無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボラティリティ

FXで一番大事なのは、ボラティリティなのかなー?

私がFXを始めた頃は、ギリシア、イタリア、スペインなどの債務危機でずっとユーロが主役で。ドル/円なんてほとんど動かなかった。だから、ユーロが下がってたらユーロ/円を売って、ユーロが上がってたらユーロを買うのは怖いから豪ドル/円を買う、ってやってた。

ユーロ/ドルは1日に200pips近く動いてたと思うから、今から思うとやりやすかったんだなあ。

最近はユーロ/ドルはひどい時は50pipsくらいしか動かなかったりする。

ドル/円もアベノミクスの時はたくさん動いたけど、最近はウクライナの影響か知らないけど100pipsも動かなくなっちゃった。

ボラティリティが大きい時は、トレンドと逆向きでも、移動平均線に戻ってくる時でも勝てるんだけど。ボラティリティが小さい時はトレンドと逆向きは全然勝てないなあ。そして、トレンドフォローしてもトレンドは急に終わることもあるから難しい。

トレンドフォローにはトレンドライン、移動平均線、GMMA、RCIとかいろいろ方法があるけど、結局どれだけトレンドを信じて長くホールドできるか、なんだよね。逆指値を大きくしたら利を伸ばせないとトータルでプラスには出来ない。

もう本は充分に読んだからいらないや。移動平均線、トレンドラインで勝てるのは上級者だけ。

トレンドはいつまで続くか分からないから、逆指値を大きくして勝つのは難しいと思う。私はやっぱり逆指値を小さくしてスキャルピングの方がやりやすいと思う。

そのためには、出来れば真っ直ぐに進む時を狙って。

最近はサボってたけど、やっぱりちゃんと60分足、15分足でトレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインを引いて。でも、ラインやフィボナッチリトレースメントよりも平均足を信じて。

あんまり利を伸ばさないでさっさと利食い。利を伸ばしてて戻って来ちゃったらさっさと逃げないと。利を伸ばすよりも損を少なくしないと。

レンジを抜けた後はフラッグなど狭いレンジになって全然動かなくなることが多いから、手を出さない方がいいみたい。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。