無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

ちりとてちん 印象に残ったせりふ 22

第24週 蛇の道はヘビー

大阪を離れる磯七さんのお膳立てで木曽山くんは小草々の名前でついに初高座に上がりました。私も自分のことのように嬉しくてたまりませんでした。ところが、

トリを務めるはずの小草若兄さんは急病で出られなくて、代わりに草々兄さんがトリを務めた。

小草若兄さんの「はてなの茶碗」が聞けんかったのは残念やけど、またいつか大阪戻って来る時の楽しみができた言うて、そね言うてました。

登校拒否の子供みたいな真似して。もうやめてしもうたらどないですか? 落語も、何もかも。しんどいんでしょ、もう? 草若の名前に潰されそうになってはるんでしょ? 楽になったらええやないですか? 誰も文句言いませんよ。
誰がやめるか。負け犬のままで、終わってたまるか。

博物館には教員枠いうのがあるらしい。学校の先生が希望して、移動になったら恐竜博物館で働けるんや。教職免許は持っとんやな?
あ、うん。
それやったらそういう手もあんど。
何で?
そんなことぐらい調べたら分かる。知らんかったんか?
うん。気つかんかった。
他愛無いのう。ほやさけえ最初からお父さんに相談したら良かったんや。
ほんまやな。

あ、小草若。
何や。
暮れになあ、久し振りに一門で寝床寄せやるかいう話あんねん。
12月14日です。
12月の14日。
うん。8年前師匠が高座に復帰しはった記念の日や。お前トリで出。
俺が何で?
前かてトリ務める予定やったやないか。客席凍らせてしもうて、それで師匠が出て来はったんやろ。今度こそ立派にトリ努め。それが師匠への何よりの供養や。
今度こそ「はてなの茶碗」聞かせて下さい。
まかしといてな。トリやろ。バッチリ務めるやんけ。
おう。

ところが、

ほんまにひとしは、しゃあないなあ。
高座すっぽかすとこだけ師匠に似て、どないすんねん。
もうええやないですか。小草若兄さんなんかどうなったって。親が草若師匠やいうだけで、噺家として何の才能もあらへんねんから。

それっきり、小草若兄さんは姿を消してしまいました。そして、草若師匠の三回忌を迎えても小草若兄さんは帰って来ませんでした。

あの~、会長。常打ち小屋はうちの師匠の悲願です。どうか。
知らんがな。
必要なんです。お客さんが毎日足運べる。落語聞いて笑ろうてくれはる、そんな場所が上方には必要なんです。
草若と同じこと言いよるな。青臭い一門やで。まあ、もういっぺん考えたってもええで。そのためにはどでかい花火打上げんとな。
花火?
襲名披露や。草若の名前を襲名して、披露興行すんねん。
襲名。
誰がですか?
お前らの中の誰かや。誰でもかまへん。話題になったらそれでええねん。そしたら、常打ち小屋かてビジネスに乗せやすいやろ。
小草若です。草若の名前を継ぐのは小草若です。
草々兄さん。
おらんもんにどないして継がせんねん。ま、こないなったら筆頭弟子が継ぐのが当たり前なんやろうけど。お前らで決めたらええわ。ま、そういうこっちゃ。

草々。お前が襲名せ。
それやったら僕に襲名さして下さい。
ふざけんな。誰がお前なんかに継がすか。
おい、草々。
やっぱり小草若が継ぐべきもんなんや。それが、師匠が望んではることなんや。
師匠がそない言うてはんの兄さん聞いたんですか?
小草若には落語しかないんや。
僕は絶対認めませんから。
四草兄さん。

正平は小浜第二小学校の先生になりました。

奈津子さんは、どね思いますか?
ん、何が?
何で小草若兄さんはおらんようになってしもうたんや思いますか?
喜代美ちゃんのせいやないの?
なるほど。私の。あ、私の?
うん。
どういうこと?
ほら、喜代美ちゃん年季明けの時、小草若のマンションに住むって言うてたやん。結局そのまま草々さんと結婚してしもうたけど。
おおおお、そうやそうや。
あの後、小草若さんからネチネチ嫌味言われたりせえへんかった?
ほんなこと。小草若兄さんはそんな人やありません。
どうやろうな。
え?
ほんまは文句の一つも言いたかったんと違う?
けど、相手は草々さんやもんなあ。中学の時からのライバルやったんでしょ?
なんかそうみたいやで。
そら文句言うとうても言われへんわなあ。自分が惨めになるだけやもん。
黙って頑張ってみたけど、やっぱり落語でも草々くんには敵わへんかった。
とうとう限界に来て失踪。
可哀想に。
喜代美ちゃん、案外肉じゃが女よりたち悪いかも。
このマンション女。

いつもありがとうございます。
あ、んーん。こっちがお邪魔さしてもうてんのやさかい。
あの~、これ。このお仏壇の代金まだ払い終わっとらんのですよね?
おおきに。けど、これは受け取られへん。この代金はひとしに払うてもらう。いつか、きっとな。

四草は俺が説得する。そやからお前が草若を継げ。こんなことでまた徒然亭が天狗芸能にいてられんようになってみい。師匠も小草若も、誰も浮かばれへん。

それは鴻池の犬という話でした。いつか小草若兄さんが草々兄さんを思って稽古していたその話を、今度は草々兄さんが稽古していました。

その頃、当の小草若兄さんが小浜の町に現れたことを、まだ誰も知りませんでした。


小草若は魚屋食堂で焼き鯖を頼んで。

俺も焼き鯖職人にでもなろうかな?
は?
いや、旅の途中で小銭稼ぐためにガソリンスタンドとかでバイトしたんやけど、もう一つ合わへんのやこれが。
何言うとんねん。お前は落語家やろ。
いただきます。
うん。
前よりずっと旨なったな。
え、ほんまけ?
良かったな。自分に向いてるもんが見つかって。

はい。徒然亭です。
ビーコ。あたし。
順ちゃん。どねしたん?
あんな。今さっき友春さんから聞いてんけど。
うん。
昨夜、うちの店に小草若ちゃんが来たんやて。
え?
ごめんな。すぐ言わなあかんことやのに。
ごめんな。そこまで頭回らんかったで。
ほんで?
分からん。まだその辺ふらふらしとるかもしれんけど。
あ、ありがとう順ちゃん。あ、また電話する。ほしたら。

あ、どないしはったんですか?
小草若兄さんが見つかったって。
ええ? ああ、どこに?
小浜。すぐ行ってくるで。草々兄さん帰って来たら言うといて。
嫌です。
よろしく。
いいえ。

小草若兄さん。
若狭。
こんなとこで何しとんですか?
何って晩御飯やん。ここは安うて一番美味しいしな。
ほういうことやなくて。みんな心配しとってですよ。ずっとどこ行っとったんですか?
いや、どこって。あっちゃふらふら~。こっちゃふらふら~って。
はあ。ほんで小浜に何しに来たんですか?
あ、ちょっと野口友春に会いたなって。
友春さんに?
お父ちゃんと残りもん捌きに行っとる。
ああ。
ここまでわざわざ迎えに来てくれたんありがたいけど、大阪には帰らへんで。
ほんなこと言わんといて下さい。今、一門で草若の襲名が問題になっとんです。
え?
小草若兄さんがおらんようになってしもうて、鞍馬会長が常打ち小屋のこと考えてほしかったら、誰か襲名させ言うとんです。ほやけど、やっぱり小草若兄さんが継ぐのが一番や思いますで。戻って来て下さい。お願いします。
どうでもええ。俺には関係のないこっちゃ。
ほんな。
もう充分や。入門してから二十年以上かかって、やっと分かった。俺は落語家やないねんって。
何言うとんですか?
たまたま親が落語家やって、何とのうなっただけで。別に落語なんか興味なかったんやって。
嘘ですよね? 小草若兄さん言うとったやないですか。

(タレント活動かて落語守っていくには大事なことやで。)

あんなこと、ほんまに落語が好きやなかったら言えんと思います。覚えてへんな。俺のことはもうほっといてくれ。


草々兄さんは小浜まで小草若を迎えに行こうとするけど、四草は、
草々兄さん行かへんほうがいいです。
何やと。
行かんといて下さい。
どけ。
行くな。
何やねん。
あんなアホのこと思うてんのやったら行くな言うてるねん。

草若師匠とおかみさんの間に生まれて、可愛がられて育ったくせに。草々兄さんへのコンプレックスかなんか知らんけど、ろくに稽古もせんと。落語は下手やし頭は悪いし、何でこんな奴が兄弟子なんやろうって。夕陽に溶けて無くなってしまえばええのにって。ずっと思うてました。どっか行ってしもうてせいせいしてんのに、何で皆して探そうとしたり、見つけ出して草若襲名させようとしたりするんですか。もうほっといたって下さい。
自分が襲名したいからとちゃうかったんやな。すまん。
けど、それやったら草々師匠が襲名したかて構へんのや...
死んでまうわ。この上、草々兄さんに草若師匠の名前まで取られてしもうたら小草若兄さんはほんまに死んでまう。

草々が襲名したらええやん。そないしてくれ。な。
ほんなこと思うてないですよね。草々兄さんだけには継いでほしいない。それが本音ですよね。いつか話してくれたやないですか。ずっとイライシャ・グレイの気持ちやったって。
そうや。今でもそうや。おれはイライシャ・グレイや。特許の出願がブラハム・ベルより2時間遅れて発明者として名前を残すことが出来へんかった間の悪い男や。追いかけても追いかけても、永遠にこの2時間の差は縮まらへんねん。
ほんなことないです。
若狭かてその方がええやろ。自分の旦那が草若になった方が嬉しいやろ?
それは。
帰ったってもええで。
え?
大阪に。
ほんまですか?
その代わり草々と別れてくれ。
いや。あの。ええと。
嘘やん嘘やん。いけずで言うただけや。ごめんな、喜代美ちゃん。

俺はな、いつかなあいつがな草若師匠の名前を継ぐもんやと思うててん。それをあいつも望んでると思うててん。そやから頑張れ頑張れって、もっと頑張れって言い続けてきてん。でも、もしかしたら追い込んでたんかも分からへん。二十年以上もずっと小草若のこと傷付けてたのかも分からへんねん。
かも分からへんやなくて、そうなんですよ。
よっしゃ、今夜は特別に俺の秘密を聞かしたろ。
何ですか?
あんまり興味ないんですけど。
ええから聞け。
はいはい。
ほんまのこと言うて俺は、鞍馬会長が襲名の話持ち出した時に、「来た」って思うた。筆頭弟子の俺が襲名できる思うた。
いや、けど兄さん自分で「俺は継がへん」って。
言われるのが怖かった。何で草原。一番弟子か知らんけど、何であんな地味なキャリアが長いだけが取り柄の典型的な板の上の芸人の草原が草若やねん。草々やら四草の方がよっぽど華あるわって。影でこそこそ言われんのが怖かった。
いやそんな。兄さん一番の芸達者やないですか。
さあ、そう言われんのは嬉しいけどな。とにかく俺は、そう言われんのが怖うて「草々に継げ」って言うた。言うてからくよくよくよくよ悩んだ。そらなあ、こんだけバラバラな人間が集まって同じ道志してたら、お互い腹ん中でいろんなこと考えんで。それがしんどい。けど、それがおもろい。違うか?
そうですね。

ごめんください。
エーコ? どねしたん?
帰っとるってお兄ちゃんから聞いて。
え? 私。
これ。
ああ、エーコが企画したんやてね。
手伝うてくれんかな? ゲストが弱て人が集まっとらんみたいやねん。徒然亭若狭やったら小浜の人もみんまよう知っとるで。あかんやろか?
え? いや。私でええの? 私なんかで良かったら。
ありがとう。詳しいことはお父さんから聞いて。ほしたら。
うん。

小草若兄さんのために何かできへんやろかって考え始めていました。


魚屋食堂でエーコは小草若と再会。小草若は落語をやめると聞いて、

え、あ。ほしたらどねするんですか?
さあな。探すわ。もっと俺に向いてるもん。あ、今自分何やってんの?
あ、今は家の仕事を手伝うてます。最初は嫌でした。大学も、キャスターの仕事も、中途半端に終わってしもうて。やりたいこと見つけてやり通しとるビーコ見とったら、何て自分ってかっこ悪いんやろうって、悔しくて。ほんでも。これ、うちで作っとるお箸です。お箸は口に入るもんやでえ、安全性が大事です。ほやさけえうちのお箸に使うとる塗料は安全やという証明書を発行してもろて。安全性アピールするようにしたら、ゆっくりやけど売上は回復しとんです。キャスター時代の経験も少しは役に立っとるみたいです。良かったら遊びに来て下さいね。
え、ああ。あのイベントか?
今の私の仕事を見てもらいたいでえ。
あ、うん。

おばあちゃん。
うん?
奪っただけやったんやろうか? 草々兄さんとあたし二人して小草若兄さんのふるさとを。奪っただけやったんやろうか?
いいや。誰にでもふるさとはある。帰るとこがある。誰にも奪うことの出来ん小草若ちゃんのふるさとが。きっとあるはずや。


喜代美はイベント会場で、小草若兄さんに帰って来てほしいというメッセージを込めた創作落語をしようとしてたのに、いろいろトラブルがあって(笑) イベント会場は、草若師匠が小浜で落語をやった時に幼少時代の小草若が終わるのを待ってた場所だった。

落語家たるもん、アクシデントも笑いに変えて自分に注目させなあかんのですが、まだまだ未熟な私でございました。

小草若兄さんのふるさとは、やっぱり落語でした。
スポンサーサイト

PageTop