無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おばあちゃんの家

2002年 韓国映画
監 督 イ・ジョンヒャン
出 演 キム・ウルブン、ユ・ソンホ、ミン・ギョンフン
あらすじ 母親とソウルに住むサンウ(ユ・ソンホ)は、ある夏、田舎のおばあちゃん(キム・ウルブン)の家に連れて行かれる。おばあちゃんは耳が聞こえなくて、口もきけない。
感 想 おばあちゃんはサンウが悪いことをしても全部受け止める。サンウはローラーブレードで畳の上を走り回る。おばあちゃんは黙って汚れた畳を小さなほうきで掃く。そんなおばあちゃんにサンウはだんだん心を開いていく。

おばあちゃんが出かけている時に雨が降ってきて、サンウは外に干している洗濯物を取り込む。最初は自分のものだけで、その後おばあちゃんのものも取り込む。(笑) 雨が止んだので、また洗濯物を外に干す。その時、一回洗濯物を取り込んだことがばれないように、干す順番をいろいろ入れ替えるのがかわいい。そんなことをしてもおばあちゃんには分かるのに。

おばあちゃんに「何を食べたい?」と聞かれて、「ピザ、ハンバーガー、チキン」。おばあちゃんは、生きた鶏を持ってきてせっかく料理したのに、「ケンタッキーチキンじゃないとイヤだ」。

サンウは悪いことばかりして、全然謝らない。いつ謝るんだろう? と思いながら見ていたら、ちゃんと謝るシーンがあった。口に出すのは恥ずかしいからあるしぐさをするのだけれど、伏線の張り方が見事だった。


大人でも謝るのは難しい。DVDに収録されていた監督のインタビューによると、

恥ずかしくて祖母に「ごめんね」と言えなかった。

その気持ちがあの感動のラストシーンを生んだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あれは、てっきり元通りに並べ替えたのかと思ってました。笑
おばあちゃんが話さないのが、よけいに色々と想像してしまいます。
このおばあちゃんは当時、77歳の素人さんなんですね。

いい映画でした。やっぱり、韓国映画はこういう映画を撮ると素晴らしいですね。

あいり | URL | 2007年04月13日(Fri)22:22 [EDIT]


もう忘れかけてますが。
多分、洗濯物を取り込んだことがばれたら恥ずかしいと思って、元通りに並べようとしたんだと思いました。あいりさんの解釈で合ってると思います。
>このおばあちゃんは当時、77歳の素人さんなんですね。
そうですね。どこかで読みました。
あいりさんの感想を拝見したら、また見たくなりました。

にこ | URL | 2007年04月14日(Sat)18:05 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おばあちゃんの家/The Way Home

監督・脚本 イ・ジャンヒャン出演 キム・ウルブン(おばあちゃん)    ユ・スンホ(サンウ)200

あいりのCinema cafe 2007年04月13日(Fri) 22:24


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。