無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

お店が私の人生の喜びになっている

ようやく帰還した紀夫(永山絢斗)は、戦地での過酷な経験から、人を信じられなくなっていた。すみれ(芳根京子)が友人たちと協力してお店をやっていると聞くと、そこには裏があると言いだしたり、歓迎会でも横柄な態度をとってしまう。さらに自分が「坂東営業部」を立て直すと宣言するが、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)がすでに動いていることを知ると、ふてくされて他の仕事を探し始めてしまう。オープンした「キアリス」は、初日から大盛況。それぞれの家族がお祝いに集まる中、紀夫だけは姿を見せない。一方、坂東営業部復活の目玉として、ゆりと潔は、婦人服のファッションショーを計画する。すみれたちもドレスの縫製を手伝うことになる。五十八(生瀬勝久)の説得もあり、紀夫は再び坂東営業部で働くことになるが、ファッションショーの仕事を最後にすみれにお店を辞めるように言う。困惑するすみれに栄輔(松下優也)は、紀夫にきちんと「自分にとっての店は何なのか」伝えるべきだと助言する。

(ここまでは公式サイトのあらすじより)

すみれ ファッションショーに来る人にキアリスの宣伝できないかな?

英輔 この仕事がすみれさんにとってどんだけのもんなんかを紀夫さんがしらんからや思うで。どうやったら伝わるんかよーく考えるんや。

ファッションショー当日になって。すみれたちはファッションショーに来てくれた人たちにキアリスのショップカードを配ってる。

ゆり そろそろ始まります。皆さん、準備はよろしいですか?
良子 足…震えてきた。
君枝 ほんまや。

ファッションショーが無事に終わって。

ゆり 今日のモデルの皆さんです。
時子 商店街の主婦です。こんな、こんな、こんな機会を頂いて…。これから前を向いて生きていけると思います。ありがとうございました。子育て頑張るぞ!
静子 ずっと田舎暮らしでしたけど、こんなお洋服着せてもろて。心が晴れやかになりました。
節子 次のショーも呼んでください。
悦子 皆さん、頑張りましょうね。

すみれ 私たちは神戸の商店街でベビー用品と子ども服のキアリスというお店をやっております。戦争が終わって苦しい中、自分は何ができるだろうと考えて。今のお店を始めることになりました。やっと夫が帰ってきてくれました。少しは生活に対する不安も少なくなりました。だからこそ私は気がついたことがあります。それは、お店が私の人生の喜びになっているということです。世の中にはいろんなことがあるけれど、仲間がいれば大きな力が生まれること。一人では出来ないことも仲間と一緒ならできること。女の人もそんな夢を見ることのできる世の中になればと思っております。人を信じることの豊かさと…。夢をかなえていく姿を、私は…娘に見せてやりたいです。
スポンサーサイト

PageTop