無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オオカミの誘惑

2004年 韓国映画
監 督 キム・テギュン
出 演 チョ・ハンソン、カン・ドンウォン、イ・チョンア、チョン・タヘ、イ・チョンヒ、ソン・ジェミン、イ・ジヒ
あらすじ 女子高生のハンギョン(イ・チョンア)は、母親と暮らすためにソウルに上京してきた。転校先の高校で女学生の憧れのボス、パン・ヘウォン(チョ・ハンソン)と、隣の高校のボス、テソン(カン・ドンウォン)の両者から惚れられてしまう。
感 想 ケンカしてたと思ったら笑ったり泣いたり、展開のメチャクチャ早い映画。冒頭のケンカのシーンを見て、『火山高』をまだ見てないのを思い出した。

ハンギョンを演じたイ・チョンアは表情が豊か。ヘウォンとテソンの間で困ってる顔が印象的。パーティに出るのに4時間もかけて化粧、ドレスアップしたけどあんまり似合ってなかった。普段の格好の方がずっときれいだった。

ヘウォンは自信満々にハンギョンに「付き合ってくれ」と言う。ハンギョンはちょうどフラれたとこだった。ハンギョンは酔っぱらって寝てしまい、ヘウォンはハンギョンを背負って帰る。これって猟奇的な彼女みたいだと思った。ゲロは吐かなかったけど、ハンギョンはヘウォンのマフラーで鼻をかんでしまった(笑)。それで、ヘウォンはハンギョンを道ばたに放り出して帰る(爆)。他にも時々笑うシーンが。

テソンはハンギョンのことを姉さんだと言って慕う。でも、ハンギョンはテソンと前に会ったことを全然覚えてない。

今度は忘れないでね。

テソンもハンギョンのことが好き。

これは途中ですぐに気が付くと思うので書いてしまうけど、ハンギョンとテソンは本当に姉弟だった。

僕は一日に千回以上
この縁をくれた神様を恨んだ。
愛してるから。

韓国映画は時々やり過ぎに感じることがある。この映画が始まる前に見た『サマリア』の予告編は強烈だった。この映画でのテソンの恨はちょうど良かった。でも泣けなかったのは、展開が早すぎて置いて行かれたからか?

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

遅ればせながら あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この映画 話としては 微妙ではありますが、これでチョ・ハンソンが気になり始めました。 もっとがんばってくれると期待していたのですが、「連理の枝」でも別にブレイクするわけでもなく、いまいちなのがちょっと・・・ですが。

それから 以前 乙一さんの文庫をご紹介くださいましたがようやく読み終わりました。 ブログにお名前あげさせていただいてます。事後承諾でごめんなさい。
「夏の・・」はなかなかおもしろかったです。他の作品も読んでみようかと思いました。

kurumi | URL | 2007年01月09日(Tue)00:18 [EDIT]


あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

So-netブログに載せてた時はアクセス数が圧倒的に多くて、
カン・ドンウォン人気かな~と思いました。
kurumiさんはチョ・ハンソンなんですね。

これもインターネット上の小説が原作だそうですね。
少女漫画はあまり知らないけど、少女の妄想全開なストーリー。

「夏と花火と私の死体」をお読みになったんですね。
ありがとうございます。
名前まで載せてくださってうれしいです。
さきほどブログにお邪魔しました。

にこ | URL | 2007年01月09日(Tue)19:33 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。