今まで当たり前だと思ってたステージに立つということの喜びを本当に知れた1年でした。うーん。この喜びをしっかりと皆さまにこれから返したいと思いますし、素敵な背中を後輩に見せられるように前を向いて頑張っていきます。本当にありがとうございました。


8.小嶋陽菜



今年も、たくさんの応援ありがとうございました。そうですね、今年の総選挙もいつも通り速報が17位と低くて。ええ、いつも通り私がツイッターをつぶやいて。いつも通り、ファンの皆さんがそこからやる気を出して頑張って下さって。ええ、今回もええ、速報からぐんっと上がった8位という結果をいただけて。本当にうれしいです。ええ、私はAKBのこのAKB人生でもう悔いはありません。ええ、私、小嶋陽菜は、ここで卒業発表をしようと思いましたが、しませーん。





峯岸みなみさんも、びっくりしてる。(笑)

はい、驚かせてしまってごめんなさい。ええ、すいません。ええ、私はAKBに入って8年間、もう本当に楽しいことがいっぱいあって。今回も、この総選挙は、ファンのみんなと思い出を作るために出たので、本当はここで卒業を発表しようかなと自分で決めていました。ええ、でも。先日、AKBでにとって何かいろいろなことが起こりました。それを受けて、私はもうちょっとだけここにいて、私にできることをやろうと思いました。私の卒業発表は、みんなが心から笑顔になれる時にしようと思います。

ええ、それとですね。理由はもうひとつあって。こないだ、あのネットを見たんですけど。あのう、今年の総選挙で卒業発表しそうな人ランキングで、あの。私が1位になっていたので、これは、ここは絶対にしないぞということで。あの、発表するのをやめました。ええ、私も発表する時は、あのあっちゃんやまりちゃんみたいに、ファンの皆さんからの「ええー」という声が聞きたいです。なので、こういうイベントとか大きいコンサートがあるたびに、卒業の噂をしないで下さい。ええ、残りのAKB人生が後どれくらいか分かりませんが、最後までみんなと楽しみたいと思います。本日は本当にありがとうございました。


5.松井玲奈



ええっと皆さん、長い間雨の中ですけど、会場の皆さん大丈夫ですか? はい、ありがとうございます。ええ、本当に今日私も一日この会場にいて、雨の中会場の皆さんと時間を過ごして。本当に、何て言うんですかね、この雨の中私たちを応援しにここまで来てくださるっていうその熱量だったり。今日、今テレビをご覧になっている方、私たちのことを気にかけて下さる方がこんなにもたくさんいるんだなっていうことが、すごく誇らしく思いました。ええ、私たちアイドルは、何ですかね。興味を持っていただける方がいないと、やはり活動していくことが難しかったり。今日も、この雨の中なので、正直どれ位お客さんが来て下さるのかなっていうことがとても不安だったんですけれども。でも、今日はたくさんの方が来て下さってとてもうれしいなって思っています。そして、ええ、今回のこの総選挙、そして今までも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

はい、ええ。多分私だけじゃなくて、他のメンバーもそうだと思うんですけれども。みんなやっぱり、ステージに立つことがとても好きで。うん。人生をかけてこの場所にいるんだなっていうのを思うことがたくさんあります。それは、学生メンバーが学業と両立をしながら頑張って活動をしていたり。ええ、私もそれを経験していたので。そういう姿を見ると、みんな人生をかけながらここに立っているんだなと思っています。

ええ、私もこの48グループの活動、そして今はそして今は乃木坂46もありますが。全てのことに自分の人生をかけて活動している自信があります。これからも皆さんに楽しんでいただけるように、素敵なプレゼントを今日はいただいたので、この先皆さんに私からのプレゼントをたくさん届けることが出来るように、頑張って活動をしていきたいと思っています。そして、SKEは今年絶対、全国ツアーをやりたいと思います。待っていて下さい。ありがとうございました。

楽しかったです、今年の総選挙。あの、皆さん。最初に不安な感じにしてしまったんですけど、とっても楽しかったです。これお家に飾ります。ありがとうございます。


4.松井珠理奈



まずは応援してくださった皆さん、そして投票してくださった皆さん、ありがとうございます。4位というこんなに素敵な順位をいただけたのに、こんなことを言うのは申し訳ないんですけど。やっぱり1位になれなくて悔しいかって聞かれたら、すごく悔しいです。でも、1位になれなかったのは私の頑張りがまだまだ足りないからだと思います。だから、ここで皆さんと約束をさせて下さい。私、松井珠理奈は、これから今まで以上にSKEとして、そしてAKBとして努力します。そして、来年18歳を迎えての総選挙では1位になります。皆さん、これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

玲奈さんとは何て対照的な。11歳の時から珠理奈はすごく頑張ってるから、無理しないで。玲奈さんも「1位になりたい」と言ってたけど、それは常に上を目指すためで、本当に1位じゃなくても満足してる。っていうか、総選挙はCDの選抜を選ぶためのもので、順位はファンからのプレゼント。

2.指原莉乃



投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。ええ、正直、すごくすごくすごく悔しいです。俺も? 良かった。あのー、すごく悔しいです。なんですけど、こないだ本屋さんでOL風の女性がお友達と一緒にAKBが表紙になっている雑誌を見てるのを見ていて。「どの娘が1位なの?」って言ってたんですよ。で、もう一人の人が「この娘」って指原のことを指さしたんです。そしたらその子が「こんなのが1位なんてAKBおかしいんじゃねえの」って。言ったんですよ。あたし、すごく悔しかったんですね。なんですけど、その時に、一番悔しかったのが、「こんなのが1位なんて、AKBすごい簡単じゃん。あたしだってAKBに入って、楽な人生送りたい」って。言ってたんですよ。それがすごく悔しくて。今、その人がテレビを見ているか分からないけど。テレビを見ていたら言いたいです。AKBはそんなに簡単な場所じゃないです。たくさんの人が、悩んで悩んで、やっとここまで来ています。まだ、誰が1位になるのか分かりませんが。



分かんないけど。私は、これでも一応、1位のプレッシャーを経験している身です。なので、私はそのメンバーを全力で支えたいと思います。どんなに辛いことがあっても、悲しいことがあっても。私たちAKB48は絶対に負けません。これからも応援よろしくお願いします。

1.渡辺麻友



私は、2年前の総選挙のスピーチで第1位になりたいという目標を掲げました。でも、去年はその夢は叶わなかったのですが。その時は1位に向かってただひたすら頑張った1年だったので、ひたすら真面目に頑張って努力することだけが全てではないんだなと思い。一瞬は1位になる夢を諦めかけてしまった、そんな自分がいました。でも、そんな時にファンの皆さんがたくさん暖かい言葉をかけて下さって。次こそは絶対に1位を取ろうねと、言葉を言ってくれて。私はその言葉を聞いて、こんなところで諦めてはいけないなと思い、次こそは絶対に1位を取るんだと固く決心しました。

私は、12歳の時にAKB48に入り。今年、二十歳になりました。ここまで歩んで来て、たくさんのことがありました。でも、私は人生は一度きりなのだから、せっかくこうして大好きなAKB48にオーディションに合格して入ったんだから、やれるところまでやりたいなと思い、今日、この日まで歩んできました。本当に今日まで諦めないでやってきて良かったなと、改めて思います。自分の信じた道を行き、そしていつも応援して下さるファンの皆さんのことを信じ、やって来て本当に良かったです。

私がAKB48に入った時、私は3期生だったので、私の目の前には先輩がたくさんいました。そして、新しい後輩がたくさん増えて、姉妹グループも出来て、それと共に私の尊敬するたくさんの先輩も、たくさん卒業されて行きました。卒業されてしまうのはやっぱり寂しくて、私が入った頃のAKB48はどこへ行ってしまったんだろうと思うこともありますが、今、このAKB48の3期生として残っている私がしっかりと力強く、前を向いていかなければいけないなと思います。今までは先輩の背中を見上げながら、後に付いて行くように活動してきましたが。先輩ももう少なくなり、そして、今日こうしてたくさんの方の応援のおかげで1位という本当に素晴らしい順位をいただいたので、もう先輩の背中を見上げて後に付いて行くことは出来ません。これからは、たくさん今いる後輩たちが私の背中を見て、この先輩に付いて行きたいと強く思ってもらえるようなそんなメンバーになりたいと思います。そして、これからは先輩の背中を見上げるのではなく、AKB48グループの未来を見上げながら、そして、初心を忘れずにたくさんの方への感謝の気持を胸に、前へと進んで行きたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。