無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

経験に基づいた勘と度胸

「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」を読んでたら今井雅人さんの「外国為替トレード 勝利の方程式」を思い出して。久しぶりにパラパラめくったら、やっぱりすごい本。

トレードをしている最中に、「あ、これはやばいな」という第六感のようなものが働くことがある。相場を見ていて、悪寒が走るとでもいうのだろうか。
このような勘は、最初から見に付いているものではない。誰が言ったかは定かではないが、「経営に必要なものはKKD。経験に基づいた勘と度胸」という言葉を見たことがある。
カチーンとい音が聞けたり、あるいはゾクゾクした悪寒が走ったりというのは、実は別に第六感でもなんでもない。過去に似たような経験をしているからこそ、それが経験値として記憶のどこかに残っているのだ。


私のそういう嫌な予感は、結構当たってる。嫌な予感がしたらすぐに損切りすればいいのに。

 
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。