無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黄泉がえり

2002年 日本映画
監 督 塩田明彦
出 演 草なぎ剛、竹内結子、石田ゆり子、哀川翔、山本圭壱、伊東美咲、忍足亜希子、東新良和、長澤まさみ、市原隼人、RUI、伊勢谷友介、寺門ジモン、清水章吾、田辺誠一、高松英郎、加茂さくら、北林谷栄、田中邦衛
あらすじ 九州、阿蘇地方で死者が蘇るという不思議な現象が起こっている。厚生労働省勤務の川田平太(草なぎ剛)は、真相を確かめるために故郷の阿蘇に向かい、幼なじみの橘葵(竹内結子)と再会する。
感 想 ちょっと詰め込みすぎで、分かりにくい所もあった。見終わってから最初の方を見直したら、意味が分かった。最後は星願みたいで良かった。

死んでしまった愛する人、自分の妻、子どもがよみがえって欲しいと願うのは当然だと思うけれど、よみがえるのはいいことばかりではなかった。残された人にはもう他の人生があって、とまどってしまう。よみがえった人には居場所がない場合もあった。

でも、よみがえって良かったんだと思う。印象的だったのは、このせりふ。

私はお父さんからお母さんのことを聞いて、この仕事を選びました。

よみがえったから、伝わらなかった想いがちゃんと伝わった。そして、消えてしまっても、残された人は次の人生を前向きに生きていける。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。