無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちりとてちん 印象に残ったせりふ 24

最終週 笑う一門には福来る

売らんかてええんと違いますか?
ん?
売ってしまわんかて、この家改装して常打ち小屋に出来るんと違いますか?
そうですね。改装やったらまるまる建てるほどお金かかりませんしね。
な?

良かった。これからもずっと師匠のそばで落語が出来ますね。
な?

エーコは若狭塗り箸製作所を継いで、社長さんになっております。

けどほんま、エーコちゃんとこの寄付があらへんかったら、この小屋建ったかどうか分からへんで。
寄付やなんて、広告費です。
またまたご謙遜を。
笑いもお箸も毎日欠かせんものやで、製作所のコンセプトとしてもぴったりなんです。
けどエーコちゃん、ほんまにありがとう。
ありがとう。
ありがとうございます。
せーの。エーコ、エーコ、エーコ。エーコちゃーん。
ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい。
ビーコ。また妬んどんと違うやろね。
え?
エーコばっかり人気もんやとか言うてねとーっと妬まんといてよ。
そんなこと思うとらんわ。
どうかなあ、ビーコのことやさけえ。
そもそも自分のほうが人気もんや思うとることが厚かましいわ。
何よそれ?
私はもうキャリア13年の人気落語家なんやでえ。
キャリア13年の人気落語家が扇子と手ぬぐい忘れて高座に上がるやろうか。
こないだはたまたま。
はあ、たまたま。
たまたま。
お前らはほんまに喜六と清八みたいやな。

この何年か後から私とエーコはほんまに喜六と清八みたいに二人で旅行に出かけるようになりました。草々兄さんのことも子供の頃のことも、アホみたいに大笑いしながら話しています。

正典くんの塗り箸は製作所の、いや小浜の看板ですよ。
看板け。
ええ。看板。
けど、わしがこねして塗り箸作り続けられるのは、秀臣さんとこと提携させてもろたおかげや。それまでは自分がええ塗り箸作って、人に喜んでもらうことばっかり考えとった。ほやけんど、秀臣さんとこと仕事しとるうちに、ほやないと思うようになった。わしはみんなに支えられて塗り箸作っとんのや。いやあ、ほんまに秀臣さんとこには親子二代にわたって世話になりっぱなしやの。
はい?
あ、ほれ。喜代美らが作っとるあの常打ち小屋に、清海ちゃんが寄付を申し出てくれて。
ああ。いや、地方の少企業にしてみればかえって大きな宣伝ですよ。
いや、ほやけんど。
うちの清海も助かってるんです。「同姓同名の和田喜代美ちゃんが転校して来た」ってうちの清海から聞いた時、すぐにピンと来ましたよ。正典くんとこのお嬢さんだって。ほら、きよみって名前。昔よく行った三丁町の舞妓さんのきよみちゃんから。
しーっ。糸子に知られたらエライことで。
やっぱりそうでしたか。いや、僕もそうなんですよ。静には内緒ですよ。

何?
ほんまのこと言うて、最近よう分からんねん。
何が?
ほんまに私は、師匠の落語を伝えて行く仕事が出来とんのやろうかって。
ええ?
創作落語を作って高座にかけて、お客さんに笑うてもろって。それはほんまに楽しいねんけど、何かこう違う気して。気のせいやと思うんやけどね。

今思えば、それは気のせいではなく予感でした。

蜩か。
もう夏も終わりでっせ。
うん。若狭、どないした?
蜩。ひぐらし亭いうのどうですか?

落語が好きで好きで、一日中落語をやっとるような人達が集まって、毎日毎日落語をやっとる小屋が出来上がる。そねしてだんだん、みんなが自然に集まってみんなが笑ってくれるという場所になっていく思うんです。
はあ、なるほどねえ。

おお、これはもしかして?
頼まれてたひぐらし亭オープンの日に配るお弁当や。


喜代美は味見をしたら気持ち悪くなって。

若狭、どないやったんや? どっか悪い言われたんか?
違うねんって。お目出度やって。
3ヶ月やそうです。
若狭、ありがとう。
草々、若狭。おめでとう。

若狭。お母さんの言いはるとおりにせえ。
草々兄さん。
俺かてな、お前とお腹の子どもが一番大事や。

ビーコ。
順ちゃん。
おめでとう。
順ちゃん。
体調どう?
順ちゃーん。
もう、何やー。

そらあ残念やな。
残念いうか、ほんまショックやでえ。
そんなに出たかったんけ?
そらあ。私なりに今まで落語頑張ってきたんやでえ。ひぐらし亭の初日言うたら今までの総決算みたいな晴れ舞台になるはずやったんや。こんな時に兄さんらと一緒に高座に上がれんで一人隅のほうで見とるだけやなんて。いざという時に役立たん。相変わらず不器用で間の悪い脇役のビーコのままや。あの頃のままや。また私は上がりたいステージに上がられん。高座からお客さんの笑顔を見ることが出来ん。こんなんやったらおじいちゃんとの約束守られん。ぎょうさん笑うて生きて行くことが出来ん。
ほんまにトラウマになっとんやな。あの学園祭が。ほんでも、大丈夫や。伊達に13年修行積んどらんのやでえ。似たような経験したかて同じ結果にはならんはずや。きっと何か、新しいもんが見えてくるはずやでえ。

久し振りに、そして史上最大の順ちゃんの大予言が炸裂していたのですが、私はまだその意味を理解しておりませんでした。

上方落語悲願の常打ち小屋、ひぐらし亭。オープンの日を迎えました。が、


みんな気を遣って、喜代美は手伝うことがない。

ほんまにきれいですね。
ん?
お弁当。色取り取りやし凝っとるし。
喜んでもらえたら嬉しいわ。
あたしの学生時代のお弁当は、もう酷かったでえ。茶色いんです。毎日毎日。基本が昨夜の残りやでえ。しかも汁もん入れたりするさけえ、汁がこぼれて包がべちょべちょになったりして。
子どもに持たせる弁当言うたら毎日のこっちゃさかいなあ。このお弁当は言うたら今日だけ作ったらええのやよって、そらなんぼでもきれいな凝ったもんが出来るわ。けど、毎日いうことなったらそうはいかへん。早う確実に、しかも子供の体のこと考えて作らなあかんねんから。毎日続けるいうのは、それだけですごいことやで。

失礼します。お母ちゃん?
んん、喜代美。
何しとん?
何っておしゃべりや。
若狭、おもろいお母ちゃんやな。
あんたうろうろしとって大丈夫なんけ?
お弁当配るだけやさけえ。これ、今日のお祝いのお弁当です。

失くなって初めて分かるお箸のありがたみですやな。うちの主人、若狭塗箸の職人やでえ、いっつも言うとんのです。お箸は食卓の脇役やって。ほやけど、どんなごちそうが並んどってもお箸がないと食べられん。お箸はなくてはならん名脇役なんやって。
なるほど含蓄がおまんなあ。

若狭ちゃん、やって見る?
え?
照明。オープニングの挨拶だけでも。せっかくの晴れの日に参加できへん言うて残念がってるってお父さんから聞いてる。大丈夫やって。簡単な照明だけやし。気分悪うなったら僕がすぐ変わるから。
ありがとう。

自分でも掴みきれない思いがこみ上げてきていました。

ええ、お姉ちゃん出番決まったんけ。
うん。体調も落ち着いてきたし言うて。
いつや。
10月11日やって。
ほう。10月11日言うたら、
正太郎ちゃんの命日ですやな。
はい。

その10月11日を迎えました。


喜代美は子どもの頃に毎日聞いてた愛宕山に挑戦して。

本日は、私の最後の高座にお付き合いいただきましてありがとうございました。

何をいきなりまた訳の分からんことを言うてんねんお前は。今までの修行全部無駄にする気か?
まあまあ草々、落ち着け。若狭。今の愛宕山、ほんまに良かったで。
ありがとうございます。
特別な思い入れのある話やったんやろうけど、あれだけ出来たら大したもんや。それだけに解せへんのや。もったいないやないか。
ほやかって見つけてしもうたんですもん。
何をや?
自分のなりたいもの。
喜代美。
糸子、勝手に楽屋に。
あんた何を考えとんのや。お母ちゃんは許さんで。ちゃんと修行続けなれ。
お母ちゃん。
何やの?
ごめんな。
謝るくらいやったら、初めからおかしなことを言いなんな。
違う。そのことやない。小浜出る時、ひどいこと言うてごめんな。
(ここにおりなさい。
いやや。
何でや?
お母ちゃんみたいになりたくないの。)

ごめんなさい。あの頃私、お母ちゃんいう仕事はしょうもない思うとった。自分のやりたいことなんか後回しで、家族の心配ばっかりして。世話焼いて、人のことで笑たり泣いたり。何てつまらん脇役人生や思うとった。けど、ほやなかったんやね。お母ちゃんは太陽みたいにいつでも周りを照らしてくれとる。毎日毎日。それがどんだけ素敵なことか分かったんや。どんだけ豊かな人生か分かったんや。お母ちゃん、ありがとう。ずっとずっとお腹におる時から大事に大事にしてくれて、ありがとう。
何を言うとんのやな、この子は。この子は。
私、お母ちゃんみたいになりたい。お母ちゃんみたいになりたいんや。

ビーコ。
順ちゃん。
うわあ。いよいよいう感じやね。
それを言わんとってよ。
え?
ほやかって痛いんやろ?
痛いよ。
いややあ。
大丈夫。子育てはじめたら出産の痛みなんか大したことなかった思うようになるわ。思うようにならん生きもん抱えて、毎日毎日やってかなあかんねんで。そらもう痛いのかゆいの言うとられんわ。
どねしよう。
ほんな覚悟もせんとお母ちゃんになるって言うたんかいな。
いや、覚悟はしとってんけど。いざとなったらやっぱり。
しっかりしい。あんたはお腹の子供のお母ちゃんだけやなくて、どんどん増えていく草々さんのお弟子さんのお母ちゃんにもならんとあかんのやろ。ほして、ひぐらし亭に出入りする落語家みんなのお母ちゃんになるってそう決めたんやろ。ほな、もうどねしようは禁止や。
はい。
うん。

順ちゃんに出会わへんかったら私の人生はどないなってたんやろうか。想像するだけでぞっとします。

小草若兄さんはついに草若を襲名しました。

奈津子さんはその後に、ほんまにこの本を出版します。本は大して売れず小次郎おじちゃんが道端で叩き売るハメになるのですが、なぜかそんな生活を楽しんでいるようです。

で、何で落ち込んでんの?
今日は、小草若兄さんの草若襲名やったのに、直接お祝いできんかったでえ。

襲名おめでとうございます。
いやいやほんまエーコちゃんのおかげやね。
え?
ほら、あん時小浜でお箸のイベント呼んでくれへんかったら、こないな日迎えることは出来へんかった。あ、えーっと。底抜けに、おおきに。
あ、どういたしまして。

小草若いえ草若兄さんとエーコはこの後なんだかちょっといい感じになっていくのですが、なかなか結婚には至りません。

草原兄さんは長年の功績が認められ、ついに大阪府から権威ある賞をもらいました。

何と四草兄さんは何の疑問も持たずにこの子を引き取って、育て上げたのです。四草兄さん曰く、迷いこんで来たもんはしゃあないのだそうです。

草々兄さんはその後も落語一筋で、弟子入り志願者が後を絶ちません。小草々くんはいつか子の字が取れるようにと、腕を磨いております。しょうもない嘘をつく癖は治りませんが。

正平は務めていた小学校から勝山の恐竜博物館への移動が叶い、後に留学して学芸員の資格を取りました。

おばあちゃんはいくつになっても好奇心旺盛です。

お父ちゃんは工房の仕事の他、若狭塗り箸製作所へ出向いて、若い人たちに仕事を教えております。そして、おじいちゃんに負けない伝統若狭塗り箸の名人になっていきます。

そして。

何?
喜代美、そろそろ心構えしときなれよ。
何が?
2、3日うちに生まれれるでね。
そんなこと分かりますの?
においで分かる。

お母ちゃんは何も変わることなく、毎日毎日お母ちゃんをやっております。

ほんなわけないやな。
お母ちゃんの言うことは聞いときなれ。

私がお母ちゃんになって20年近こうなった今も、ずっとずっとお母ちゃんはお母ちゃんです。

また師匠の愛宕山聞いてんのか。
草々兄さん。
そんなに好きやったらやめへんかったらええのに。嘘や嘘や嘘や。子供が無事に生まれたら、この子とそれからひぐらし亭のお母ちゃんとして、しっかり働いてくれ。師匠の落語、一緒に伝えていこう。
はい。

おかしな人間たちの陽気な道中はまだまだ続いていきますが、お時間です。またいつの日かお付き合いを願います。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。