無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いつか晴れた日に

1995年 イギリス、アメリカ映画
監 督 アン・リー
出 演 エマ・トンプソン、アラン・リックマン、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラント
あらすじ 分別ある長女エリノア(エマ・トンプソン)と、多感な次女マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)。
感 想 ラブストーリーを見てたときに思い浮かんだのがこの映画。久しぶりにビデオで見た。

ルーシーがエリノアに「5年前からエドワードと婚約してる。このことは絶対秘密に」と打ち明けるシーンを見て、やっぱりラブストーリーと同じだと思った。エリノアはすごく辛いのに、誰にも言えないでじっと我慢してる。妹のマリアンヌは対照的に自由奔放。でも、失恋してからずっと立ち直れずにいる。

マリアンヌが病気になって、エリノアが看病してるシーンがすごくいい。エリノアはまるでマリアンヌの母親のよう。

最後のどんでん返しがやっぱり完璧。なかなか手に入らないから、手に入ったときの感動はすごく大きい。ラブストーリーでペンダントを首にかけるシーンと同じ。

確かに、ヒュー・グラントってトニー・レオンに似てる。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。