無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

雨音にきみを想う 摯愛

2005年 香港映画
監 督 ジョー・マ
出 演 ディラン・クォ、フィオナ・シッ、チャン・コッキョン、チャン・チンユー、サミュエル・パン
あらすじ 香港の郊外に暮らすウィンイン(フィオナ・シッ)は、全身麻痺ゆえに24時間看護が必要な兄のフェン(チャン・コッキョン)と5歳になる彼の娘シウヤウ(チャン・チンユー)の世話に追われるという、貧しく辛い生活を強いられていた。だが、何より彼女を日々苦しめているのは、体温が下がると血管が収縮して身体が硬直してしまう、兄と同じ遺伝性の病におかされていることだった。ある日、彼女の目の前に、チョッカン(ディラン・クォ)という青年が現れる。
感 想 これは、つきせぬ想いいますぐ抱きしめたいかな。ストーリーは良くありそうで意外なことはあまり起きないけど、心に残る映画。ヒロインのウィンインを演じたフィオナ・シッは、ショートヘアで病気を抱えてる役だから、つきせぬ想いのアニタ・ユンみたいだった。健気にフェンやシウヤウの世話をしてる。(ああ、べたべたな設定)

5歳のシウヤウが勝手に家を出て、迷子になってしまう。チョッカンが助けて家に送ってくれた。ウィンインはすごく怒ってる。シウヤウのことはもう知らない、と家に入れない。

そう。どうせ私が悪者よ。
シウヤウ、おばちゃんに謝れ。

シウヤウは謝ったのに、まだウィンインは許してくれない。チョッカンが助け舟を。

分かった。悪者は俺だ。
要らないなら売り飛ばすぞ。

香港映画らしい雰囲気で、いいなあ。ウィンインは慌ててシウヤウをチョッカンから取戻しに行く。やっとシウヤウは家に入れた。チョッカンも家の中に招かれて、フェンやシウヤウとは親しくなった。でも、ウィンインはまだツンツンしてる。(笑)

2階が空いてたので、チョッカンはそこを倉庫に使うことに。冒頭のシーンでチョッカンはどんな仕事をしているのか分かってるけど、ウィンインはもちろんまだ知らない。

チョッカンはしばらく姿を見せなかったのに、夜遅くやって来てゴトゴト大きなものを運んでいる。

みんな寝てるのよ。
ごめん。

宝物が入ってる。
泥棒に気をつけて。
ずっと来なかったくせに。
知らないわ。

シウヤウもウィンインもフェンと同じ病気を抱えているから、背中を冷やさないように気をつけている。手術するとしたらすごくお金がかかる。

ウィンインがチョッカンの仕事を知るシーンが印象的。ぬいぐるみが悲しい。

更生したら?
こうやって生きてきた。
今さら無理だ。

頼っていいのか迷うわ。
もしあなたに何かがあったら。

ああ、頼ってしまうんだ。もう気持ちがぎりぎりだったのかな。

エンドロールで流れる主題歌(フィオナ・シッ自身が歌ってる)の歌詞。

犯した罪は知ってるけど
目覚めてるのに眠った振りをしてた。

後半は、何て可哀想な。

フェンはチョッカンと海賊船の話をする。亡くなった船員は水葬にしないと他の船員が伝染病になってしまう。だからって。そんな。

パパはもうゲーム出来ないの。

と、ウィンインに言われてシウヤウが泣きじゃくるのが本当に可哀想。

チョッカンはフー(サミュエル・パン)と揉めていた。チョッカンはウィンインとシウヤウのためにフーのお金を盗んだのか?

チョッカンはフーと決着を付けに行く。ああ、いますぐ抱きしめたいなどのアンディ・ラウと同じだ~。


公式サイトのStoryはほとんど最後まで書いててひどいなあ。見る前に読まなくて良かった。

ウィンインの書いたチョッカンへの手紙が胸を打つ。ウィンインもフェンのように辛い。

私も動けなくなったら
死を選ぶかもしれない。

今までは願望すらなかった。
でも今はあなたの無事を祈っている。

私の介護に疲れたら
私の命を絶って。

ウィンインは何とか助かってよかった。

チョッカンからの贈り物なんていらなかったでしょうに、何て可哀想なラスト。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨音にきみを想う

『アウトサイダー~闘魚』で一躍アジアのニュースターとなった台湾のディラン・クオの映画デビュー作!愛から見放され、孤独に生きてきた青年と、病に侵され、愛から逃げてきた少女との一途な愛を描いたラブストーリー。共演者はフィオナ・シッ、チャン・コッキョン、チャン

DVDジャンル別リアルタイム価格情報 2007年04月10日(Tue) 16:26