無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

想いをこめたら伝わるんです。

すみれは靴作りをみせてもらおうと、潔君と一緒に靴屋の麻田のもとを訪ねて。

麻田 すみれお嬢様がここにいらっしゃることは、おうちの方はご存知なんか?
潔 ああ、知らんで。
麻田 ええ? 何かあったらどないするんや!
潔 大丈夫やって。わしが責任持って送り届けるから。そないなことより靴作るとこ見したってくれへんか。
麻田 それはあかん! すみれお嬢様を早く送り届けなさい!

潔 すまんかったなぁ。靴つくるとこ見せられんで。
すみれ ううん。

潔とすみれははぐれてしまい。すみれはもう一度靴屋の麻田のとこに行って。隠れて麻田さんが靴を作るのを見てる。

麻田 すみれお嬢様。

麻田 もうすぐ忠さんと喜代さんが迎えに来ます。えらい大騒ぎやったらしいけど。まあ紅茶でも飲みながら待ちましょうか。

麻田 ゆりお嬢様の足は甲が低いんです。
すみれ 甲?
麻田 ここの部分です。奥様とおんなじです。一番最初に坂東の奥様にお作りした時、ほかの靴はくるぶしが痛うなるのにうちのは全然痛うならへんってえらい気に入って下さって。奥様から、ゆりお嬢様とすみれお嬢様がご結婚なさる時作って欲しい頼まれてます。ほんま靴屋冥利に尽きますわ。想いをこめて丁寧な仕事で返さな。何でそないに見たかったんです? 靴作るとこ。
すみれ 何かな…何か…。何か…上手にできなかったから。
麻田 何がです?
すみれ 刺繍。
麻田 ああ~。どんな刺繍ですか?
すみれ お母様にお見舞いに刺繍を作ったんやけど、下手くそで渡せなかった。
麻田 誰かて最初からうまくいきませんわ。自分かてそうです。そやけど想いをこめたら伝わるんです。それが一番大事なことなんです。上手に作るということより誰がどんな想いをこめて作るのか。それが一番大事なんです。そんなこんなしとるうちにいつの間にかうまくなるもんなんです。持って行かれたらよろしいと思いますよ。奥様きっと喜ばれます。
すみれ はい。

ゆり お帰り。全く何をしてるの、すみれは! どやった? 私の靴。
すみれ かわいらしい出来てた。

こうして一件落着と思いきや。

五十八 何でお前はあかん言われたことをすんねや! もし人さらいに遭うたらどないすんねや!

父親である五十八さんが東京から帰って来ました。
スポンサーサイト

PageTop