無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

為替鬼さん その3 テクニカル指標はどこまで有効か?

テクニカル指標は確率に過ぎない。

私が使っているテクニカル指標。
長期と短期の移動平均線2本と、ATRというインディケーターだけです。
ATRの値が大きい時、2本の移動平均線のゴールデンクロスでロングポジションを構築します。
ATRの値が小さい時、2本の移動平均線のデッドクロスでロングポジションを構築します。


私は平均足大好きなんだけど、トレンドが弱いと全部負けちゃうんだよね。だからRSI、ストキャスティクスなどをいろいろ組み合わせて工夫してるんだけど、まだ勝率が安定しなくて。「トレンドが弱い時は逆に仕掛ける」も試してみようかな?

ATRはある一定期間の値動きの大きさを数値化してくれるので、ボラティリティに応じて利食い幅や損切り幅を可変することが、トレードで継続的に勝ち続けるために極めて有効です。
そもそも値動きが小さい状況と大きな状況で、利食い幅や損切り幅が同じというのは、どう考えても合理的ではありません。たとえば、相場の状況を無視して、一律で何Pipsで損切りという売買ロジックには、何の優位性もないことは明らかです。
不要な損切りを最小限にとどめるためには、値動きの大きさと損切りの値幅との間の相関関係を徹底的に検証する必要があります。


ボラティリティが大きい時は、逆指値を小さくするとすぐに引っ掛かってしまうんだけど。私はやっぱり逆指値を大きくするのが怖いなあ。だから、ボラティリティが大きい時はあまりやらない。でも、欲張ってついつい手を出してしまい失敗するんだけど。

私はATRよりもボリンジャーバンドの±2σの幅で見てます。

スポンサーサイト

PageTop