無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年 日本映画
監 督 山崎貴
出 演 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、小木茂光、益岡徹、小日向文世
あらすじ 昭和33年。父親・則文(堤真一)、母親・トモエ(薬師丸ひろ子)、小学生の息子・一平(小清水一揮)が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに星野六子(堀北真希)が集団就職で上京してきた。
一方、鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主・茶川竜之介(吉岡秀隆)は、彼が恋心を抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)から頼まれて、引き取り手のいない少年・淳之介(須賀健太)と一緒に暮らすことになった。 (公式サイトのストーリーより)
感 想 大切なのは「もの」じゃなくて「気持ち」なんだと改めて思った。

私が生まれた時はテレビも冷蔵庫も洗濯機も、もうあった。でも、昭和33年はそうじゃなかった。テレビが来るというだけで毎日大騒ぎ。氷を使って冷やす冷蔵庫なんて初めて見た。

コロッケもライスカレーもシュークリーム(笑)も、焼き鳥もおだんごもすごくおいしそう。

三流の万年筆も青森までの切符も、すごく大切なもの。それは「気持ち」がたくさん込められているから。

いろんなブログの感想を斜め読みしてたので、「いつか買ってくれる指輪」のことは知ってたけど、やっぱり感動。

「いつかはこうしたい」という希望が今の日本を作った。東京タワーが完成して東海道新幹線が開通し、東京オリンピックが開かれたのはどんなにすごいことだったんだろうと思った。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

『三丁目』続編制作決定らしいですよ。

最近、続編映画が多いですね。

ⅡはⅠを超えられるか否かは監督の腕次第と言っても過言ではない~。(時効警察風)笑

あいり | URL | 2007年05月09日(Wed)07:07 [EDIT]


そうですね。
パッチギも、続編がもうすぐ公開です。
時効警察もプロポーズ大作戦も見てなくて。

にこ | URL | 2007年05月09日(Wed)19:19 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。