無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちりとてちん 印象に残ったせりふ 6

第8週 袖振り合うも師匠の縁

草々さん。
ああ。
みんなで飲みならんのですか。
何や胸がいっぱいでな。

草々。
はい。
お前は、その頭何とかせ。落語家に相応しない。
ずっと待ってたんです。師匠がそない言うてくれはんの。師匠、ほんまにまた、ほんまにまた落語家に戻りはったんですね。

私には、落語しか出来ません。金返すのも御恩をお返しするのも、他にやり用はないんです。
勝手にせい。この天狗芸能敵に回した一門がどこまでやれるんかせいぜい楽しませてもらうわ。

すまんかったな。
え?
お前のことも付きあわせてしもうて。
何がですか?
うん? 師匠のために無理してここに住んでもろうたんやないか。もう無理せんかてええんやで。
え?
師匠も高座に戻りはったし、こんなむさ苦しいところに無理しておらんかて、好きなところ住んだらええんやで。

な、なんか今、切りすぎへんかったか。
……ゆうことですか?
え?
出て行けゆうことですか? もう私に用はないゆうことですか?
おい。
ひどいやないですか。そりゃ最初は無理やりやったし不安やったけど。最初の晩、草々さんの落語を聞いて、私はこれからここに住むんやなって思うことができたんです。それからずっと、ずっと、私のそばには落語があって、落語のそばで私はいつも泣いたり笑うたり、滑ったり転んだり。私、私。

喜代美。バンが来たさかい、お母ちゃんらは帰るでね。あんたも体に気をつけて。
私、落語家になる。落語家になる。

本気なんか? 本気で落語家になりたいんか?
分かった。
へ?
好きにしたらええ。
ほんまに?
ただし、その前に、お母ちゃんを倒していき。
倒す?
お母ちゃんと勝負して、あんたが勝ったら好きにしてええ。
勝負って?
大根おろしや。
は?

よう分からんけど、そんなんいっぺん断るのがお約束と違うん?
お約束?
あんたの根性試しとんやって。
ほうかな?
しつこい子や思われるのと落語家になれんのと、どっちが嫌や?
落語家になれん方が嫌や。
ほなしつこい思われても、もういっぺん頼んでみいな。

やっぱり嫌や。もう脇役は嫌や。
当時の私は気いついておりませんでしたが、あの時落語家になるのを諦めずにすんだのは、エーコという存在のおかげやったのかもしれません。

あんな、きろく。あんた今弟子にしたらエライことになんのや。
エライこと?
うん。あんた今下宿人やさかい、家賃払うてもろうてるけど、弟子になったらそうはいかん。家賃収入のうなったら、酒が飲めん。
そ、そんなことで。

今の師匠に弟子入りするのは無理や。
へ?
師匠はこの三年、落語から離れてはった。自分の芸にも不安があるはずや。

喜代美ちゃん。
はい。
人間生きてたら予想もつかへんことが起きるもんなの。

あの自分の仕事をそばで見とったもんが、後を継ぎたい言うてくれた。ただそれだけのことが、何でこないうれしいんでしょうな。
そんな大事な日の記念に私の落語を。おおきに、ありがとうおます。噺家冥利に尽きます。

あの日この落語を聞きに行かなかったら、私が塗り箸の修行をやり直すことも、喜代美が落語に出会うこともなかった。何や不思議やけんど、亡くなった父が私や喜代美の進むべき道を照らしてくれとる気がするんです。

あんなに欲しかったお兄ちゃんが、いっぺんに四人も出来ました。

最初の三年は酒と煙草は厳禁や。
分かりました。
それと、アルバイトもな。
はい。
それと、色恋も厳禁や。まあ、あんたの入門は年明けやさかい、除夜の鐘が鳴るまでは自由の身や。

年が明けたら、もう草々さんて呼ばれへんようになる。恋い焦がれてはあかん人になる。分かってたはずやのに、やっぱり切なくなりました。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。