無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

1,000通貨単位で取引できるFX会社

私は怖がりなので、10,000通貨単位はキャッシュバックキャンペーンでしかやったことがなくて。

1,000通貨単位で取引しやすいFX会社

第1位 ヒロセ通商

もう断トツです。

良いところ

1)スプレッドが狭い。
豪ドル、ポンドでもスキャルピングが出来るなんて。

2)テクニカル分析が充実している。
MT4は必要ないくらい。GMMAもスーパーボリンジャーもスパンモデルもあります。

3)クリックしたらすぐに約定する。
値動きが早いから滑ることは滑るんだけど。

4)ポジションを持つと同時に指値、逆指値が入るようになった。
前はポジションを持ってすぐに逆指値を入れようとしてもレートが急に動いて入れられないこともあって怖かった。

5)売買手数料が無料。
1,000通貨単位だと売買手数料がかかるところもあります。

6)両建ては証拠金が半分でいい。
ここでは両建てはやらないけど。

悪いところ

1)ジャパンネットバンクからクイック入金すると振り込み手数料がかかる。

2)指値、逆指値は3pips離さないといけない。
3pipsならいい方ですが。

3)経済指標の時はスプレッドが広がる。
逆指値のOCO注文は失敗することも多い。

第2位 みんなのFX

良いところ

1)スプレッドが狭い
ユーロ/円が0.6pipsなんて、あり得ない!

2)あまり滑らない。
多少は滑るけど、いい方だと思います。

3)売買手数料が無料
前は1,000通貨単位だと売買手数料がかかったけど、無料になった。

悪いところ

1)指値、逆指値は10pips離さないといけない。
レートが動いてると逆指値がなかなか入らないこともあって困る。

2)テクニカル分析が全然ダメ。
平均足など使えないものが多い。

第3位 外貨ネクストneo

良いところ

1)テクニカル分析が充実している。
外貨ネクストの頃は使いにくいシステムだったけど、外貨ネクストneoに変わってからヒロセ通商とほとんど同じシステムになって、使いやすくなった。

2)売買手数料が無料。

3)経済指標の時もそんなにスプレッドが広がらない。
逆指値のOCO注文はここでやってます。

4)指値、逆指値の値幅制限がない。

悪いところ

1)午前中はスプレッドが少し広い。
ロンドン時間からなら狭くなるんだけど。

第4位 FXブロードネット

良いところ

1)テクニカル分析が充実している。
ヒロセ通商には負けるけど。

2)スプレッドが狭い。

3)指値、逆指値の値幅制限がない。

4)両建ては証拠金が半分でいい。
両建てはここをずっと使ってた。

悪いところ

1)滑りまくる。
クリックしてから約定するまで2秒くらいかかって、良い方にも悪い方にも滑る。ちょうど勢いがつき始めたところで決済すると良い方に滑って儲かるんだけど。指値で引っ掛ければ大丈夫。

2)経済指標の時はスプレッドが広がる。

マネーパートナーズのFX nanoは使いやすいんだけど、ユーロ/ドルが出来ないのが惜しいなあ。
スポンサーサイト

PageTop