無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

為替鬼さん その2 為替取引における「投資の常識」とは何か?

私にとっての損切りは、「必要悪」という位置づけで、できるだけ損切りをしないで、後の展開(分割売買、うねり取り、ツナギ売買など)により利益に変えていきます。

損切りをした後に後悔しないためには、損切り値幅の統計的な優位性を、徹底的に検証する必要があるということになります。


損切りした後で戻って来ても仕方ないのではないでしょうか? 無駄な損切りかどうかは後になってみないと分からないし。上級者なら、これは損切りしないと危ない、これは大丈夫って判断できるんでしょうけれど。

トレンドラインなどで判断してもストップ狩りがあるし。逆指値をもっと大きくしたら、トレンドが本当に変わった時に損が大きくなってしまう。

私も前は損切りはほとんどしないで両建てを使っていましたが。両建てでもちゃんと逆指値を入れていました。そのおかげで2011年は儲かったけど、2012年は調子に乗って逆指値を入れないでやって、ハマりました。まさかドル/円やクロス円があんなに上がるとは考えてなくて。為替相場は何が起こるか分からないから、怖い。

私はまだ、「損切りはできるだけ早くする」というレベル。トータルでプラスになればそれでいいと思う。

スポンサーサイト

PageTop