無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

百年恋歌 最好的時光

2005年 台湾映画
監 督 ホウ・シャオシェン
出 演 スー・チー、チャン・チェン、メイ・ファン、ディ・メイ、リャオ・シュウチェン、チェン・シーシャン、リー・ペイシュアン
あらすじ 1966年 恋愛の夢 ビリヤード場に響く球の音。美しい少女兵役を明日に控えた青年は、恋に落ちる。
1911年 自由の夢 遊郭に灯がともる。久しぶりに再会した男と女は、見果てぬ夢に胸を焦がす。
2005年 青春の夢 大都会の片隅で出会ったふたり。傷つきながら、必死で何かを求めている。 (ちらしより)
感 想 ホウ・シャオシェン監督は、思い通りに行かない辛さをずっと描いてるのかな。自伝的な作品の童年往事も、トニー・レオンが口の利けない役を演じた非情城市も、スー・チーのミレニアム・マンボも。

しかし、これは眠~~~~~~~い映画。手をつねったりして寝ないようにしたけど、字幕をちょっと見落としたかも。

1966年 恋愛の夢
これは一番分かりやすいと思う。でも、もうすでにちょっと眠かった。兵役を控えた青年(チャン・チェン)は、ビリヤード場でシウメイ(スー・チー)と知り合う。休暇で戻ると、シウメイはもうビリヤード場にはいなかった。シウメイを探してバスに乗る、青年。やっとシウメイを見つけたのに、もう兵役に戻る時間が近づいてる。

ああ、ここがHitomiさんがお気に入りの手をつなぐシーンか。限られた時間だから、それは貴重で美しいんだと思った。

1911年 自由の夢
いきなり無声映画になってびっくりした。せりふは必要最小限に字幕で出るだけで、ずっときれいな心地良い音楽が流れてる。もう眠気は最高潮。字幕を見落としたみたいで、チャンは革命を目指して日本に行ったことに気が付かなかった。(汗)

芸妓(スー・チー)がチャン(チャン・チェン)の髪をすいたり身支度を手伝うシーンがいいなあ。せりふがほとんどなくても気持ちが伝わってきた。

チャンは芸妓の義妹の将来についてはちゃんと考えてくれたのに。

私の将来を考えたことは?

スー・チーの表情から自由になりたいのに叶わない辛さがすごく伝わってきた。


2005年 青春の夢
これは難しくて良く分からなかった。ミレニアム・マンボよりは分かったかな?

あなたは何が欲しいの?
あなたは誰なの?

ミレニアム・マンボみたいな色彩、音楽だった。

最初と最後のオートバイで二人乗りするシーンはいいなあ。


良く分からないとこもあって眠かったけど、雰囲気は好きな映画。

ここ ↓ がおもしろいので、見て!

http://theaterkino.net/yomoyama/037.html

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

心地よい映画

TBありがとうございました。
1966年のエピソードが一番わかりやすいですね。
私はこのエピソードが一番好きですよ。今までのホウ・シャオシェンの
映画に近いものがありますしね!
でも他のエピソードも好きですよ。
話を追っていくよりも心地いい映像に身を任せて見るのが一番
いいのかも!
2005年のオートバイの疾走はこれまた刺激と共に心地よさを感じますね。
監督はこれから現代を描いていくんだという決意表明のようにも
感じましたし。
眠たくなるの、大いにわかります(笑)
私もやばかったですよ。

rabiovsky | URL | 2007年03月29日(Thu)00:23 [EDIT]


静かな映画

にこさん、こんばんは。
TBとリンクまでありがとうございます。

大きな事件がないので下手するとぐっすりと眠ってしまいそうな映画ではありましたが、でもこういう静かな映画もいいですよね。


1911年、これ本当は一番素敵なストーリーなのにセリフがないのも素敵なんですけどやっぱり一番眠気と戦ったなぁ。

でやっぱり一番いいのは1966年、あの手をつなぐシーンわかってもらえて嬉しいです。あのいきなりギュッと握らないところが可愛いです。

Hitomi | URL | 2007年03月29日(Thu)19:48 [EDIT]


眠い映画

ラビオさん

こちらこそ、TBありがとうございました。
1966年は一番人気がありますね。
私も好きです。
一番印象に残ったのは1911年だけど、眠かった~~。
公式サイトにいろいろインタビューが載ってて、
1911年は『フラワーズ・オブ・シャンハイ』に似てるそうですね。
レンタルに全然なくて、見てない。
>監督はこれから現代を描いていくんだ
そうなんですね。公式サイトを読んでても、そうみたいでした。

Hitomiさん、こんばんは。
こちらこそ、TBありがとうございました。
台湾映画って、こういう静かな映画が多いように思います。
Hitomiさんは『フラワーズ・オブ・シャンハイ』をご覧になってるんですね! 眠くなかったですか? 公式サイトに羽田美智子さんたちの対談が載ってて、おもしろかったです。

手をつなぐシーン、すぐに「あ!」と思いました。
見せ方がうまいですね。

にこ | URL | 2007年03月29日(Thu)20:01 [EDIT]


眠い映画

これは未見ですが、台湾・香港映画好きの友人から侯監督の初期(1983~86)の映画4本が回覧されてきていて。
語りすぎる映画はちょっと受け付けないけど、語らなすぎる映画は、うまーく、こっちの感性にはまればいいけど、うっかりすると眠くなります。
ただでさえ、抗アレルギー剤を飲んでいるので(と、言い訳)

セットの中に、監督インタビューやメイキングDVDがあるので、それは最後に見るつもりです。
なぜ、こんな眠い映画を作るのか、もとい、静かな映画つくりの哲学を知ることができるかも。

バーバまま | URL | 2007年03月31日(Sat)10:03 [EDIT]


語らなすぎる映画

『恋恋風塵』は、NHKの衛星放送を録画して見ました。
途中で分からなくなって巻き戻して最初から見たけど、
うまく感想がまとまりませんでした。

バーバままさまの感想を拝見したら、また見たくなりました。

私も、『百年恋歌』を観にいく前の日はミキティの逆転優勝でスポーツニュースを遅くまで見てたので。(と、言い訳)

一番好きなのは、『童年往事』かな。

にこ | URL | 2007年03月31日(Sat)20:01 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百年恋歌

《百年恋歌》 2005年 台湾映画 - 原題 - 最好的時光 - 英題 - T

Diarydiary! 2007年03月28日(Wed) 21:42


『百年恋歌』

『百年恋歌』公式サイト監督:ホウ・シャオシェン 脚本:チュー・ティエンウェン 出演:スー・チー 、チャン・チェン 、メイ・ファン 、ディ・メイ 、   リャオ・シュウチェン 、チェン・シーシャン 、リー・ペイシュアン 2005年/台湾/131分おは....

Rabiovsky計画 2007年03月29日(Thu) 00:24


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。