無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

為替鬼さん その5 負けないトレードテクニック

ああ、やっぱり為替鬼さんも両建てをやってたんだ。スキャルピングで「両建て、ナンピン」ってすごいなあ。

両建て外しに失敗したらナンピン。

って、危ないよ! 私には真似できないなあ。50万通貨単位で「両建て、ナンピン」っていうのもすごすぎるし。

両建てへの一般的な批判は、損切りと同じ効果しかなく、非合理的だ、損切りよりもスプレッド手数料分だけ損するというもの。
確かに、両建ては外すのは難しく、ナンピンは資金管理が肝となるため、下手をすると取り返しのつかない事態につながることもあるのは事実です。


両建てと損切りは全然違います。損切りは損を確定させるけど、両建ては含み損です。含み損を取り返すチャンスはいくらでもあります。スプレッド手数料なんてほんのわずかだから、誤差です。

両建てはどこが天井、底になるかの判断が難しくて。60分足か15分足で見るのがいいと思う。両建てしたら慌てないで翌朝まで放置するのが一番いいのかも?

私は両建て外しに失敗したらナンピンじゃなくてもう一度両建てしてました。買いポジションと売りポジションの差がどんどん広がって含み損が増えて怖いけど。日足、週足の大きなレンジを抜けたら損切りです。

私が2011年に勝てたのは、ユーロ/ドルがずっとレンジ相場だったから。日足のレンジを抜けたら損切りするようにちゃんと逆指値を入れてたから。ユーロ/ドルは1.40を切ってから一度も1.40に戻ってません。

両建てはドル/円やクロス円通貨よりもユーロ/ドル、ポンド/ドルなどのドルストレートの方がいいんじゃないかな?

両建ては含み損が増えるのが怖い、最後の損切りがもっと怖い。私なら1,000通貨単位でしか出来ないから、両建てしないで勝てるようにいろいろやってるんだけど難しい。

 
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。