無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

所詮この世には男と女しかいないんだよ。

常子は早乙女さんからなかなかタイプの仕事を回してもらえなくて。営業部の人の雑用を引き受けてたら早乙女さんたちに反感を買って。

常子は祖母の滝子に相談に行く。

常子 あの…。男性と女性が尊敬し合って働くのは難しいことなんでしょうか?
滝子 うん?
常子 その早乙女さん。男性に見下されまいという思いがとても強いように思うんです。
滝子 だから甘く見られないように、男から頼まれた雑用はするなって、そういうことかい?
常子 恐らく…。早乙女さんのおっしゃることも分からなくはないのですが、困っている方を助けないというのも…。どうするべきか思い悩んでしまって。
滝子 フフフ…。悩むことなんてこれっぽっちもないさ。そうやっていがみ合うから、余計互いに受け入れられなくなる。男が悪いだ女は駄目だの言ったところで、所詮この世には男と女しかいないんだよ。だったら、うまくやっていくしかないだろう。
常子 そうか…。そうですよね!
滝子 アハハハハ!
常子 お祖母様のおかげで胸のつかえが取れました。ありがとうございました! 失礼します。
滝子 あ…常子?

常子は部屋を飛び出していっちゃった。(笑)

常子は山岸課長にお願いして、禁止令を取り消してもらった。

また営業部の人に次の会議用の資料をまとめるように頼まれて、

常子 分かりました。準備して営業部に伺います。

早乙女 あなた! 一体どういう神経をなさっているの?
常子 私は、たとえ雑用でも必要とされるなら受けるべきだと思うんです。
道子 ふざけないで。それは先日禁止令が出たじゃない。
常子 先ほど課長にお許しを頂きました。男子社員を拒絶しても私たちの立場がよくなる訳では…。
早乙女 甘いのよ! いいように使われてるのが分からないの? 私たちがこれまでどれだけ理不尽な思いをしてきたか。雑用を押し付けられ、失敗の責任をなすりつけられ。何の評価も得られない! 女だというだけで。昨日今日入ってきたあなたには分からないでしょうけど。
常子 昨日今日入ったからこそできることなのかもしれません。男性に諦めを抱かずどんなことも引き受けることで女性の評価を上げるきっかけになれば…。
早乙女 どうせ無駄なのよ! 昨日だって見たでしょ? 向こうは言いなりになってほしいだけ。女に有能さは求めていないの。雑用を手伝っても当然だと思ってる。どんなに苦労しても努力しても誰も見向きもしないわ!
常子 私は困っている人がいたら助けたいと思います。少しでも力になれるのであれば。

そこに山岸課長が入って来て。

山岸 困るよ。職場でもめごとは。

早乙女さんとかに詰め寄られて、

山岸 小橋くんが悪い。

って、w w w w

山岸 君は新人なんだから文句を言わず早乙女君たちの支持に従ってよ。
常子 そんな…。
山岸 手書きの清書は一切必要なし。ね? 今後は仕事全部早乙女君の指示に従いなさい。分かったね。

そこに佃部長が入って来て。(笑)

佃 小橋常子君ってのは?
常子 あ…。私ですが。
山岸 小橋君、来なさい!
常子 はい。
佃 君か? この書類を清書したのは。
常子 はい。
佃 これを作ったのはどんな子か知りたかったんだ。こんなにたくさんの書類を手書きなんかで書いて…。しかし見やすさはタイプライターに何ら劣ってない。こちらの書類も見やすくてわかりやすい。すばらしいよ。これからもお願いすると思うから、その時は頼むよ。
常子 あ…はい。
佃 では。
山岸 まあ…そういう訳だから。これからは小橋君の思ったように動いてごらんなさい。期待してるよ。
常子 はぁ…。
山岸 一件落着。

早乙女 小橋さん。
常子 はい。
早乙女 上の決定ですので雑用を受けることもタイプの使用も認めます。
常子 ありがとうございます。
早乙女 ただし、私とは考えがまるで違います。そこは譲るつもりありませんから。
常子 はい。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。