無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

風林高 新羅の月夜

2001年 韓国映画
監 督 キム・サンジン
出 演 イ・ソンジェ、チャ・スンウォン、キム・ヘス、イ・ジョンス、イ・ウォンジョン
あらすじ 高校で同級生だったギドン(チャ・スンウォン)とヨンジュン(イ・ソンジェ)は、10年後に慶州で再会。二人はラーメン屋を切り盛りする女性ジュラン(キム・ヘス)を好きになる。
感 想 2001年東京国際映画祭で『新羅の月夜』というタイトルで上映された作品。残念ながら一般公開はされなかったけれど、『風林高』というタイトルでビデオになった。

高校時代に番長だったギドンは、高校の体育教師に。秀才だったヨンジュンはエリートヤクザになっていた。ギドンの教え子ジュソクが、けんかをして警察のお世話に。それがきっかけでギドンとヨンジュンはジュソクの姉ジュランと出会い、二人ともジュランを好きになる。

ギドンは熱血先生。生徒をびしびし殴ったり怒鳴ったりすごい迫力。でも、時々突飛なことをしておもしろい。ヨンジュンは、対照的にあまり大声を出さないけれど、強さを内に秘めている。

ジュランを演じた、キム・ヘスがおもしろい! 韓国では有名なコメディエンヌで、頭の回転が速くてテコンドー三段だそうです。

ジュランは、警察に弟のジュソクを引き取りに行く。目に涙を浮かべながら、みんなに「申し訳ありません」、と頭を下げる。ところが、ジュソクを連れて警察を出た途端、態度が一変。ジュソクの足を蹴って転ばせる。ヘッドロックをして、腕に噛みつき、最後は一本背負い!

そして、弟がお世話になったギドンとヨンジュンを、自分のラーメン屋に招待する。 ギドンもヨンジュンも、その後何度もラーメン屋に行く。二人ともジュランにこき使われるのがおもしろい。ギドンは、うまく注文をさばいたり皿を片づけたりしたけれど、ヨンジュンは要領が悪くて大失敗。その頃から、ジュランはヨンジュンの方を好きになったように見えた。

ジュランがお酒を飲んで正体を無くすシーンもおもしろい!

夕べ、あたしどうやって家まで。
親分と担任が連れてきた。 半分ずつ。
半分ずつ?
上半身は担任。 下半身は親分。 まったくいい年して。

この映画のポイントは、なぜ番長だったギドンが高校の教師になり秀才だったヨンジュンがエリートヤクザになったかだった。最後まで見終わってから、もう一度冒頭の修学旅行のシーンを見たら、それがはっきりした。韓国映画は、ストレート。ケンカをするシーンがたくさんあるけれど、後味は全然悪くなかった。微妙に笑いのつぼがズレているように感じるシーンもあったけれど、おもしろい。言い争ってばかりのギドンとヨンジュンの友情がいい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する