無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブレイキング・ニュース 大事件

2004年 香港映画
監 督 ジョニー・トー
出 演 ケリー・チャン、リッチー・レン、ニック・チョン、ラム・シュー、ユウ・ヨン、マギー・シュウ、サイモン・ヤム
あらすじ ぐっとほっと香港
感 想 バナナの皮が一番印象に残ったPTUは、監督のインタビューによると警官が身内同士でかばいあう危険性を描いていた。ということは、ブレイキング・ニュースでは情報操作の危険性を描いてるんだと思った。

これは、踊る大捜査線2 レインボーブリッジを封鎖せよ!を意識して作ったんでしょう。ということは、真矢みき=ケリー・チャン。真矢みきさんの演じてた役はひどくて、途中で気持ちが離れてしまった。(それは真矢みきさんが悪いんじゃないと思う)ケリー・チャンの方がずっと良かった。部下たちにてきぱきと指示を出してるのがすごくかっこ良い。でも、もちろん悪い役。

イメージが重要。
最高のショーを市民に見せる。

「捜査はショーだ」という設定なんて良く思いついたと思った。レベッカ警視(ケリー・チャン)は、最後までショーの演出家を演じて、「本当は捜査はショーじゃない」ことを示してたと思う。

犯人の人質になるラム・シューがやっぱりおもしろい。しかし、何で犯人が料理するの? (爆) でも、すごくおいしそう。

精一杯の料理だ。
食卓を囲むのも何かの縁だ。

ラム・シューの息子が正義感が強くてかっこ良い。(笑)

悪人とは乾杯しない。

そして、青島=ニック・チョン。レベッカ警視の命令にことごとく逆らって、犯人逮捕にすごい執念。

根性ある警部だ。
バカだけど。

犯人たちの友情も印象的。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。