無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マッスルモンク Running on karma 大隻[イ老]

2003年 香港映画
監 督 ジョニー・トー、ワイ・カーファイ
出 演 アンディ・ラウ、セシリア・チャン、チョン・シウファイ、カレン・トン
あらすじ ビッグガイ(アンディ・ラウ)には他人の業が見える。女刑事フンイー(セシリア・チャン)からは残酷な日本兵の業が見えた。
感 想 アンディはすごく楽しそう。DVDの特典映像にインタビューがある。筋肉スーツを目の前にしてうれしそう。他にも、ストリップ、カンフーに最後は坊主頭。ジョニー・トー監督はアンディの坊主頭をたたいて楽しそう。

ビッグガイには死ぬものの業が見える。

前世の行為が
現世の死因となる。

フンイーを見た時、虐殺する日本兵が見えた。

日本兵は君と違うし
君も日本兵ではないが
日本兵の罪ゆえに君は死ぬんだ。
分からない。
因果応報だ。
不公平だわ。

ビッグガイとフンイーが2人で歩く姿はすごくいい雰囲気。ところが、フンイーは「どうせ死ぬのだから」と、ビッグガイのためにあることをする。

ラストのビッグガイはすごく格好いいけど、何かあんまり納得出来なかった。こういうラストなら英雄龍城恋歌の方がずっと良いと思う。

今日シュンがリーを殺し
明日お前がシュンを殺す
際限がない
因と果とはかくのごとし
過去の行為が因となり
現在の果を生む
仏が説くは一つ
己の行いを改めよ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最初はビックリしました。

こんにちは。
写真を見たときにはびっくりしました。
コメディなの?とも思ったり・・・。
でも、観てみるとなかなか深いですよね。
アンディってすごいなぁ・・・、なんて妙なところで感心
してしまいました。

kurumi | URL | 2007年04月08日(Sun)15:55 [EDIT]


作品賞を受賞したんですよね。笑

これはすごい映画でした。
ジョニー・トー監督は時々こういうのを作るから。笑

アンディは、すごかったですね。笑
これはみんなにお勧めしていいのか良く分からない映画。
おもしろかったけど。

にこ | URL | 2007年04月08日(Sun)16:19 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。