無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宮澤佐江さん その3

宮澤佐江×佐藤実絵子×中西優香 チームS公演の真実

宮澤 『RESET』は自分がやっていた公演だったけど、メンバーが違うと全然違うものに見えました。頭の4曲は明るい曲ではあるけど、それぞれ違ったコンセプトがあるんです。それが全部一定に見えました。全部が弾けてる感じだったんです。いい意味で、これを観てファンの方はSKE48を応援しようと思ってるんだなとも感じたんですけど、いろんな踊り方や表現をしたら、もっと面白いチームになりそうだなとも思って。

佐藤 自分たちとしても新しいものを見せていきたいと思っていましたから。でも、移籍や兼任してくれたメンバーって全然違うものを持っているんです。新しい引き出しが増えました。

中西 今まではその引き出しがなかったんです。伝統なのか、SKE48は後輩も含めてみんな似てきちゃうからどう変化をつければいいか、わからなくて。宮澤さんのパフォーマンスを見て、「こうすればいいんだ!」と思ったところもたくさんありますし、みるきーの表現をみて、「ここはこういう顔したほうがいいんだ」とか。違う表現を持ったメンバーから盗んでいきたいですね。

宮澤 私、人に注意することに関してはプロだと思ってるんで(笑)。


AKB48大組閣の意味 PART2

――まずSはいちばん変わっちゃったチームなんですよね。なにせリーダーがSNHとの兼任で外から来た宮澤佐江ですから。
コ 宮澤に対するアレルギーは予想以上に強かった?
――少なくともネットの評判はそうでしたね。だから初日の緊張感はハンパなかったです。
コ 公演自体はどうなんですか?
――これがまた議論になってるんですけど……SKEファンからしたらチームSこそが最強チームでありフラッグシップであって、ここに誇りを持っていたんですね。でもメンバーが次々に卒業して今回の大組閣もあって、当然のように以前とは比べ物にならないクオリティなわけですよ。

――なんで泣いたかっていうと、逆風のなか闘ってる宮澤の姿を見てたら泣けてきちゃって。

――宮澤よりはるか後輩のSKE5期生6期生が涼しい顔して踊ってて、その後ろでレジェンドの宮澤がフラフラになっている。こないだも宮澤がアンコールの『ピノキオ軍』を踊ったあと倒れそうになっちゃって、中西(優香)が「佐江さん、大丈夫ですか!」って支えてたんですよ。そうしたらファンから「佐江ちゃん、頑張れ!」って声援が飛んできたんだけど、宮澤は「頑張れとかってむしろ傷付くし!」なんて言ってて。


やっぱり、さえがSKE48に兼任になったのはSKE48にとってプラスみたい。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。