無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

ターンレフト ターンライト  向左走・向右走

2003年 香港映画
監 督 ジョニー・トー、ワイ・カーファイ
出 演 金城武、ジジ・リョン、エドマンド・チェン、テリー・クワン
あらすじ バイオリニストのジョン(金城武)と雇われ翻訳家のイブ(ジジ・リョン)は、壁一枚を挟んで建てられたアパートの隣同士に住んでいる。しかし、アパートを出た後、ジョンはいつも右に曲がりイブは左に曲がるので、一度も顔を合わせたことがなかった。ある日、公園で知り合った2人はお互いが運命の人だと気が付いた。
感 想 金城武とジジ・リョンの共演は『君のいた永遠』以来二度目。原作は、台湾ではベストセラーになった絵本、『君のいる場所』  ジミー  (小学館)

ああ、久し振りの香港ドタバタラブコメディ! 運命の二人が実はすぐ近くに住んでるのに、なかなかそれに気が付かず会えない、という設定は、多分たくさんドラマや映画になっていると思う。香港映画だと上海ブルースを思い出す。

金城武が演じたのがバイオリニストのジョン。ジジ・リョンは翻訳家のイブ。イブはホラー小説を訳すかたわら、W・シンボルスカの『恋』という詩を訳した。ぜひ出版したいと言うけれど全然相手にされない。『恋』という詩は映画の中で何度も登場。

二人は信じる。
求める気持ちが出会わせたのだと。
信じ合う心は美しい。
でも揺れ動く心はもっと美しい。

ジョンとイブは隣同士の部屋に住んでいるのに、全然顔を合わせたことがなかった。それが、公園の噴水で運命の出会いをする。イブは翻訳した詩の原稿を噴水の中に落としてしまう。それをジョンが噴水の中に入って拾う。ところが、その時ジョンの楽譜をイブが間違えて噴水の中に落としてしまう。それも全部拾い、芝生の上に並べて乾かす。

いろいろ話しているうちに、何と二人は学生時代に同じ公園で出会っていたことを知る。別れる時にジョンが電話番号を書いた紙をイブに渡したのに、イブはそれを電車に置き忘れ、連絡が取れずにいた。でも、二人とも相手の学生番号を覚えていた! いろいろ話しているうちに雨が降ってきて、ラブストーリーと同じようなシーンが。これは真似したのか? 二人は電話番号を書いたメモを交換して別れる。でも、そのメモは雨に濡れて番号がよく読めなくなっていた。

ここまででも、イブのおっちょこちょいな行動に何度も笑ったけれど、ここからがいよいよドタバタラブコメディのスタート。

ジョンもイブも、雨に濡れて番号がよく見えないメモを見ながら、でたらめに番号を押して電話をかける。そして、偶然二人とも同じ食堂につながり、出前を頼む。出前を持ってきた女の子、シャオホン(テリー・クワン)は、ジョンにひとめ惚れ。シャオホンは、次に出前をイブの部屋にも持っていく。そこで、ジョンの探している相手はイブだと気が付く。でも、シャオホンはジョンが好きだから、二人を会わせないようにに邪魔をする。

シャオホンを演じたテリー・クワンがぶっ飛んでておもしろすぎる~。ちょっと前の香港映画、『恋する天使』や『金玉満堂』のアニタ・ユンを彷彿とさせるお馬鹿さん演技全開!!

ジョンもイブも雨に濡れたせいで風邪をこじらせ、病院に入院。そこでイブは、学生時代に強烈な告白をされたことがある医師、フー(エドマンド・チェン)と再会してしまう。フーは、ここで再会したのも運命だと言って、プロポーズする。(爆)

運命の二人がなかなか会えない切なさよりも、出会う邪魔をするシャオホンとフーのおもしろさが強烈に印象に残った。上海ブルースでも、運命の二人の邪魔をする形になった踏み台(サリー・イップ)がめちゃくちゃおもしろかったのを思い出す。

ジョンとイブは一枚の写真に一緒に写るくらい近くにいても、お互いに気が付かない。

幻だ。
お互いが見えない。

最後は、もちろん二人は感動の再会を果たすのだけれど、再会の仕方がすごい!! まさかそんなことをと思ったら、本当にそうなって驚いた。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

題名から受ける印象とは・・・。

題名から受ける印象とはかなり違っていた映画でした。
もっと、まじめでしっとりしているのかと。^^
それはそれでおもしろかったのですが、ラストが・・。
ありえないっ!!!笑

そこまで持っていったことに、うけました。^^

kurumi | URL | 2006年10月29日(Sun)08:12 [EDIT]


そうですね。

まさかドタバタコメディとは思わず見に行きました。
こういうのは大好き。
ラストは、すごいですね。
さすが香港映画。

にこ | URL | 2006年10月29日(Sun)19:40 [EDIT]