無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FXチャート分析マスターブック FX ボリンジャーバンド常勝のワザ 山中康司 実業之日本社

ボリンジャーバンドは伸び縮みするのでずっと苦手だったんだけど、ボリ平さんなどの本を読んでずっとチャートを見てるうちに少し慣れてきたかも?

第1章 山中康司のトレードライフ
色んな本で読んだことと同じことを書いてる。
1回の損失は5%以下に抑える。
ファンダメンタル分析で相場の流れをつかんで、売買タイミングはテクニカル分析で。


第2章 ジョン・ボリンジャー氏に学ぶ基礎知識
+1σに到達したら、順張りで買う。
-1σに到達したら、順張りで売る。

1σなんて見てなかった。ちょっと試してみたら良さそう? 5分足だとせわしないけど15分足ならいいか?

±2σのバンドは、終値の約95%がバンド内に収まることを意味しています。計算に使っているのは終値ですから、高値の上ヒゲや安値の下ヒゲではバンドから飛び出しているケースはありますが、終値はほぼバンド内に収まります。
しかし、次の終値が約95%の確率でバンド内に入るかどうかはわかりません。

これが難しくて。でも、ボリ平さんの本を読んでから少し見えるようになってきたかも? 順張りでも逆張りでも、ちゃんと逆指値を入れれば大きな損失になんかならないです。

第3章 間違いだらけのボリンジャーバンドの読み方
3日間のチャートパターンで逆張りトレード。
3日間ともクロスか、3日間ともバンドの外側でクローズ。

これは大丈夫かな~??

バンドの拡大でトレードをする。
1.バンドが上下に拡大(エクスパンション)
2.チャートが±2σの外側でクローズ

これはタイミングが難しくて。でも、少し分かってきたかも?? 平均足も見てないと危ないんじゃないかな?

チャートとは接していない反対側のバンドが向きを変えた時点で利益確定(損切り)
これは、ボリ平さんが書いてた、「ゴムパッチンの法則」。ドラゴン(遅行スパン)を見てるのが一番いいと思う。

バンド拡大後に逆張りでエントリーする
ああ、これは大好き。危ないけどちゃんと逆指値を入れれば大丈夫。

第4章 常勝のトレードテクニック
ストキャスティクス大好きだけど、RSIやストキャスティクスにトレンドラインを引いてダイバージェンスを見るのはやってないなあ。まだ長くポジションを持つのが怖いから。

RCIは鳥居万友美さんもボリンジャーバンドと一緒に使ってるなあ。バンドウォークがいつまで続くかの判断は難しいなあ。乗り遅れた時は戻って来るまで待ってたほうがいいと思うし。

ボリンジャーバンドの1σと移動平均線のクロスを利用する。
期間5の移動平均線と期間20のボリンジャーバンドの±1σ

MT4でちょっと見てみたら結構当たってそう?



ボリンジャーバンド同士のクロス。
期間5のボリンジャーバンドの±2σと、期間20のボリンジャーバンドの±1σ。
買い=短期の+2σが長期の+1σを上抜け。
売り=短期の-2σが長期の-1σを下抜け。

これも、MT4でちょっと見てみたら当たってそうだけど、線がたくさんあって見にくい。



RSIボリンジャーバンド
これもMT4でちょっと見てみたら当たってるけど、ストキャスティクスの%Dとほとんど同じじゃない?



  
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。