無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FX これが常勝の4大ツールだ! 二階堂重人 実業之日本社

春香さんのストキャスティクスをちょっと試してみたらうまく行きそうで。もっとストキャスティクスについて知りたくて、この本も買ってしまった。二階堂重人さんと言えば平均足なんだけど、この本はまだ平均足については詳しく紹介してない。

第2章 トレードの基本とテクニカル指標

ストキャスティクスのポイント
1.数値 0から100%
2.クロス %DラインとSDラインのクロス(交差)
3.ラインの向き ラインが上と下のどちらを向いているか


私は、%Dしか見てなくて。数値も見るけど、主にはラインの向き。

第3章 FXに勝つ3つの指標 二階堂トレードテクニック

レートの流れに乗る。
元の流れにもどったときこそ、エントリー


二階堂重人さんは、一貫して押し目買い、戻り売りを狙うという方法だなあ。

1.50SMAの向きを見極める。
2.50SMAの傾斜を見極める。
3.50SMAと20SMAの位置関係を見極める。
4.50SMAとレートの位置関係を見極める。
5.買いの場合はストキャスティクスが50%を下回ってからゴールデンクロス。
売りの場合はストキャスティクスが50%を上回ってからデッドクロス。
エントリーするところが20SMAから大きく離れている場合は見送る。


私は、移動平均線から大きく離れてる時に戻ってくるのを取りに行くから、なかなか安定しないんだけど。好きだからやめられない。ちゃんと平均足やストキャスティクスを見て、短い足では順張りになってる。

「FXで稼ぐ人のテクニックvol.2 スキャルピング・デイトレ編」に載ってた、春香さんの1分足を使った逆張りスキャルピング手法は。

買いサイン ストキャスティクス%D 10%以下。
売りサイン ストキャスティクス%D 90%以上。

リミットの基準
3~10pipsの利益が出たとき。
25SMA、35SMA、45SMAのいずれかの移動平均線にタッチした時。


新井邦宏さんの「ストキャスティクス実践ガイドブック」。

「20%以下を安値圏」、「80%以上を高値圏」と単純に決めつけることは危険。
「上昇相場」の押し目では50%ラインで下げ止まり、「下落相場」の戻りでは50%ラインから再び下落することが多い。
「逆バリ」指標として使うよりも「順バリ」指標として使う方がよい場合が多い。


第5章 手法の精度を高める。

トレンドの後半は勝率が低いので、注意が必要。
高値更新・安値更新が重要ポイント。


第6章 ボリンジャーバンドで手法の精度を高める。

ボリンジャーバンドの役割。
1.リスクの判断。
拡がった2σバンドから大きくはみ出している場合はエントリーを見送る。
2σバンドが狭い場合は直近の高値・安値がポイント。

2.利食いの目安。
2σバンドに触れたら利食い。バンドウォークが終わったら利食い。

3.ロスカットの判断。
センターバンドで弾かれたらロスカット。


ボリンジャーバンドは、ゴムパッチンの法則で見るのが一番いいと思う。ボリンジャーバンドには何度もダマされているので、まだ怖いけど。ゴムパッチンの法則とストキャスティクスの向き、RSIの向き、平均足の色が全部そろってから。

  

  
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。