無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

玲玲(りんりん)の電影日記

2004年 中国映画
監 督 シャオ・チアン
出 演 シア・ユイ、チアン・イーホン、クアン・シャオトン、リー・ハイビン、ワン・チャンジア
あらすじ 北京で働く青年ダービン(シア・ユイ)はある事故をきっかけに知り合った少女の日記を手にする。そこには、彼女の幼い頃の想い出が綴られていた。 (ちらしより)
感 想 これは劇場で見たかったけど、他にも見たい映画があって行けなかった。kurumiさんのレビューを拝見して、良さそうだったのでレンタルで見た。

予告編を見た時からニュー・シネマ・パラダイスみたいだと思ってたらその通りだった。古い中国映画などがいろいろ登場。ニュー・シネマ・パラダイスは大好きだけど、どんな話だったかうろ覚え。この映画は忘れないと思う。

映画が大好きなダービンは、とんだ災難に。(笑)

自転車で映画館に行く途中
レンガの山に激突。
転んで起きようとしたら
そうしたら女がレンガで俺の頭をボン!
知り合いか?
いいえ。

なぜ女性(りんりんという名前だった)は、そんなことをしたんだろう??? りんりんは口が利けないのかな? 紙に何か書いてダービンに見せた。

金魚にえさをあげて。
何で俺に言うんだよ。

渡された鍵を使ってりんりんの部屋に入ると、そこはまるで映画館だった。

ダービンは、りんりんの書いた日記を読む。

私は自分の人生の唯一の観客になろう。
過去を記すことで
リバイバルを観るように懐かしい面々と会う。
あの頃の姿。
聞き慣れた声。

母(チアン・イーホン)の夢は、チョウ・シュアンのような映画スター。でも、母は恋人に捨てられ、

私は7ヶ月しか待たずに
この世に落ちた。
この野外映画館に。
私という爆弾は母の生活を破壊した。

何だかジャスミンの花開くみたいだなあ。

母は死ぬことも考えたけど、アルバニア映画のヒロイン、ミラのように強く生きることに。

りんりん(クアン・シャオトン)は、将来はチョウ・シュアンのような女優になり、母の代わりに夢を叶えようと思った。ますますジャスミンの花開くだ。母とりんりんは、映画技師のパンさん(リー・ハイビン)と親しくなる。

小学一年の時
とんでもない腕白小僧が降って湧いた。
彼の名前は毛小兵(ワン・チャンジア)

って、小兵=ダービンだった。(笑) りんりんとダービンは幼なじみだったんだ。

先生はよりによって私を
小兵にくっつけた。

小兵は父親に殴られ家を飛び出し、りんりんの家で暮らすことに。

何でも一緒にやった。
この時が永遠に続くことを願い
子どものままでいたいと思った。

本当に幸せそうで、いいなあ。魔法の望遠鏡がいいなあ。でも、幸せは長くは続かなかった。

小兵が連れ戻されて
我が家にもある異変が起きた。

母とパンさんは結婚して、弟が生まれた。

あなたは受験だから
弟を先に行かせて。

ああ、りんりんは何て可哀想。私は兄弟がいないから分からないけど、兄弟がいたらみんな同じような体験をしてるんでしょうか。

そして。ああ、何て残酷な。

家を飛び出してしまった、りんりん。

望遠鏡でずっと見てた、りんりん。

本当はずっと家に帰りたかったんでしょうけど、とても帰れなかった。

でも、ダービンのおかげでやっとみんなが揃った!!

ダービンは、何でりんりんに殴られたかがやっと分かった。

映画が始まった。
私は小兵や両親と過去に戻る。
それは映画の黄金時代。
忘れ難い映像や声に導かれ
私たち家族は固く寄り添い
共に息づき 共に夢を見る。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

せつない映画。

おはようございます。
ニューシネマパラダイスに 似てましたか?
でも、かなりせつない映画ですよね。
そこまで・・・、ってくらい。
最後の笑顔に救われますが・・・。

にこさんが書かれているように 私の心にもきっとこの映画を見て感じたせつなさは心に残ると思います。

kurumi | URL | 2007年04月28日(Sat)08:09 [EDIT]


映画好きな監督さん

kurumiさん、こんばんは。
ニューシネマパラダイスって、かなり前に見たので、
ストーリーはあまり覚えてないんです。汗

この映画は、古い中国映画などがたくさん出て来て、
監督さんの映画への愛情、
テレビに取って代わられる悲しみが伝わって来て、
ニューシネマパラダイスみたいだと思いました。

最後は、私も「良かった」と思ったけど、
いろんな人の感想を読むと不満な人もいて。
詰めがちょっと甘かったのかな~。
私は、ほとんど不満がなかったです。

にこ | URL | 2007年04月28日(Sat)17:50 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。