無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

トンマッコルへようこそ

2005年 韓国映画
監 督 パク・クァンヒョン
出 演 シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン、スティーブ・テシュラー、ソ・ジェギョン、リュ・ドックァン、チョン・ジェジン、チョ・ドッキョン、クォン・オミン
あらすじ トンマッコル…ここは争いを知らない、子どものように純粋な村。自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず暮らすこの村に偶然迷い込んだ敵対する兵士たち。彼らが互いに銃を突きつけ一触即発の状況でも村の人たちはのんびりマイペース。 (ちらしより)
感 想 これは世界うるるん滞在記JSAだと思った。

いきなりヨイル(カン・ヘジョン)の顔のアップで始まる。ヨイルはトンマッコルの象徴。トンマッコルとは"子どもみたいに純粋"という意味。そのトンマッコルに、朝鮮戦争の最中、蝶々に誘われて米国軍、韓国軍、人民軍の人たちがやって来た。

韓国軍の2人と人民軍の3人が銃を突き付けあってにらみ合うシーンが長っ。いつまでにらみ合ってるの? トンマッコルの人たちは全然動揺しないで、農作物を荒らす猪の心配をしてる。(笑)

夜が明けて雨が降ってきても、まだにらみ合ってる。(笑) そこへ、ヨイルがやって来て、

指輪。

ああ、何てことを! (笑) その後のポップコーンのシーンにはびっくりした。何てきれい! こんなこと、よく思いつくなあ。

倉が焼けて食料が無くなってしまったので、みんなで農作業を手伝う。(笑)

猪のシーンはスウィングガールズみたいだと思ったら、雑誌に載ってた監督のインタビューによるともののけ姫を参考にしてた。

この村の人たちは何で肉を食わないのかな。

猪の肉を食べて、みんなの距離が少し近づいた。世界うるるん滞在記でも、みんなで食事をすると距離が近づく。

もう軍服なんて脱いで、みんなトンマッコルの人たちと同じ服装で農作業を手伝う。ここで誰が韓国軍で誰が人民軍か混乱してしまった。(笑)

フットボールも草そりも楽しそう。

村長さん(チョン・ジェジン)は、怒鳴ったりしなくても村人たちをまとめてる。それは、

たくさん食べさせることさ。

いいなあ。みんながこういう生活を出来たらいいんだけれど。

スミス(スティーブ・テシュラー)を救出すべく、米韓連合軍がトンマッコルに近づいてる。トンマッコルを守るため、韓国軍、人民軍のみんなが南北連合軍になって作戦を実行することに。

罰当たりな奴らだ。
帰るなら来なきゃいいのに。

世界うるるん滞在記でも、別れのシーンはいつもジーンと来てしまう。

人民軍の少年兵、ソ・テッキ(リュ・ドックァン)が指輪を見つめるシーンは胸を打たれた。

スミスも一緒に作戦に参加したかったはず。でも、トンマッコルのためには戻るしかなかった。

人民軍のリーダー、リ・スファ(チョン・ジェヨン)は、ずっとかっこよかった。最後も、作戦の指揮を韓国軍のリーダー、ピョ・ヒョンチョル(シン・ハギュン)に委ねた。

別の場所で出会ってたら
楽しかっただろうな。

JSAでも、いきなり現実に戻された時はすごくショックだった。3人の笑顔は素晴らしいけど、こんなことはもう二度と起こらないで欲しい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

TBをありがとうです

なぜ、村人は肉を食べない?

私も不思議だったけど、こういう設定にしておくと、兵士同士が鉢合わせして和気藹々と(都合よく)食事することになるからかなと、思いました。笑

戦争シーンはなかなかリアルですよね。
「トンマッコル」の人々を守るためにはやはり、敵を殺さなければならない。
ここに大きな矛盾と戦争の悲劇を感じました。

ヨイルにはなんの罪もないのに。。

あいり | URL | 2007年01月17日(Wed)21:45 [EDIT]


こちらこそ、ありがとうございます。

>なぜ、村人は肉を食べない?
不思議ですね。殺生をしたくないのかな?

最後の戦争のシーンで一気にリアルになって、
後を引きました。
本当に、守るためには敵を殺さなきゃいけないんですよね。

ヨイルはここにいますよ。笑

http://www.youkoso-movie.jp/game_3.html

にこ | URL | 2007年01月17日(Wed)23:02 [EDIT]


こんばんは。

TB&コメントありがとうございます。
カン・ヘジョンお好きになったみたいですね。
無邪気な役柄っていうのもありますがショートカットでカワイイですね。
韓国軍と人民軍が本当の戦争ではありえないぐらい心を通わせていく感じは
見ていて面白いですね。
戦争をこういう形で映画にできるなんて素晴らしいと思います。
猪のシーンはもののけ姫ですか!初めて知りましたよ。
そういえばうるるんでも食事をすると距離が近づきますね。
それが村長さんが村人達をまとめる理由にもなっているし
食事って大事なんですよね~。
ラストはやっぱり戦争なんだと思わせるシーンですね。
今までが平和だったのでいきなりくるとファンタジーから引き離される
感じがしました。
エンターテイメントに徹している戦争映画の中でも面白度の高い
映画だと思います。
あのゲーム難しすぎますよ(笑)

rabiovsky | URL | 2007年01月18日(Thu)01:52 [EDIT]


こんばんは。

こちらこそ、トラックバックとコメントをありがとうございます。

とかげで、はまってしまいました。
表情がころころ変わっておもしろいです。

もののけ姫で、農作物を荒らすものとして印象的だった猪を共通の敵にして、それを倒すことでみんなが仲良くなっていくと考えたそうです。

食事は大事ですね。JSAでも、チョコパイがおもしろかった。

>ラストはやっぱり戦争なんだと思わせるシーンですね。
そうですね。ギャップが激しくて、後を引きました。

ゲームは300点位までしかいきませんね。500点は数回しかいってません。

にこ | URL | 2007年01月18日(Thu)20:06 [EDIT]


うるるん

TBありがとう。
「うるるん」は様式の決まったやらせ番組ですが、いつも泣かされます(笑)そうですね、トンマッコル的ユートピアは、うるるんの中にしか無いですね。現在では、ゲストは迎え入れられて、10日で涙のサヨナラだけですむんですけどね(笑)

kimion20002000 | URL | 2007年03月11日(Sun)11:24 [EDIT]


こちらこそ、TBをありがとうございます。

「うるるん」はどこまでやらせかは分からないけど、好きな番組です。
トンマッコルを見てたら
「うるるん」で南の小さな島とかに行く回みたいだと思いました。
>ゲストは迎え入れられて、10日で涙のサヨナラだけですむんですけどね(笑)
そうですね。トンマッコルではそうはいかなくて、すごく後を引きました。

にこ | URL | 2007年03月11日(Sun)21:00 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トンマッコルへようこそ

神戸シネリーブルにて 監督・共同脚本 パク・クァンヒョン制作・脚本・原案 チャン・ジン出演 シン・

あいりのCinema cafe 2007年01月17日(Wed) 21:47


トンマッコルへようこそ 06年211本目

トンマッコルへようこそ2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラーよかったぁ! 見に行ってよかったぁ!邦画の今年最高がフラガール...

猫姫じゃ 2007年01月18日(Thu) 00:52


『トンマッコルへようこそ』

『トンマッコルへようこそ』監督:パク・クァンヒョン音楽:久石譲 出演:シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、   ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー 、リュ・ドックァン 、チョン・ジェジン 、   チョ・...

Rabiovsky計画 2007年01月18日(Thu) 01:54


トンマッコルへようこそ

2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ

銀の森のゴブリン 2007年03月09日(Fri) 19:24


mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆

カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28~ 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村”トンマッコル”へ

サーカスな日々 2007年03月10日(Sat) 16:00