無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

墨攻

2006年 中国・日本・香港・韓国映画
監 督 ジェイコブ・チャン
出 演 アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン
あらすじ 荒れ狂う戦乱の世に、侵略を否定し、攻撃せずに守り抜く"非攻"を掲げる墨家という集団がいた。大国・趙の攻撃によって落城寸前の小国・梁は、墨家に援軍を求めるが、やって来たのは、天才戦術家・革離(アンディ・ラウ)ただ1人。彼が立ち向かうのは猛将・巷淹中(アン・ソンギ)率いる10万の敵。 (ちらしより)
感 想 たくさん中身が詰まってて、何から書いていいのか良く分からないけど。これは中国版ロード・オブ・ザ・リングで、中国版石の花かな。戦闘シーンはロード・オブ・ザ・リングみたいな迫力、おもしろさ。そして、平和はやっぱりあまりにも遠いという現実。

例え婦女子並みの道徳と言われても、私は革離が好き。でも、革離は完璧ではなかった。

革離は、いつも何とか戦わずにすむ方法がないか考えていた。でも、城を守るためには敵をたくさん殺すしかない悲しい現実。

戦いはそもそもが理不尽なものだ。

家畜の糞とか硫黄など、いろいろ工夫して戦うのがおもしろい。原作のコミックではもっと出てくるのかな?

墨者はお礼は受け取りません。

と言いながら、逸悦(ファン・ビンビン)からもらった手作りの新しい靴を履く、革離。ファン・ビンビンって初めて見た。アクションも出来て、きれいでかっこいい。

俺は穴を掘らされただけだ。

趙国の奴隷を助ける、革離。

俺を殺さないのか?
愚かな問いだ。
何の理由で人が人を殺すのだ。

城内で包囲された趙国の兵士たちも助けたかっただろうに。でも、仕方なかった。これが現実。

「大勝利ですね」と言われても全然うれしくない、革離。

革離のような智者でも弱点はあるのだ。

いつもそうね。
本心を押し殺し、
正解を追い求めようとする。
正解を選ばない人もいる。

逸悦に言われてしまう、革離。

兼愛よりも、大切な人を救うために城に戻る革離がかっこいい。

梁王(ワン・チーウェン)は、自分の地位があるのは民の犠牲のおかげであることに全然気が付いてなかった。

革離はお礼は受け取らないのに、嫉妬を招いてしまった。

巷淹中(アン・ソンギ)は、知的で冷静に見えたのに。

例え一人になっても報復を続けろ。

革離はもう負けたのに、どうしても自分の手で倒したかった。やっぱり龍城恋歌のラストのようにはいかないのが現実なのか。

気球がすごくきれい。

助かったあの子は、最後に残された希望。
いろいろな人の感想を読んで。

墨攻は反戦映画だということをちゃんと宣伝しなきゃいけないと思う。この映画は男子より女子の方が評判がいいような。それは、男子はアンディ・ラウが1人で10万人の敵を倒してスカッとする映画だと思って見に行くからかな。

香港国際警察も、ジャッキー・チェンが犯人を捕まえてスカッとする映画だと思って見ると「あれ?」となってしまう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

希望

助かったあの子は平和という希望ですね。

墨守という言葉が辞書にあるのだから、墨家の人々は実在した。
なんの見返りも期待せず。。
信じられないようなお話ですね。

アンディ、がんばりました。笑
奇想天外な戦闘場面はもっと見たかったです。
TBありがとうございました♪

あいり | URL | 2007年02月10日(Sat)19:54 [EDIT]


にこさん、こんばんは。
>墨攻は反戦映画だということをちゃんと宣伝しなきゃいけないと思う
そうですね、墨家という集団の持つ非攻とか兼愛とか私達がいまだ模索し続けて達成出来てない大切な事柄を訴えてますよね。

アンディすっかり渋くて素敵な俳優さんになりましたよね。

Hitomi | URL | 2007年02月10日(Sat)20:33 [EDIT]


あいりさん
こちらこそTBありがとうございます。
>墨家の人々は実在した。
そうですね。
世界ふしぎ発見で特集してたらしいけど、見逃してしまった。
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery996_1.html

アンディ、良かったです。
>奇想天外な戦闘場面はもっと見たかったです。
そうですね。コミックでどうぞ。

Hitomiさん
こんばんは。
>非攻とか兼愛とか私達がいまだ模索し続けて達成出来てない大切な事柄
そうですね。なかなか達成出来てない。

アンディは良かったし、大人気のウー・チーロン、チェ・シウォンも良かったです。

にこ | URL | 2007年02月10日(Sat)21:57 [EDIT]


TB&コメントありがとうございます。

こんばんは。
手放しで良かったとは思わないのですが私は楽しめました映画でした。
武力が無いところを脳を総動員させて知恵で闘うところが面白かったです。
にこさんが仰るとおりこの映画は反戦映画ですね。
マクロで見ると全ての国がひとつにならない限り平和は訪れない
現実があって、そこら辺は『英雄』(ヒーロー)で描かれて
いましたが、ミクロで見るとやっぱり城を守るにしても多くの人を
犠牲にし、多くの敵を殺さなければならない現実がありますしね。
あえてスカッとしないような映画に仕上がっているところがいいですね。
戦争の不毛さと不条理さと戦争のカタルシスが紙一重だなと思いました。
男性よりも女性に見て欲しい映画です。

rabiovsky | URL | 2007年02月10日(Sat)23:48 [EDIT]


こんにちは。

にこさんの 解説を楽しみに待っていました。

>墨攻は反戦映画だということをちゃんと宣伝しなきゃいけないと思う。

おっしゃるとおりだと思います。
アンディが来日時のインタビューで この映画を観て「戦争はいけない」と思ってもらえたら。と言われていました。 私は、そこのことを知った上で映画を観に行ったので より強くそのメッセージを感じました。
歴史映画なのに 今の時代へと提言する。
そんな手段もあるのだ、と知った次第です。

昔はレスリーのファンで アンディはこんなにも渋い素敵な俳優さんになられるとは・・・。
ぎらぎらしたところが年齢を重ねると共に薄まって とても味わいのある 素敵な大人の俳優さんになられたなぁ・・、と。この映画がヒットして、香港(アジア)映画のよさをこうして多くの人に知ってもらえること、ファンとしてとてもうれしいです。^^

kurumi | URL | 2007年02月11日(Sun)15:51 [EDIT]


はじかれちゃって・・・

すみませんでしたーっ(汗)
危なそうな単語を入れたつもりはないんですけど(爆汗)

お風呂上がってきたら、アンディ兄さんが
テレビに映っててビックリしました>世界ふしぎ発見!
クイズは関係ないものばかりでしたが
映画のシーンが結構出てました。

反戦映画なんですが、非攻も兼愛もなかなか難しい
ですよね、現実的には・・・。
事実、墨家って絶滅しちゃってるわけですし。
結局愛する人すら助けられなかったアンディ兄さんなの
ですが、兄さんなら生きていけるのだろう・・・
と根拠なく映画館を去れました。

RIN | URL | 2007年02月11日(Sun)22:22 [EDIT]


rabiovskyさん
私はあまり不満はなかったけど、
みなさまの感想を読むと厳しいですね。
革離が悩んでるシーン、(いらないという人もいる)逸悦のシーンで
「あれ?」と思ってしまうのでしょうか?
私も、『英雄』(ヒーロー)を思い出しながら見てました。
非攻と兼愛は両立できないのでしょうか?
私はスカッとしないような映画も結構好きなので、満足。

kurumiさん
解説だなんて恐れ多いです。
>アンディが来日時のインタビューで
>この映画を観て「戦争はいけない」と思ってもらえたら。
>と言われていました。
そうなんですか。それをもっと宣伝して欲しかったですね。
>歴史映画なのに 今の時代へと提言する。
そうですね。ずっと同じ事を繰り返して、まだ解決してないんですね。

アンディは素晴らしかったです。私もこの映画がヒットして欲しいです。

にこ | URL | 2007年02月11日(Sun)22:27 [EDIT]


RINさん
こちらこそ、はじいちゃってすみません。

世界ふしぎ発見! ご覧になったんですか。

>事実、墨家って絶滅しちゃってるわけですし。
そうですね。
革離が「趙国に頼まれたら趙国を助ける」って言ったところで
墨家の考えにも弱点があるんだなあと思いました。
逸悦や趙国の奴隷には兼愛について突っ込まれてたし。

>兄さんなら生きていけるのだろう・・・
そうですね。あの子どもたちが希望だと思いました。

にこ | URL | 2007年02月11日(Sun)22:40 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

墨攻

監督: ジェイコブ・C・L・チャン原作: 酒見賢一出演: アンディ・ラウ(革離) アン・ソンギ(巷

あいりのCinema cafe 2007年02月10日(Sat) 20:00


墨攻

《墨攻》 2006年 中国/日本/香港/韓国映画 - 原題 - 墨攻 - 英題

Diarydiary! 2007年02月10日(Sat) 20:30


ブラボーっ!「墨攻」

「ディパーテッド」を見て「笑えないジョーク連発マットより、やっぱり採りたてレタスみたいな、シャキシャキアンディ兄さんよっ!{/hiyo_uru/}」と思ったあなた!{/hand_iine/}「マリー・アントワネット」を見て、「フランス革命、アレだけっ?!{/ase/}{/ase/}」と思った

凛大姐&小姐的極楽日記! 2007年02月10日(Sat) 23:41


『墨攻』

映画「墨攻」(ぼっこう)公式サイト原作:森秀樹[漫画家] 、酒見賢一 、久保田千太郎 監督・脚本:ジェィコブ・チャン 出演:アンディ・ラウ 、アン・ソンギ 、ワン・チーウェン 、ファン・ビンビン 、   ウー・チーロン 、チェ・シウォン 2006年/中国...

Rabiovsky計画 2007年02月10日(Sat) 23:49


墨攻 07050

墨攻2006年   ジェイコブ・C・L・チャン 監督  川井憲次 音楽  酒見賢一 原作アンディー・ラウ 劉徳華 アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ピンピン チェ・シウォン日・中・韓 合作なのね。原作知らないし、人気コミックというのも読んでないし....

猫姫じゃ 2007年02月24日(Sat) 23:20


【2007-17】墨攻(A BATTLE OF WITS)

戦乱の中国知恵と戦術を屈指して戦う「墨家(ぼっか)」という集団が存在したこの男(革離)、10万人の敵にたった1人で挑む。それは、かつてない知略に富んだ戦い

ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! 2007年02月25日(Sun) 21:10


墨攻-(映画:2007年29本目)-

監督:ジェイコブ・C・L・チャン原作:酒見賢一出演:アンディー・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ピンピン、チェ・シウォン評価:79点公式サイト(ネタバレあります)大企業で女性総合職が採用され始めたのはバブルのちょっと前くらい....

デコ親父はいつも減量中 2007年03月04日(Sun) 10:53


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。