無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

音痴な人は自分が音痴だと分かってるはず。

私も、自分の声を初めて録音して聞いた時はびっくりしたけど。

鈴鹿ひろ美が、「潮騒のメモリー」などのレコードを全部自分で歌ってたと思い込んでいたなんて、あり得ないと思う。春子さんが代わりに歌ってたとは知らなかったのかもしれないけれど。

私も音痴だけど、自分が音痴なことはちゃんと分かってるから。

スポンサーサイト

PageTop

1分足は平均足じゃなくてローソク足?

何かまだ混乱して、ぐちゃぐちゃになってるんだけど。

平均足ってトレンドの終盤は信用できないんだよね。平均足の色が変わるよりもローソク足の色が変わる方が早いんだから、1分足は平均足じゃなくてローソク足で見ればいいのか? 全部は勝てないんだから損切りを早くする方法を考えてるのに、なかなか見つからない。平均足の色が変わったら損切り、だと遅いこともあって。

PageTop

勢いがなくなったら逆張り?

私はローソク足のヒゲが大好きで、最初は逆張りばっかりやってたんだよね。でも、いろいろ本を読む度に「順張りに徹しなさい。逆張りは危ない」と書いてあることが多くて。それで順張りのルールを考えて、いつの間にか逆張りはほとんどやらなくなってた。昔はレンジ相場が大好きだったのに、逆張りをあまりしなくなったらレンジ相場でハマるようになっちゃった。

平均足を見て順張りだと、勢いがなくなったら全部負けてしまう。ということは、勢いがなくなった時を狙って逆張りすればいいのかな? そんなことしたらまた混乱してしまうかな? どうせもう混乱してるし...

平均足を見てたら、なんとなく勢いがなくなったのは分かる気もする。ローソク足のヒゲが揃ったら逆張りなんだから、平均足のヒゲが揃ったら逆張り。ローソク足が長くなったら逆張りなんだから、平均足が長くなったら逆張り。って、それは危ないからやめようか。

逆張りならボリンジャーバンドでやるのもいいんだけど、難しい。ゴムパッチンの法則も、外れることもあるし。

PageTop

全部は勝たなくていいので、何も考えないで。

スキャルピングって考えたらダメなんだよね。損切りは本能に反する行為だから、考えたら損切りしたくなくなる。全部は勝たなくていいんだから、何も考えないで。直近の高値、安値なんて抜けるためにあるんだから、逆指値は大きくしないで、平均足の色が変わったら損切り。

「迷ったら、迷ったぶんだけ損失が増す」
(FX指標スキャルでHAPPYトレード)


ああ、実行するのは難しい。

PageTop

庭 遊佐未森のインタビュー FM fan





遊佐未森さんは、これで終わりです。

PageTop

ECHO 遊佐未森のインタビュー FM fan

三度目のケルトミュージック。私が好きな遊佐未森さんのアルバムベスト3は、「ECHO」、「HOPE」、「淡雪」。



PageTop

一番大事なのは縦軸の目盛り?

FXをやる時に一番見なければいけないのは、もしかして「縦軸の目盛り」? ちゃんと動いてないと儲からないし、早く動きすぎてると危ない。

今週の月曜日は全然動いてないのにやってしまって、しかも利を伸ばそうとしたから損切り貧乏。(笑) 木曜日は早く動いてるのに手を出してしまって、ハマってしまった。金曜日はちょうどいい速さで動いてたから、やりやすかった。

縦軸の目盛りを見て、やり方を変えればいいのか?

PageTop

あまちゃんよりもミュージックステーションの麻里子様の方がおもしろい。

アキは、マメりんのシャドーになって。マメりんは絶対に舞台を休まないからアキは舞台に出れなくて。だから、アキは鈴鹿ひろ美の付き人になる。マメりんがプリクラ流出で、アキは舞台に出るチャンスになって。アキは喜んだけど、マメりんは休まなかった。

AKB48では正規メンバーが体調不良や他の仕事で出演出来ない時は、アンダーの子が出るのは当たり前で、正規メンバーが不祥事などで休むことになって喜ぶような子はオーディションで落ちると思う。

アキがドラマに出演するのは早すぎたと思う。GMTの活動に専念するべきだったと思う。

アメ女センターのマメりんが、国民投票でまさかの31位って無理があると思う。前田敦子や大島優子が31位になるとは考えられない。一度は40位以下になってしまったアキと入間しおりを助けるための設定だと思った。

AKB48は、前田敦子が卒業してから変わったと思う。上の人がずっと残ってたら、新しく入った子には全然チャンスは回ってこない。そして、去年の総選挙での麻里子様の「潰すつもりで来て下さい」というスピーチ。自分にとってもすごいプレッシャーだったと思う。そして、今年の総選挙での卒業発表。



私は自分の道を一歩進みますが、
これからも、私のすごくすごく大切で、
大好きなAKB48の応援よろしくお願いします。





でも、AKB48などのCDの売り方は好きじゃないなあ。

PageTop

ロカ 遊佐未森のインタビュー 週刊宝石

再び、ケルトミュージック。







PageTop

あまちゃんよりも、AKB48の方がおもしろい。

アキは、いくら何でもひどいと思う。川栄李奈はAKB48のバカセンターだけど、アキみたいなバカなことはしないと思う。

初めてAKB48のセンターになって戸惑っている指原莉乃を見てる方が、ずっとおもしろい。AKB48がこんなに人気が出たのは総選挙があるからだと思う。自分の応援している子に投票出来るから。そして、総選挙は64位までに入らなくても解雇されない。いつ卒業するかは自分で決めること。総選挙は、立候補するかどうかも自由になった。

握手会も上の空なアキは、アイドルになるのは無理じゃないかな、と思ったけど。これは、アキが国民投票で40位までに入れなくて解雇されるための伏線で。GMTのメンバーがみんなで「アキを解雇しないで」とお願いに行くのかな?

PageTop

福島第一原発吉田所長が語る真実 FRIDAY





PageTop

スキャルピングは、利を伸ばしたらダメでしょ?

春香さんの本を読んでからリズムが狂ってしまったみたい。FXは、勝ってる人の本を読んでも勝てるようになるとは限らないから難しい。もう本を読むのはやめようかな?

春香さんの本によると、
私が実践してきた「メンタルトレーニング」
枚数を少しずつ上げてみる
早く利食いしてしまうことを我慢する
利を伸ばしてみる


これは私にはダメみたい。利を伸ばすなら、逆指値を大きくしてトレンドフォローでやらないとダメじゃないかな? 私は長い足とは逆のトレンドでもやってしまうから、利を伸ばそうとすると負けばっかりになってしまう。

Mayuhimeさんの本を読んだ時もリズムが狂って勝てなくなったんだけど、Mayuhimeさんの本のほうが私は信用できる。
勝率を上げてスキャルを成功させるために重要なのは、何でしょうか? それは、エントリーして、思うようにポンと利が乗らなかったらプラスでもマイナスでも「すぐ逃げる」という感覚です。

私はまだこれを完全にマスター出来てなくて。

利を伸ばすよりも、勢いがなくなったらさっさと利食いして。儲け損なっても気にしない! ペイオフレシオは気にしないで、損を少なくしないと。

 

PageTop

アカシア 遊佐未森のインタビュー FM fan



PageTop

アルヒハレノヒ 遊佐未森のインタビュー FM STATION

ええ、今度はハワイアンにフラダンス!





PageTop

水色 遊佐未森のインタビュー FM STATION

アイリッシュサウンドの「ナイトノイズ」とレコーディング。ここから遊佐未森の変身(迷走?)が始まった。



PageTop

モモイズム 遊佐未森のインタビュー FM STATION

遊佐未森さんは、ま行が好き。







PageTop

桃と耳 遊佐未森のインタビュー FM STATION

初めてのベストアルバム。



PageTop

モザイク 遊佐未森のインタビュー FM STATION

PageTop

ひなたVOX 遊佐未森 41.祥子ちゃんのコンサート

6月5日、渋谷パルコ劇場へ、鈴木祥子ちゃんのコンサートを観に行ってきました。
今までにも、ライブのゲストとして出してもらったり、出てもらったことのある祥子ちゃん。彼女とはここ2年位のお友達です。
初めて会ったのは彼女がデビューした頃。それから安藤秀樹君と片桐麻美ちゃんも交えた4人で一緒にツアーを回ったり、私のラジオにゲスト出演してもらったりしている内に、仲よくなって。
今では一緒に買物に行ったり、コンサートに出掛けたり、紅茶のおいしいお店に通ったり、しています。
祥子ちゃんと私は、ふたりともそんなに多くを語るほうじゃないので、会っても話したいこと、報告したいことがあったほうがバーッとしゃべる。そしてしばらくボーッとして、またワーッ……、そんな感じなんです。
別になんにもしゃべらなくても平気。一緒にいられる。そういうお友達ですね。
祥子ちゃんは音楽に限らず、ふだんもマイペース。私はといえばお仕事を離れた時は、もっとテンポが遅いかな?
そのへんをお互いのプライベートでいうと、祥子ちゃんはまず紅茶のセットを用意してから、好きなCDを繰り返し聴いたり、読書したりしている……。らしい。
私は、朝起きて、ブラインドを上げて、ベッドの上でお茶を飲みながら、写真集を広げては空想して、飽きたらまた寝て……、っていう感じ。
まったく違うでもなく、ピッタリ同じでもなく、でもどこかで通じあってる祥子ちゃんと私。そういう仲のせいか、彼女のライブを観に行くとなると、私、緊張しちゃったりするんです。
6月5日の祥子ちゃんはすごく堂々としていて、安心しちゃった。彼女のコンサートは、曲と曲の間合いがゆっくりなんだけど、あの夜のステージは静寂の間が気持ちよくて、彼女が何もしゃべらなくても、よかったぐらい。私だったら「ちょっと待ってね」とかいっちゃうところなのに。
私は祥子ちゃんのあの声と、メロディが好き。それは自分の音楽とはまったく違うものだと思うんだけど、なぜか惹かれるものがある。特にあの声には、うっとりさせられてしまいます。
ふだんはお互いの好きな音楽を同じ時間の中で聴き合っていくことで、各々が何気なくそれを消化しているのかもしれませんね。

第41話 週刊FM'90年15号('90年7月4日発売)

 

PageTop