無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FX攻略.com 2014.1 特集 はじめてのFX やさしい資金管理 自分流ルールづくり

実金額を意識した資金管理法 香澄ケイト
レバレッジはそれほど意識しなくても、実金額での損失を意識するほうが資金管理がしやすいと思います。いくらまでだったら損をしていいかというほうが実感しやすいのです。
損失許容量を考えるには、自分の日常生活レベルを尺度にしてみるのも方法です。
重要なのは、保有ポジションが1円動くとどれくらいの損益になるかを把握しておくことです。


最初は、これが全てだと思う。

究極のテーマ、それは資金管理 奈那子
FXで負けてしまうのは、「感情をコントロールできない」ことがほとんどの原因だと、私は思います
ルールを徹底的に守ることで残ってくるものは資金です。


うん、「感情をコントロール」はすごく難しくて。負けると取り返そうとして無理して、ハマってしまう。だから、私はある程度負けたら口座のお金を全額出金して強制的に休んでます。(笑)

両建ても、ちゃんと逆指値を入れてやれば大丈夫です。私がまだFXを続けてるのは、両建てのおかげ。でも、調子に乗って逆指値を入れないでやってハマったけど。(笑) 両建てを否定するなら、トラリピもダメでしょ?

資金管理の方法 鳥居万友美
資金管理の第一歩は、自分の得意なパターンや勝ちパターンが見つかるまでは、小さなロットで取り引きすることです。
そして、ある程度FXに慣れてきたら、自分の実力(トレード成績)から1回の取引におけるポジションの大きさを逆算し、リスクをコントロールすることができます。


勝ち続けるための資金管理の方法 不動修太郎
1回の損失は、高座入金額の5%以内。
利益分は出金する。
まずは、控えめなポジションサイズで、十分に相場に慣れることが大切です。


私なら、5%も損をしたら立ち直れないかも。

資金管理の観点から「FXとカジノ」 鈴川克哉
「勝ち逃げ」のみが勝利の秘訣

私も、最初に勝っちゃったから調子に乗ってやってハマってしまった。でも、最初に勝っちゃったから、その後あまり勝てなくなってもまだ続けてるんだね。

決してむずかしくない資金管理 水上紀行
「うまくいったポジションは、それほどアゲンストにならない」
自分が利食えたポジションのポジションメイクからポジションクローズまでの間に受けた最大アゲンスト幅を合計し、取引件数で割って平均値を出す。


最初に逆向きに行っちゃうとほとんど負けなんだよね。逆指値はすごく小さくするか、日足や週足を見てすごく大きくするのがいいと思う。

必ず負けることを前提に資金管理を考える Mayuhime
「20回くらい負けても大丈夫な証拠金とロット数のバランスでスタートする」
FXは必ず負けることを知る。


口座資金を増やすための資金管理の手法 為替鬼

私は複利運用なんて絶対できないなあ。売買ロットは毎回同じにしないと危ないし。

自分流ルール作り ぬりかべの法則 あおのり先生
相場で利益を出す答えはすべて古典書に書いてあり、あとはその古典書に基づき売買をするだけ。
ぬりかべは、鬼太郎を攻撃する敵の攻撃を防いでくれるキャラ設定がされていますが、結構やられることも多いキャラですね。
私たちも、このぬりかべをチャート上から発見していけば、価格の動きを跳ね返すポイントを見つけることができるようになります。有力なぬりかべ発見のコツとしては、チャートのなかでトレンドを発見することにあります。


私もトレンドラインは見てるけど、トレンドラインは難しい。トレンドラインよりも平均足! 平均足をみてればトレンドラインを抜けるかどうか、もし抜けてもダマシかどうかが分かりそう。もちろん100%じゃないけど。

"月"を使って、取引のルールづくりをしてみよう Sarah
1.ストップの入れ方。
2.ドローダウン。
3.エントリー、決済のタイミング。
4.検証期間
最初は与えられた手法を元に。


取引ルール構築プロセスの3つのポイント 野呂圭一
1.再現性のあるパターンの発見。
取引ルールが有効に機能するのであれば、それには理由があります。
学ぶべきなのは、儲けている人の手法ではなく、儲けている人の考え方です。
2.売買戦略の分類を知る。
トレンドフォロー戦略、順張りスイングトレード戦略、ブレイクアウト戦略と、オーバーシュートの逆向かい戦略の4つです。
3.損切りの価格を決める。
早く仕掛ければ、損切りポイントまでの距離は短くなりますが、勝率は下がります。
逆に、下げ止まったことをじっくり確認してから仕掛けると、勝率は上がりますが、損切りまでの値幅が大きくなります。


取引ルールのつくり方 佐川健
1.1回の取引で損をしても良い金額を確認する。
2.その金額から1回の取引通貨量と損切りpipsと最低利食いpipsを決める。

一度間違った方法を実行してしまうと、次からも同じ方法を実行してしまう、という習性が、どんなに意思が強い人にもあります。逆に、どんなに意思の弱い人でも、一度習慣にしたことは意志の力に関係なく実行できます。


最初に間違った方法で勝っちゃうと、ハマるまで続けてしまうんだよね。逆指値なんか入れなくてもレバレッジを低くすればほとんど勝てるけど、一回の負けで全部失ってしまうこともある。最初からちゃんと正しい方法でやればいいんだけど、最初から正しい方法でやって勝つのはすごく難しいと思う。

自分流ルールづくりの考え方と方法 えつこ
相場が大きく動いて利益が取れたときは、その動き始めに、動く理由となるきっかけがあります。
こういった記録を残していって、市場が大きく動いたときのきっかけをまとめると、それがエントリーする際のトレードルールとなります。

損をした場合は、その損をしたトレードで、エントリーした理由を追求する必要があります。
損をした時間のチャートの動きを観察して、損をしたときのエントリーした理由を明確に書き出して、何がいけなかったのかをはっきりとさせると、それが今後、一番気をつけて避けなければいけない理由となります。


私も、損をした時はノートに書いてまとめてるけど、まだまだ安定して勝てないなあ。

ときに負けを拾いながら、利益を積み上げていくトレード 井手慶之
リスクとリターンは常に連動するべき。
含み益で建値にストップ移動も落とし穴。
何度損切りを繰り返しても、トータルで資金が増えていれば勝ちです。

押し目や戻りで入るのがトレンドフォローの鉄則。
利益を伸ばしやすい。損失が小さくなりやすい。
長い時間足で全体の方向性を判断し、それより短い時間足で局所的な上げ下げを判断します。
フィボナッチから反転のタイミングをはかる。


フィボナッチって全然使ってないなあ。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。