無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 カーティス・フェイス その2

Amazonのレビューを読んで読んだ気になってたんだけど、Book Offで半額で売ってたから買っちゃった。

第2章 タートルの心をなだめる

他人の判断ミスがチャンスにつながる。

損失回避……損はしたくないよ~。
埋没費用効果……損はしたくないから戻って来るまで待ってよう。
処理効果……損小利大が出来ない。
結果偏向……正しいルールでも損をすることもあるのに。
直近偏向……過去はずっとうまくいってたのに、最近の結果だけ見てしまう。
係留……簡単に手に入る情報に頼りすぎる。
バンドワゴン効果……皆が支持してるから支持する。
少数の法則……少なすぎる情報から判断してしまう。

市場がどう動くかを予測しないで、市場が今どういう動きをしているかを示す兆候に目を向ける。


第3章 いちばんきついのは、最初の200万ドルだ

1.エッジ(優位性)のある取り引きをせよ。
2.リスクを管理せよ。
3.首尾一貫せよ。
4.シンプルであれ。……2、3件のトレードが利益のすべてを稼ぎだすかもしれないんだから、トレンドをつかみそこねてはならない。


って、こんなこと私には無理だよ~。私が順張りが苦手なのは、順張りでたくさん取ったことがないから。せっかくトレンドに乗っても、長くポジションをキープできないから。レンジブレイクには何度も騙されてるし。

第4章 タートルのように考える

1.現在形で取引せよ。
2.予測しようとせず、確率で考えよ。
3.取り引きには自分で背金を取れ。


第5章 エッジのある取引をする

最大逆行幅(MAE)、最大順行幅(MFE)、E比率(優位比率)なんて知らなかった。ちゃんと確率を計算してるから首尾一貫できるんだね。私が今やってるルールだと、少しでも逆に行ったらすぐに損切り、だけど。

やっぱり、短期売買ではブレイクアウトよりも逆張りなんだね。

第6章 エッジから転落する

支持線も抵抗線も、いつかは抜けていくもの。

第7章 リスクを測る

シャープ・レシオ、MARレシオ。

難しくてよく分かんないけど、私は自分の耐えられる大きさのポジションでいい。みんながトレンドフォローにすると、やっぱり儲からなくなるんだね。

第8章 リスクと資金管理

Nファクター、ユニット。

第9章 タートル流積み木

第10章 タートル流トレーディング

トレンドフォローってストップの入れ方が難しい。ストップを入れない方が無駄な損切りがなくていいんだけど、本当に大丈夫なの?

第11章 バックテストのうそ

トレーダー効果、ランダム効果、最適化のパラドックス、オーバーフィッティング。

難しくてよく分かんない。最適化するのは大事だけど、最適化しすぎるとうまくいかないのかな。

第12章 地に足をつけて

RAR%、モンテカルロ・シミュレーション

難しくてよく分からない。

第13章 隙のないシステム

多様性……互いに相関することのない多くの市場で取り引き。
単純さ……特定の市況への依存を生む規則を最小限にする。

第13章 心の悪魔を手なずけろ

今井雅人さんなどの本で読んだことと同じだね。


スポンサーサイト

PageTop